廃品回収車に注意!安全に粗大ゴミを処分する方法

ゴミ処分業者

不用品や粗大ゴミを処分したいとき、あなたはどうしていますか?
家電や粗大ゴミは処分するのにお金がかかるし、どうしようか悩みますよね。

そんなとき、「こちらは廃品回収車です。ご家庭でご不要になりました、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など。なんでも無料で回収します。」といったように、スピーカーから音声を流しながらゆっくりと走っている軽トラックが走っていたら。「なんでも無料で回収します」というチラシが入っていたら。
「処分にお金がかかるものが無料で引き取ってもらえる!」と喜ぶのは少し待ってください。

無料だなんてなんだか怪しいと思いませんか。
実はこういった廃品回収車はトラブルが多数報告されており、注意が必要です。
廃品回収車の注意点を知って、安全に粗大ゴミの処分を行いましょう。

何でも無料という廃品回収車は危険がいっぱい

軽トラックで回ってくる廃品回収車は、そのほとんどがスピーカーで音声を鳴らして回収無料を前面に押し出していませんか?

実は、適正な営業を行なっている不用品回収業車は軽トラックで営業に回ることはほとんどありません。事務所を設け、そこで仕事を受けています。
では、軽トラックで回ってくる廃品回収車はどんな危険性があるのか。簡単にご紹介します。

無許可営業の可能性

まず、一般家庭から廃品を回収するには「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要です。これは市区町村長が許可を出すのですが、ほとんどの場合が新規に取得できません。
許可を出す数は処理計画で定められているので、すでに以前から廃品回収を行なっている業者で数が埋まってしまっています。

つまり、軽トラックで回ってくる廃品回収車はほぼ許可を持っていない違法営業です。廃棄物処理法違反であり、家電を引き取ってもらった場合には家電リサイクル法違反。
違法な廃品回収業車に引き取りを依頼して個人が罪を問われた事例は今の所ないようです。しかし、無許可業者への委託の罰則が存在している以上、違法営業の危険がある業者とは取引をしないほうが安全です。

不法投棄や不法輸出

一般廃棄物収集運搬業許可を持っていない業者は、市区町村の処分工場へ廃棄物を運び込むことができません。
そうなった場合、回収された不用品はどうなるでしょうか。不法投棄や不法に輸出される場合が考えられます。

特に、再利用のできないような物の場合は不法投棄される確率がグッとあがります。もし、回収してもらった不用品が不法に投棄された場合、その回収は所有者であるあなたに責任を問われる可能性が。
このような廃品回収車の場合、引き取った場合の証明書のようなものが発行されません。つまり、引き取ってもらったことが証明できないのです。
不法投棄されたことによる二次被害の発生なども考えられるので大変危険です。

廃品回収車のトラブル事例

廃品回収車のトラブル事例
よく考えてみてほしいのですが、不用品を処分するには色々なお金がかかるはずです。
人件費や車輌での運搬費、家電の場合はリサイクル費などなど。それなのに、大々的に無料だと言っているのには何か裏がありそうではないでしょうか。

実は、廃品回収車のトラブルは多数の報告があります。
まず前提として、無料のケースはほぼないと考えましょう。
実際にどのようなトラブルが発生しているのかご紹介します。

無料のはずが料金を請求される

家にある使わなくなったテレビをどう処分しようか困っていたAさん。
「不要になった家具、家電など、無料で引き取ります」というアナウンスを聞いて、呼び止めて引き取ってもらうことに。

ついでだからと、使わなくなったエアコンの取り外し、ペンキがこびりついた缶など、他にも不用品をどんどんとトラックへ積み込みました。

「ありがとうございました。」と言うと、「全部で5万円です」と言われてびっくり。
「無料じゃないんですか?」と聞くと「なんでも無料なわけないでしょ」と高圧的な対応。
エアコンはすでに取り外してしまったので戻すのも大変。取り外し作業などもしてもらったので断ることもできず、泣く泣く5万円を支払うことになりました。

車に積んだ後に高額請求

引越しを控え、粗大ゴミの処分をどうするか悩んでいたBさん。
そんなとき、ちょうどポストに「不用品回収します」というチラシが。

廃品回収業車に電話をして、ベッドやテレビ、ソファーなど、計15点ほどの回収をお願いしたいと言うと、10万円とのこと。
マンションの部屋から外へ持ち出すのもすべてやってくれると言うので、それならと思い回収を依頼。事前に伝えていた通り、全部で15点の家電や家具をトラックに積み込んでもらいました。

全ての積み込みが完了した後に、「想像していたよりずっと量が多かった、25万円です」と言われ愕然。
事前に見積もりをしてもらったから大丈夫と安心していたが見積書はもらっていない。何がどうなってその金額になったのかの説明もなし。
引越しを控え、今から違う業者を探すこともできず、しぶしぶ全額を支払いました。

必要なものまで強引に引き取られる

子供達がみんな巣立って行き、家の中に不要なものが多くなったCさん。
「不用品、なんでも回収いたします」というスピーカーからの音声が聞こえ廃品回収車に声をかけました。

いらないタンスや机なども無料で回収してくれると言うので回収を依頼。お願いしたタンスや机をトラックに運び込んだ後に、「他にも回収しますよ」と言いだし、お願いしていないテレビを回収させるように言いだしました。
貴金属も引き取っていると言い、処分する気のなかったネックレスも300円で買い取ると言われて断りきれませんでした。

不用品は回収してくれたけど、それ以外にも処分する必要のないものまで持って行かれてモヤモヤしています。

不法投棄

不要になった自転車の処分をしようと思っていたDさん。
ちょうど廃品回収車が通ったので回収を依頼。無料だと思ったら2000円請求されたが、2000円で引き取ってもらえるなら問題ないと思いお金を払いました。

後日、近所の公園を散歩していると道路脇に回収してもらった自転車が。
そのまま放置することもできず、自分で押して家まで持って帰りました。

廃品回収車を見極める注意点

軽トラックにスピーカーを乗せてゆっくりと走っているようなものはほとんどが違法営業です。
違法営業かどうかを見分けるポイントがあるので、迷ったときは以下の点を確認してみましょう。

屋号の記載

まず、トラックの横や後ろに屋号、つまり業者の名前が書いてあるかどうかを確認しましょう。適正な営業をしている業者はちゃんと名前が書いてあります。
よく街中を走っている営業車なども、車の横に社名が書いてありますよね?あれと同じイメージです。
名前を入れてアピールした方が宣伝効果もあるので、違法営業でなければ名前が書いてあります。

住所の記載

こちらはチラシが入っていた場合のチェックポイントです。
違法営業をしている廃品回収車は営業所を持たず、トラックだけで活動しています。なので、チラシには住所が書いてありません。
営業所や事務所がなければ一般廃棄物収集運搬業の許可が取れないのです。
違法でなければしっかりと住所が記載されています。

固定電話の記載

こちらもチラシのチェックポイントです。
違法営業している廃品回収車は携帯番号のみを載せています。
これも先ほどと同じでトラックのみで活動しているので固定電話がないからです。
必ず、固定電話が掲載されている業者を選びましょう。

一般廃棄物収集運搬業の許可番号

チラシや廃品回収車に一般廃棄物収集運搬業の許可番号が掲示、記載されているか確認しましょう。
許可を得て営業している業者は許可番号を取得しています。
条例で車両への許可番号の掲示が義務付けられていたりしますので、違法業者でなければ許可番号がどこかにあるはずです。

安全に不用品を処分するために

よくわからない廃品回収車へ不用品の回収を依頼することがどれだけ危険なのか、よくお分りいただけたのではないでしょうか。
不用品を安全に処分するためにどんな方法があるかいくつか例を挙げてみました。

信用できる知人へ譲渡

いらなくなったものでも必要としている人はいます。なので、友人や知人で欲しい人がいないか聞いてみるといいでしょう。

最近では、SNSなどで呼びかけて知っている人に引き取りに来てもらう事例も増えています。
引き取りに来てもらえるのであれば、自分は何もすることがないのでとても楽です。
もらう人も無料でもらえるのであれば、購入資金として出て行くはずだったお金が浮くので喜んでくれます。

リサイクルショップへ持っていく

まだ比較的きれいなもの、新しいものはリサイクルショップなどへ持ち込めば買い取ってくれるものがたくさんあります。
また、出張買取をしている業者もあるので、まずは電話で問い合わせをしてみるのが一番。
型式や状態確認などでざっくりとした見積もりを教えてくれます。
テレビや冷蔵庫などは、処分するのに家電リサイクル法で定められたリサイクル費用がかかります。それがかからないどころか買い取ってくれるなら、金額が安くてもかなりお得です。

市区町村の役場へ連絡して処分する

処分するしかないとなれば、市区町村の役場へ連絡すれば粗大ゴミの処理を案内してくれます。

基本的な流れとしては、指定の窓口へ電話(インターネットの申し込み窓口がある場合はそこでも可)をし、粗大ゴミ処理の申し込みをします。
すると、料金の案内をしてくれるので、指定された料金文の有料粗大ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどの取扱店で購入してください。
あとはそれぞれの粗大ゴミに処理券を貼り、申し込みの際に指定された日の朝までに自宅前に出すだけ。

他には、指定の場所への持ち込みを許可しているケースもあります。
自宅前まで搬出するのが大変ですが安心できる処分方法です。

信用できる廃品回収業者へ依頼する

軽トラックで営業している廃品回収業者が危険だという話をしましたが、許可をとって適正な営業を行なっている廃品回収業者もたくさんあります。

先ほどの注意点にあったような、屋号、住所、固定電話、許可番号など。こういったものを備えている安心できる廃品回収業者へ依頼をしましょう。
インターネットで検索すればそのような廃品回収業者はたくさん出て来ます。また、市区町村のHPでも許可を出している業者を公表しています。

こういった業者は、軽トラック1台分でいくら、テレビはどのサイズがいくらなど、分りやすい見積もりを出してくれるケースがほとんどです。
違法業者のようにあとで金銭のトラブルになる心配もありません。
また、搬出も行ってもらえるなら、とても便利ではないでしょうか。

まとめ

廃品回収車のトラブルが多いことから国や自治体もHPなどで注意を促しています。
国民生活センターへは多数の相談が寄せられ、違法業者によるトラブルがあとを絶ちません。

偶然にも問題がなかったように思われているケースがありますが、それは本人が知らないだけで、処分されるはずのゴミが不法投棄や不法輸出されているケースもあります。
違法営業をする廃品回収車がいなくなるように、依頼する側にもモラルが求められている状況です。

犯罪やトラブルに巻き込まれないためにも、安心して処分できる方法を選びましょう。

NO IMAGE:pagetop