不用品回収業者を利用するメリット・デメリットを徹底解説!

不用品回収業者を利用するメリット

「自宅にある大きなごみ(廃品)の処分を不用品回収業者に依頼したいけれど、本当に処分できるか不安…。」「はじめて不用品回収業者を利用するため、依頼前にメリットやデメリットをちゃんと知っておきたい…。」など、不用品回収業者を利用するにあたって依頼しても良いものなのか確認しておきたいことがあるでしょう。

不用品回収業者は、世の中に存在する不用品の片づけマンなので、お客さまからのご依頼があれば、どんなところでもかけつけます。もちろん、メリットもあれば、デメリットもあります。今回は、不用品を処分するにあたって、不用品回収業者を利用するメリットとデメリットを一緒に確認していきましょう。

不用品回収業者を利用するメリットとは?

不用品回収業者メリット

不用品回収業者にごみの処分を依頼する場合、どのようなメリットがあるのかを知っておくことは非常に大切なことです。不用品回収業者を利用するメリットが分かれば、これからのごみ処分の仕方が大きく変わるかもしれません。

近年は、不用品回収業者に増加により、詐欺業者を除いたほとんどの回収業者が業界での生き残りをかけて「お得な定額パック」などの独自のサービスを導入し、1人でも多くのお客さまに満足いただけるように努めています。そのため、想像以上にコストを抑えて不用品回収業者が利用できるようになっています。それでは、不用品回収業者を利用するメリットをご紹介します。

日程調整ができるため即日処分できる

自治体の不用品回収を利用する場合、ごみの処分は居住する地域の指定する方法で処分しなければいけません。そのため、ゴミは、いつでも捨てられるというわけではなく、指定された方法で指定日時に処分が認められた場所に自分で捨てに行かなければいけません。しかしながら、不用品回収業者を利用すれば、下記のようなメリットが得られます。

  • 回収してほしい日時に取りに来てもらえる。
  • 引っ越し前でも、ごみを即日処分できる。
  • 予約をするだけなので、手軽に日程変更ができる。

不用品回収業者は、自治体と違ってこちらの都合でごみの処分を依頼をすることができます。どうしても小さな子供の面倒をみるため手が離せないときや、引っ越し前でなんとしてでも、今日中にごみを処分しなければいけないときは、日程調整可能な不用品回収業者を利用すれば、いつもでごみを処分できます。

自治体で回収不可能なものを回収してもらえる

現在、家電リサイクル法の導入によって、リサイクルの対象物となるものについては、自治体サービスが回収することは不可能となっています。「どうやって処分するの?」と思われる方も多いのですが、多くの方は家電量販店などの下取りサービスを利用して回収してもらいます。

下取りサービスとは、新しい家電の購入時に古い家電を回収してくれるサービスで、手数料無料で古い家電の処分ができます。しかしながら、下取りサービスを実施していない家電量販店もありますので、そんなときは不用品回収業者に処分を依頼します。不用品回収業者に家電の処分を依頼すれば、下記のようなメリットがあります。

  • 自治体が回収できないものでも処分してくれる。
  • 家電の大きさに関係なく処分できる。
  • 適切な方法で、安全な手順で処分してもらえる。
  • 自力で処分する必要がなくなる。

自宅にある大きな家電ほど、不用品回収業者を利用して手軽に処分しましょう。ごくたまに大きな家電を軽トラックに積み込んで処分場まで持ち運ばれる方がいますが、そのまま処分することができないのでパーツを分解するなどの手間が発生します。

パーツは、簡単に分解できないので想像以上に重労働になります。不用品回収業者なら一定の手数料を支払うことで自治体が回収できないものでも電話1本で処分可能です。

売却価値を持つものを買取ってくれる

不用品回収業者を利用すれば、売却価値を持つものを高価買取してくれます。自治体を利用して処分する場合、売却可能な資源価値を有するものでも、同じごみとして処分してしまう可能性があります。しかし、処分の仕方を変えるだけで、現金が手に入る可能性があります。

通常、売却益を獲得する場合、Yahoo!オークションやメルカリなどの売却取引サービスなどを利用することが一般的です。しかし、取引を始めるにあたり、出品者が利用手数料を負担しなければいけなかったり、想像以上に引き落とし手数料が高く、高度な写真撮影スキルなどが求められることがあります。

不用品回収業者なら、オークションサービスの利用に必要な手間をかけることなく売却益を獲得できます。

ごみを自宅まで取りに来てくれる

不用品回収業者のサービスを利用すれば、わざわざ自治体指定の回収場所に不用品を持ち運ばなくても、自宅まで回収してくれます。自治体の回収サービスでは、既存のルールに従う必要があるため、指定場所まで持ち運ぶことが必須となります。

どんな場所に居住していても、不用品回収業者に相談すれば、自宅まで訪問後、回収してくれます。

部屋の破損を予防できる

不用品の処分でありがちなこととして、部屋の破損によるトラブルがあります。小さく軽いごみの処分なら、どんな人でも手軽に処分できます。しかし、下記のようなものは、簡単に処分することはできません。

  • 木製の大きく重たい戸棚。
  • 昔ながらの重量のあるタンス。
  • 鉄製・木製の重たい勉強用デスク。
  • 冷蔵庫や洗濯機などの重たく大きな家電。

上記のようなものを作業に慣れない方が処分をしようとすると、壁にものをあててしまい壁紙を破ってしまったり、大きな穴を開けてしまうなどのトラブルが発生してしまうことがあります。

特に、重量のあるものは、持ち運ぶだけでも一苦労です。安全に作業できていると思っても、作業後に床を確認すると大きく目立つ傷ができていることはよくあることです。自分で不用品を処分しようとした結果、壁紙の修繕費の方が高くついてしまっては、なんのために自力で作業をしたのか分からなくなってしまいます。

不用品の処分やものの扱い慣れた不用品回収業者に依頼すれば、部屋を破損することなく、必要最小限のコストでごみの処分ができます。

大量のゴミでもすぐに処分できる

もし、自宅にある小さく軽い掃除機を処分したいのなら、自治体の回収を利用した方がオトクに処分できます。このようなごみの処分では、不用品回収業者に依頼するメリットを、実感することは難しいでしょう。

しかしながら、自宅を見回したとき、処分したいごみはたった1つでしょうか?

  • 不用品を処分しようとしたものの、捨て方が分からなくて倉庫に入れたものがある。
  • この機会に、まとめて不用品を処分したいと考えている。
  • ごみ捨て場までの距離が遠いため、たくさんの不用品の処分のために何往復もするのだけは絶対にイヤ。

意外と周囲を見回してみると、不用品がたくさん見つかるものです。不用品回収業者を利用する場合は、“まとめて処分する”ことで高い効果を実感しやすいです。なぜなら、大量の不用品を脇にかかえてごみ捨て場に行く必要がなくなるからです。

大切なことは事前相談がある

売れるものは、しっかり査定してからの売却となるため、不用品回収業者に処分を依頼したからといって、すべて0円の不用品として回収されるわけではありません。不用品の中に売却価値のあるものを見つけた場合は、見積り時や当日の不用品回収時に、確実に伝えてもらえます。

解体スキルが必要なごみの処分も依頼できる

不用品回収業者を利用するのは、一般家庭に限った話ではありません。会社を経営されている方からのご相談ももちろん存在します。

「大人が両手で抱えても、トラックに乗せることができない大きなゴミがある。まずは、解体しなければいけないけれど、処分できるの?」という相談を受けることがありますが、不用品回収業者なら回収可能です。

一般的な不用品ではないため、解体スキルを持つ作業員を現場に派遣することで、運搬可能な状態にしてトラックに積み込みます。会社の古い機械の処分に困っている方や工場を廃業したけれど重たい鉄製の道具が屋内に残っている場合は1度相談しましょう。

リデュース・リユース・リサイクルに貢献できる

これから自宅の不用品の処分を考えているのなら、リデュース・リユース・リサイクルを意識して、ごみを処分しましょう。無料回収の不用品回収業者は、ごみを適切に処分せずに、最悪近くの裏山やあぜ道に捨てて帰ってしまうことがあります。これは、完全に不法投棄行為なので、そんな業者は利用してはいけません。

ちなみに、弊社の不用品回収業者は、以下のリデュース・リユース・リサイクルを徹底しています。

  • Reduce(リデュース)・・・不用品を分解・解体することで、ごみの減量を心がけること。
  • Reuse(リユース)・・・再利用できる資源(パーツや部品)を再び使用すること。
  • Recycle(リサイクル)・・・再び使用できるものを、そのまま必要な人に使ってもらうこと。

最近は、環境意識に対して高い注目が集まっているため、ごみを処分するなら地球環境にとってエコな方法を選びたいという方も多いでしょう。そのような方こそ、悪質な無料回収業者にまどわされることなく、優良な不用品回収業者にごみの処分を依頼してください。そのような心がけが、地球環境への大きな貢献となります。

遺品整理などの特殊な処分も依頼できる

親が亡くなり、遺品整理をしなければいけないけれど、どうすれば良いかまったく見当がつかないのなら、不用品回収業者に相談してください。不用品回収業者ならお客さまが大切にされている遺品を、丁寧に取り扱い適切な手段で処分します。

遺品整理を依頼する場合は、必ず不用品回収業者を選定してください。悪質な業者の場合、態度の悪いスタッフが自宅に訪問し、遺品を雑に扱うなどの問題が起きる可能性があります。処分品が特殊だからこそ、たとえごみでも丁寧に処分してほしいというのが本音ではないでしょうか。

優良な不用品回収業者なら、依頼者の状況に適切に対応できる遺品整理に慣れたスタッフを派遣するため、こちらも安心して仕事を依頼できます。また、遺品整理後、処分するのか、売却してしまうのか、こちらで判断が難しいものは、すべて依頼者に確認をとるため勝手に捨てられてしまうということは絶対にありません。

ごみ屋敷の片づけも依頼できる

もし、自宅の中が不衛生なごみであふれかえっており、どうにも個人では対応できないという状況であれば、不用品回収業者に相談してください。不用品回収業者ならごみ屋敷の処分依頼でも何の問題もなく対応してくれます。たとえば、下記のような方からご相談があります。

  • 自治体回収を利用してごみ山を解決しようと思ったけれどできなかった・・・。
  • 遠く離れた親の家が気づいたらゴミ屋敷になっていた。解決してほしい!
  • 自治体のごみの回収方法が複雑で、気づいたら溜め込んでしまっていた。
  • 最小限の手間とコストで効率良くごみ屋敷を片づけたい!

上記のような方こそ、不用品回収業者を利用するべきです。多少のコストがかかったとしても、すべての作業を不用品回収業者に丸投げすることができます。しかし、不用品回収業者にもできないことがあります。

双方が納得後、回収作業を実施

不用品回収業者は、通常、無料見積りによって依頼者と回収業者が正式な契約を交わすことで、不用品の回収作業を行います。家族の依頼でも、現在の居住者の意見を無視して、回収作業を強行することはできません。また、近隣住民にごみ屋敷の片づけを交渉するようなこともおこなっておりません。

不用品回収業者を利用するデメリットとは?

不用品回収業者デメリット
一方で、不用品回収業者を利用すれば、どのようなデメリットが発生するのでしょうか。想定されるデメリットについていくつかピックアップしていきます。

ごみの処分にお金がかかる

不用品回収業者を利用することで発生するデメリットは、ごみを処分するにあたり、処分手数料を支払わなければいけないということです。「私は、どんな重たい不用品でも自力で処分する!1円もお金を無駄にしたくない!」といった方は、不用品回収業者を利用しない方が良いでしょう。

しかしながら、ごみの処分を代行するサービスを利用する以上、無料でできるわけがありませんので、大きなデメリットとはならないでしょう。

悪質な業者に騙されることがある

不用品回収業者のすべてがとはいいませんが、悪質な不用品回収業者が多いことは事実です。実際に、環境省では、「無許可」の廃棄物回収業者を利用してはいけないと公式発表しています。

ちなみに、下記のデータは、独立行政法人 国民消費者生活センターに寄せられるトラブル内容と具体的な相談件数です。

「不用品を買い取るというので家に来てもらったら強引に貴金属を買い取られた」など、自宅で物品を買い取ってもらう際の訪問購入に関する相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。特に60歳以上の高齢者の割合が全体の約7割を占めているのが特徴的で、中には終活でまとまった不用品を処分する際にトラブルに遭うケースもみられます。

2013年度の相談件数は7,162件、うち契約当事者60歳以上の相談件数は4,589件、2014年度の相談件数は7,820件、うち契約当事者60歳以上の相談件数は5,166件、2015年度の相談件数は8,602件、うち契約当事者60歳以上の相談件数は5,797件、2016年度の相談件数は8,648件、うち契約当事者60歳以上の相談件数は5,800件、2017年8月31日までの相談件数は2,939件、うち契約当事者60歳以上の相談件数は1,961件です。

出典:独立行政法人 国民消費者生活センター
『不用品を買い取ると言ったのに貴金属を買い取られた!!-終活の一環!?高齢者を中心に訪問購入のトラブルが発生しています-』
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170907_1.html

正式な許可を受けていない不用品回収業者ほど、上記のようなトラブルを引き起こしやすい傾向にあります。しかし、一般人が「無許可」の廃棄物回収業者かどうかを見分けられるかといわれたら相当難しいと思われます。ちなみに、「無許可」の廃棄物回収業者は、無料回収業者であることが多いです。

私たち不用品回収業者でも街中で軽トラックを利用した無料の不用品回収業者を100%違法業者だとは公式の場では断定できません。しかしながら、無料回収業者は、99.9%違法な運営が行われている可能性が高いため、利用しないでください。具体的なトラブルは、下記の通りです。

  • 不法投棄
  • 不用品積み込み後の高額請求
  • 山への不適正処理
  • 不適正処理による汚染物質の流出および火災

上記のような問題を発生させているのは、無料回収をするような不用品回収業者ですので、トラブルを巻き込まれないためにも悪質な不用品回収業者にごみの処分を依頼しないようにしましょう。しかし、優良な不用品回収業者にごみの処分を依頼すれば高額請求されるなどの問題は未然に防げますので必要以上に心配する必要はありません。

不用品回収業者を利用する人は、どんな人?

不用品回収業者を利用する人は、どんな人
不用品回収業者のメリットやデメリットを全体的に確認することで、“ぜひ、自分も利用してみたい!”と思いはじめたのではないでしょうか?これから、実際にどんな人たちが不用品回収業者を利用しているのか、依頼者の人物像を整理していきます。

もしかしたら、自分も同じ状況という場合があるかもしれません。ぜひ、ご依頼時の参考にしてください。

引っ越しのためまとめてごみを処分したい人

不用品回収業者を利用する人の中には、引っ越しするため、ごみをまとめて処分したいという方がいます。やはり、自宅にあるすべてのもの引っ越し先に持って行く場合、運送費が想像以上にかかってしまいます。

不用品回収業者を利用して、売却価値のあるものは売却し、使えない家電製品などは、引っ越し前に処分することで、引っ越しの低コスト化を実現できます。

高齢者や女性で、ごみの処分が手間だと感じる人

高齢者や女性の方で、どうしても重たい不用品をごみ捨て場まで運び出すことが大変だと感じる方が不用品回収業者を利用します。ごみの処分が手間だと感じる人ほど、不用品回収業者の便利さを知り、リピーターになります。たとえば、あなたは下記のような悩みをもっていませんか?

  • 年齢を重ねて、重たい荷物を運ぶほどの力がない…。
  • 出産間近で、とてもじゃないけれど重たい荷物を運べない…。
  • 年齢を重ねたこともあり、今後定期的に不用品の処分依頼ができる場所をさがしている。

不用品回収業者なら、このような悩みを持つ方の助けになることができます。こんなにも便利ならもっと早く利用すれば良かったと実感なさるはずです。

自宅に存在するものをすべて現金に換えたい人

この機会に自宅にあるすべてのものを現金化したいという方が、不用品回収業者を利用されています。不用品回収業者なら、自宅にあるすべてのものに査定依頼を出すことができます。査定後、資源価値に応じた、売却益を得ることができます。

もしかしたら、市場でプレミアがついているものもあるかもしれませんので、一度不用品回収業者に無料見積りを依頼してください。

新しい家電を購入したため処分したい人

新しい家電を購入する予定があるけれど、購入先が下取りサービスをしていないという方が、不用品回収業者のサービスを利用します。不用品回収業者に適切な方法でリサイクルを依頼することで、下取りサービスがなくても、次の家電を設置するためのスペースを作り出すことができます。

親の遺品整理を依頼したい人

親が亡くなったため遺品を整理したいけれど、とてもじゃないけれどそんな気分になれない方が、不用品回収業者を利用して親が大切にしていた品物を整理します。
親が亡くなったあと、部屋に立ち入る勇気がなくて何年も部屋の中を放置しているという方もいます。品物がほこりまみれになっており、とてもじゃないけれど部屋に入り取り出せないという状況でも不用品回収業者が丁寧にどんな遺品も回収します。

ごみ屋敷となり自力では解決不可能な人

これからどれだけ自力でごみを処分しても、捨てきれない方が不用品回収業者を利用します。今にも外にごみがあふれ出しそうな状況なのであれば、自力で解決できる状況ではありません。
不用品の処分に慣れていない方が片づけを始めてしまうことで、ごみが崩れ生き埋めになってしまうことも充分に考えられます。実際、そのような部屋の片づけを家族に相談しても、嫌がられるのが現実です。それなら、最初から不用品回収業者に依頼すれば、迅速に片づけが進みます。

オプションで業者を見極め、ごみの処分を依頼する

不用品回収業者オプション
それでは、不用品回収業者にごみの処分を依頼するにあたり、どんな業者を利用するべきなのか、見比べ方を簡単に説明していきます。まず、前提条件として、無料の不用品回収業者だけは、絶対に利用してはいけません。

違法な業者だと分かっていて利用するのは、犯罪に加担することと同じです。実際に、山に捨てた不用品が有害物質(ガス)を放出し、そのガスに引火することで大火事になってしまうことがあります。不用品回収業者にごみの処分を依頼する場合は、どのようなオプションがあるのかを自分の目で見て比較することが大切です。

どんな費用項目を比較すれば良いのかというと、下記のようなオプションです。

  • ごみの処分にかかる基本料金
  • トラックなどの車両費用
  • 自宅までの出張費用
  • 売却時の査定費用
  • 2階以上の階段料金
  • スタッフの追加料金

これらのプションをすべて比較して、もっとも安いところを見つけることができれば、必要最低限の費用で不用品を処分できます。

自宅の周辺の不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者自宅
お得にごみ(廃品)を処分するための方法を1つご紹介します。不用品回収業者の選び方ですが、どこでも良いというわけではりません。確かに、不用品回収業者は、47都道府県全国さまざまな場所に存在します。それこそ、不用品回収業者ではなく、“町の便利屋さん(何でも屋さん)”として活動しているところもたくさんあります。

もちろん、どこに依頼するのか、どんな業者を利用するのかということも大切なのですが、どこを営業拠点としているかに焦点をあててごみの処分を依頼してください。なぜなら、自宅よりも遠い不用品回収業者に依頼してしまうと出張費用や運搬費用が多く発生するため、手数料が通常よりも高くなってしまうからです。ちなみに、弊社では、関東エリアを対応可能エリアとしています。

  • 埼玉
  • 東京
  • 千葉
  • 神奈川

少しでも安く、ごみを処分したいなら、不用品回収業者の対応エリアを確認して依頼しましょう。

不用品回収業者の強みを比較してみる

不用品回収業者強み
不用品回収業者だからといって、どこも同じサービスを提供しているとは限りません。なぜなら、業者によって強みとすることが違うからです。たとえば、下記のような強みを持つ不用品回収業者がいます。

  • ごみ屋敷の不用品回収サービスを強みとしている。
  • 法人格(オフィス)向けの廃品回収を強みとしている。
  • 遺品整理を強みとしている。
  • 圧倒的な価格帯を強みとしている。

ちなみに弊社の不用品回収サービスの強みは、“業界最安値”であることです。もし、自社よりも安い不用品回収業者がいたのなら、事前にご相談ください。業界最安値宣言にふさわしい価格を提示させていただきます。関東エリアでもトップクラスの安さを実現しているため、多くのご利用者さまが満足されています。

まとめ

不用品回収業者を利用するメリットやデメリットについて、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。不用品回収業者は、鉄製・木製の戸棚やデスク、大きなタンス、家電リサイクル法の対象物となる洗濯機、冷蔵庫まで、なんでも回収します。会社の経営されている方でオフィス移転や廃業のためごみの処分を検討している方にとって、必要なサービスだと自負しています。

処分したいゴミがあるのなら、会社や自宅、どこでもおうかがいいたします。自宅や会社にあるごみで、どうやって処分したら良いか分からず途方に暮れているのなら、不用品回収業者が適切な手順で処分いたします。

まずは、現在の状態を電話または、メールなどでヒアリングさせていただきます。見積り額を提示させていただき、双方で納得がいく場合は、ごみの回収を開始いたします。見積りは、すべて無料ですのでスタッフ一同お客さまからのご相談をお待ちしております。

NO IMAGE:pagetop