ゴミ屋敷で業者に片付けを頼むと費用・料金はいくら?即日清掃もできる?

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼しようと考えたとき、下のようなことで悩む方は多いものです。

  • 費用が高そうで不安…
  • どうやって業者を選べばいいのかわからない…
  • 業者の人にゴミ屋敷を見られるのが恥ずかしい…

こうした悩みはもっともなものですが、いずれもゴミ屋敷の清掃業者について詳しく知れば、すぐに解決する悩みです。ここでは、上記の悩みに対する答えも含めて、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときに、知っておくべき情報をまとめていきます。

ゴミ屋敷の清掃業者をお探しなら弊社にお任せください!
1点から回収可能!あなたのお家まで無料で回収に伺います!
他社より高い場合はさらに値引きをさせていただきます!
NO IMAGE:ctaMain__phone
受付時間9:00-19:00土日休まず営業中
NO IMAGE:ctaMain__mail

ゴミ屋敷の片付け、業者の料金を決める3つの要素

電卓

ゴミ屋敷の片付けの料金は、主に3つの要素によって決まります。それぞれの目安金額も合わせて一覧にすると、下記の通りです。

車両費(1台あたり) 軽トラック…3000円~5000円/2tトラック…1万円~1万5000円
人件費(1人あたり) 1万円~1万5000円
処分費(1時間あたり) 1万円~2万円

あくまで目安ですが、それぞれの金額について詳しく解説していきます。

車両費…3000円~1万5000円(1台あたり)

車両費はトラックの大きさ・種類によって変わります。弊社の場合、人件費などすべて込みで、下のような料金になっています。

軽トラック 2万5000円~
1トン平ボディー 4万5000円~
2トン平ボディー 7万5000円~
2トンボックス 8万5000円~
2トンロング 10万5000円~

実際の金額は状況によって個別にお見積りさせていただきます。しかし、車両の種類による金額の違いは、イメージしていただけるでしょう。

人件費…1万~1万5000円(1人あたり)

人件費は一般に「スタッフ1人あたり、1万円~1万5000円」とされています。「1日作業するわけではないのに高い」と思う方もいるかもしれません。

確かに「回収だけ」なら、移動も含めて半日程度で終わることが多いものです。しかし、回収した後で「ゴミを適切に分別して処分」しなければいけません。

これをせずに不法投棄をしたり、不法投棄とまではいかなくても「自治体のルールを無視した捨て方」をする業者は存在します。しかし、そうした姿勢は当然正しくないものです。

回収させていただいたゴミを正しく処分することまで考えると、どうしても上記のような人件費が必要になるとご理解ください。

処分費…1~2万円(1時間あたり)

処分費には明確な相場がありませんが、おおむね「1時間で片付くゴミの量で、1万円~2万円」とされています。ただ、これはあくまで「大雑把な目安」と考えてください。

極端な話、ゴミがすべて「コンビニのお弁当だけ」だったら、処分は簡単です。まとめて一箇所におき、太いホースで一気に汚れを洗い落とし、プラスチックごみに出すだけです。

しかし、このような「わかりやすい」ケースはほとんどありません。ゴミ屋敷のゴミは「何がどのように混ざっているのか、一目ではわからない」ものです。

燃えるゴミに金属ゴミが混ざっているなどは当たり前で、「まだオイルの残っているライター」など、きわめて危険なゴミも混ざっています。このように複雑なゴミを処分するため、人件費だけでなく、さまざまな処分費用が必要になるということです。

ゴミ屋敷清掃業者の費用相場(目安)

電卓と請求書のイメージ

ゴミ屋敷の清掃を業者に依頼するときの費用相場は、部屋の間取りによっておおよそ下記のようになります。

1R・1K 3~8万円
1DK 5~12万円
1LDK 7~20万円
2DK 9~25万円
2LDK 12~30万円
3DK 15~40万円
3LDK 17~50万円
4LDK以上 22万円~要見積り

上記は「人件費などすべての費用を含めた総額」の目安です。同じ間取りでも「部屋の中のゴミの量」によって料金が変動します。

(なお、間取りがもっとも広くなることが多い一軒家の片付けについては、下の記事で詳しく解説しています)

以下、いくつかの代表的なケースについて、費用の例を示します。

1Rで床一面にゴミ 3.5~5万円
1Rで天井までゴミ 8~10万円
2DKのマンション 18~22万円
家一軒がすべてゴミ 30~40万円

ここからは、それぞれの例について詳しく解説していきます。

1Rで床一面にゴミ…4~5万円

ワンルームマンションの面積は、小さければ11㎡程度から、平均で25㎡程度となります。この程度の面積で「床一面にごみが敷き詰められている」という状態だと、大体軽トラック1台分となります。

費用は諸条件によって変わるものの、おおよそ4万円~5万円とされています。

1Rで人の背の高さまでゴミ…8~10万円

ゴミ屋敷では、人の背丈までゴミが積もっていることもあります。ワンルームの面積でこの高さ(170cm程度)だと、容積はおおむね2tトラック(平ボディー)に該当します。

この場合の費用もケースバイケースですが、おおよそ8万円~10万円が相場だと思ってください。

2DKのマンション…18~22万円

2DKのマンションの場合、「2トンロング」のトラックが必要なケースが多くなります。「2DKのマンションなら家族だから、それほどひどいゴミ屋敷にはならないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、たとえば「パートナーのご逝去や離婚などによって、お一人で広いマンションに残されてしまった」ということもあります。このようなケースでは「2DKのマンションのゴミ屋敷」も見られるのです。

2DKの場合、作業スタッフは3名必要になることが多く、費用の相場はおおよそ18万円~22万円です。

家一軒がすべてゴミ…30~40万円

特に高齢者の方がお一人で暮らしているときに多く見られるパターンです。これについては「一軒家の広さ」によって、金額が大きく変わります。特に「平屋か二階建てか」というのも重要な違いです。

これについては相場を出すのが難しいのですが、大体下のような労力をかけることになります。

  • 2tトラック…2台
  • スタッフ…4人以上
  • 作業時間…6時間以上

これでおおよそ、30万円~40万円程度の費用になります。「一軒家がすべてゴミ屋敷」という場合、特に業者による料金の違いが大きいものです。このため、できるだけ多くの業者から見積もりをとるようにしてください。

ゴミ屋敷の清掃業者を低価格で利用するための3つのポイント

ゴミ屋敷

ゴミ屋敷の片付けでも何でも、業者に支払う費用はできるだけ安くしたいものでしょう。しかし、単純に激安・格安をうたう業者を選ぶと失敗することも多いのは、他の分野のサービスでも経験された方が多いかと思います。

ここでは、そのような失敗をしないよう「低価格なゴミ屋敷の清掃業者を見つけるためのポイント」を解説していきます。

複数の見積もりをとる

どんな買い物や契約をするときでも「複数の見積もりをとる」ことは基本です。法律で「独占禁止法」が定められているのは、独占的な業者によって、不当な価格設定をされないようにするためです。

このように「業者を競争させる」ことは、適正価格でサービスを利用するために不可欠といえます。1軒の業者のみの見積もりで動くことは「あなたが自ら業者の独占状態を生み出す」ことと同じなのです。

そうなれば当然、価格に関しては不利になります。できるだけ低価格でゴミ屋敷の清掃を依頼したいのであれば、必ず「複数の見積もり」をとるようにしましょう。

弊社の見積もりは「他社より1円でも高ければ値引きに応じさせていただく」というスタンスをとっております。そのため、相見積もりは歓迎でございます。

納得いくまで他社でお見積りをしていただき、弊社と比較していただけたらと思います。料金についてもサービスの質についても、きっとご満足いただけるでしょう。

「激安・格安の理由」を調べる

どんな分野でも同じですが、激安や格安をうたう業者の中には、しばしば「サービスの質が低い」業者が混ざっています。こうした業者に依頼しないためには「なぜ激安・格安なのか」という理由を調べることが必要です。

その理由が明確であれば、信頼していいでしょう。手前味噌になりますが、弊社エコアールでは下の2つの理由によって、格安のお値段を実現しています。

  • 関東エリアに特化
  • 広告宣伝費をカット

「全国展開」は確かにイメージがいいものですが「大きくなったグループを管理するコスト」が膨大になります。また、広告宣伝費を注ぎ込めば知名度は上げやすくなりますが、その分はどうしても料金に上乗せしなくてはいけません。

弊社はこうした「高コスト体質」を避ける工夫をすることで、低価格を実現しています。他社でも同様の努力によって「根拠のある低価格」を実現しているところは多くございます。

「激安・格安」の業者を探すときには、このように「安さの理由がはっきりしている」業者を選んでいただくのがいいでしょう。

サイトで免許番号などを確認

低価格をうたうゴミ屋敷の清掃業者の中には、一部「違法な業者」も混ざっています。具体的には下のような行為をはたらく業者です。

  • 回収したゴミを不法投棄する
  • 家に上がったあと、法外に高い料金を請求する
  • 間取りなどを調べて窃盗団に売る

このように「犯罪まがい」の行為をする業者も存在します。3つ目については「ゴミ屋敷に盗むものなどない」と思うかもしれませんが、これについては後ほど解説します。

ごく一部とはいえこうした業者が存在している以上、業者の信頼性をあなたがの側で見抜くことが必要です。そのために役立つデータの1つが、業者がホームページで公開している「免許番号」などの情報です。

免許番号はたとえば「古物商許可」などですが、他にも「スタッフが遺品整理士の資格を持っている」などの点も評価に値します。特に古物商許可については「虚偽の記載は行政処分の対象になる」ものなので、ほぼ確実に正しい情報が記載されていると考えてください。

このような情報で業者の信頼性を確かめていただくと、より安全で低価格な業者を見つけることができるでしょう。

補足…ゴミ屋敷も窃盗の対象になる理由

ゴミ屋敷の片付けをした後、その物件を売却するのはよくあることです。これは「ゴミ屋敷の買取」の段落でも書いている通りです。

売却が終わって別の人が住むようになれば、その家は十分に「窃盗の対象」になります。また、そもそもゴミ屋敷というより「汚部屋」という程度の部屋なら、最初から対象になっています。

これらの理由からゴミ屋敷も十分に「窃盗のターゲット」であり、その間取りや住人などの情報を売る悪徳業者も存在するのです。


なお、上記のような違法業者を避ける方法も含めて、ゴミ屋敷の片付け業者(不用品回収業者)の選び方は、下の記事で詳しく解説しています。こちらの記事を参考にして、依頼する業者をピックアップしていただくといいでしょう。

合わせて読みたい

ゴミ屋敷の即日清掃は業者に頼める?

近隣の方の苦情などを受け「ゴミ屋敷を即日清掃しなければいけない」というケースもあるでしょう。このようなとき「即日対応してくれる業者はいるのか」という点が気になるかと思います。

ここでは、業者の即日対応の可否と、依頼するときに意識すべきポイントを解説していきます。

対応可能な業者が多い

ゴミ屋敷の即日清掃は、対応可能な業者が多くなっています。依頼する時間帯やエリアにもよりますが、エリア内で早めの時間帯に依頼すれば、いくつかの業者は対応できると考えてください。

依頼の内容を事前に決める

ゴミ屋敷の清掃を「どのくらい、どのように」してもらうのかによって、即日対応できるかどうかが変わります。

  • 全部ゴミとして処分していいのか
  • それとも、価値があるものは査定して買い取るのか

たとえば上記の2つのパターンでは、作業にかかる時間が大きく異なるわけです。いうまでもなく、後者は査定の時間が必要になります。

それでも物が少なく、査定がしやすい品物ばかりであれば、即日完了させることは難しくないでしょう。逆に物が多く、査定しにくい品物があると即日完了しないこともあります。

このように、依頼内容によって当日中に作業が完了するかが決まるため、「依頼内容を事前にある程度考えてから連絡する」ことが必要なわけです。

自分で判断できない点は、電話で相談する

上の段落のように書いたものの、「何をどこまで頼むべきか、自分で判断するのは難しい」というケースもあるでしょう。多くの人にとってゴミ屋敷の清掃を依頼するのは初めてのはずなので、それは当然です。

業者もそれは理解しています。そのため、ご自身で判断できない場合は「電話やメールで気軽に相談する」という形でかまいません。この場合は相談の時間がある程度長くなるため、即日清掃するのが難しくなることもあります。

しかし「一番無駄なく、コスパの高い清掃をしてもらう」ためには、こうした事前の相談に時間をかける方がいいでしょう。

ゴミ屋敷の清掃業者の口コミを見るときの3つの注意点

スマホを持つミドル女性

ゴミ屋敷の清掃業者を選ぶとき「クチコミや評判を参考にする」という方も多いでしょう。クチコミや評判は確かに良い情報源ですが、見るときに注意すべきこともあります。ここでは、その注意点を3つ紹介していきます。

「クチコミが全くない」のは、悪いことではない

これはどんな業界の会社でもいえることですが、「口コミがまったくない」というのは、悪いことではありません。「全国規模の知名度があるのに口コミがない」というのは、確かにおかしいですし、そのようなことは基本的にないといえます。

しかし、地域レベルの知名度で、しかも「創業から歴史が浅い」という場合は、口コミがほとんど見られないのは普通です。理由をあげると、主に下の2点になります。

  • 堅実な業者のユーザーは、急激には増えない
  • 人間は「満足したとき」にはあまり口コミを書かない

つまり「もともと人数が急激に増えない」ことに加え、「そのほとんどのユーザーが満足し、口コミを書かない」ということが多いのです。

もちろん「あまりにもサービスに感激したので、思わず口コミを書きたくなる」ということはあります。しかし、感激したときに誰もが「ネットに口コミを書くか」というと、書かない人の方が多いでしょう。

特に、ゴミ屋敷の清掃を依頼する方は、他業界のサービスと比較して年齢が高めです。若い世代のように「何かあったらSNSですべて報告」という価値観は薄いのです。

そして何より「自分や家族の家がゴミ屋敷だった」ということは、人に知られたくないことです。そのため、普通のサービス以上に「満足した利用者の方が口コミを書かない」ことが多くなります。

このような理由から、業者の評判を見るとき「いい口コミが少ない」のは、悪いことではないと理解してください。逆に「他の業者に比べて異様にいい口コミが多い」という場合は、警戒すべきです。

「口コミがいいのに電話応対が悪い」業者は要注意

「口コミがいいので電話してみたら、対応が悪かった」ということもあるでしょう。このような業者に依頼するのは避けるべきです。

理由はいまでもなく「やらせの口コミを広めている」可能性が高いためです。ただ態度が悪いだけなら、あまり褒められたことではありませんが「まだマシ」といえます。

しかし、意図的に口コミを操作した上で、しかも態度まで悪いとなれば、その業者が親身になって対応してくれる可能性は「極めて低い」といえるでしょう。これは一般的な感覚で理解できるかと思います。

このため「口コミと実際の態度にギャップがある」という業者は避けるようにしましょう。

具体的な悪評が多い業者は避ける

「いい口コミはなくてもいい」と書いてきましたが、「悪い口コミ」は別です。特に悪い口コミの中でも「内容が具体的なもの」が多い業者は避けましょう。

理由は「嘘で悪評を多く書かれていたら、業者は対策をとるはず」だからです。たとえば「何となく態度が悪かった」などの口コミでは、業者も反論できません。このような感じ方は「主観の問題」だからです。

しかし、たとえば料金や当日のサービス内容などについて「具体的な内容」が書かれていたら、それが嘘である場合、業者は反論できます。こうした内容については、弁護士などに依頼すれば、書き込んだ人物の情報開示を請求できるのです。そして、少額訴訟などに持ち込むことができます。

少しの悪評だったら、業者もそこまでしない可能性があります。しかし、あまりにも多かったら対策をとるのが普通です。

それをしないということは「悪い口コミが事実である可能性が高い」のです。事実について争って敗訴すると、余計に立場が悪化します。そのため、沈黙を守るということです。

もちろん、そこまで悪評が大量に流れている業者はさほど多くありません。しかし、万が一そのような業者を見つけたら、その業者や関連する会社への依頼は避けるようにしましょう。

ゴミ屋敷の買取を依頼できる業者は?

業者との商談のイメージ

「ゴミ屋敷のままでOK」という不動産会社は少ない

不動産会社で「ゴミ屋敷をそのまま買い取る」というところは、あまり多くありません。ゴミ屋敷の清掃と不動産の売買はまったく別の仕事であり、業者にとって負担が大きいためです。

事前に不用品回収業者に掃除を依頼する

「そのまま買い取る」という不動産会社が少ないため、ゴミ屋敷を買い取ってもらいたい場合は、事前に不用品回収業者に片付けを依頼する必要があります。このとき気になるのは「どのくらいの費用がかかるのか」でしょう。

これについては「ゴミ屋敷清掃業者の費用相場」の段落でまとめています。日数については「ゴミ屋敷の即日清掃は業者に頼める?」の段落で書いている通り即日清掃も可能なので、特に気にする必要はありません。

回収業者が価値のある品物を買い取ることも可能

「ゴミ屋敷の買い取り」という言葉を「価値のある品物の買取り」という意味で使う方もいるでしょう。これももちろん可能です。ゴミ屋敷と一口にいっても、主に下記のような2つのパターンがあります。

  • 生ゴミなど「完全なゴミ」だけで埋もれている
  • 「捨てられない不用品」が多いだけで、「ゴミだけ」ではない

後者の場合は、買い取りを依頼できるものも多々あるわけです。高い値段がつくかどうかは品物次第ですが、たとえばパソコンや希少なフィギュアなどは、高額での買い取りが期待できます。

こうした不用品の買取価格は、清掃の料金以上に「業者によって違いが大きい」部分です。このため、特に高く買い取ってくれるという口コミが多い業者や、事前の電話査定などに応じてくれる業者に相談するといいでしょう。

ゴミ屋敷の片付けは、便利屋と業者のどっちがいい?

考える主婦の女性

最近では、不用品回収業者だけでなく「便利屋」として英語する業者でも、ゴミ屋敷の清掃に対応するところが増えています。こうした便利屋と不用品回収業者、どちらにゴミ屋敷の片付けを依頼すべきか、迷う方もいるでしょう。

ここでは、どちらに依頼すべきかの結論と、その理由をまとめていきます。

便利屋とは

便利屋とは、一言でいうと「雑用のプロ」です。デジタル大辞泉では、下記のように定義されています。

伝言・配達や品物の調達などの雑用を手軽く引き受けるのを職業とする者。
コトバンク「便利屋」の「デジタル大辞泉」の欄

このように「あらゆる雑用」を引き受けるのが便利屋です。

便利屋ではゴミ屋敷の片付けは難しい

便利屋は非常にいいサービスですが、ゴミ屋敷の片付けには適していません。ゴミ屋敷の片付けは、下記のように「極めて不利な条件」で作業しなければならないためです。

  • 足場が悪い中で作業する
  • 悪臭を外に出さないため、ドアや窓を開放しにくい
  • トラックに積んだゴミの悪臭も封じ込めなくてはいけない

このように「普通の片付けとはまったく違う」ため、便利屋がゴミ屋敷の片付けを行うことは難しいのです。

不用品回収専門の業者に依頼すべき

どんな分野でも、本当にいいサービスを低価格で受けようとしたら「専門の業者」を利用すべきです。ファミリーレストランでもラーメンを食べることはできますが、ラーメン専門店の味・価格に比べたら、明らかに「コスパが悪い」といえます。

ゴミ屋敷の片付けも同じで、最初から依頼する内容が「片付け」に絞られているわけですから「片付け専門の業者」に依頼する方が良いのです。

過疎地など「人口が少ない地域」は例外

例外的に便利屋に頼む方がいいケースは「近くに便利屋しかいない」というものです。過疎地など人口の少ない地域であれば、このようなこともあるでしょう。

こうしたケースでは「便利屋の方がいい」といえます。逆に首都圏など不用品回収業者が多く営業している地域では「回収業者の方がいい」わけです。

ゴミ屋敷の掃除を業者に頼むのは恥ずかしい?

女性の汚部屋

ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼しようとしても「恥ずかしい」と感じる方は多く見えます。結論からいうと「まったく恥ずかしいことはない」のですが、ここではその理由をご説明します。

家族が散らかした部屋ならいいが…

ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼するケースは、大別して下の2通りになります。

  • 自分が原因
  • 家族が原因(一人暮らしの老親など)

後者のように「家族が散らかした部屋・家」については、業者に依頼することも「それほど恥ずかしくない」という人が多いでしょう。親のだらしないところを他人に見られるのは、確かに恥ずかしい部分もあります。

しかし「そんなことを言っている場合ではない」「そもそも、業者はそういうケースばかりを扱っている」ということは、多くの方が理解されているかと思います。そのため、親などの家族が散らかしたゴミ屋敷については、多くの方が問題なく業者に清掃を依頼できるのです。

自分が散らかしたゴミ屋敷だと恥ずかしい?

家族でなく自分が散らかしたゴミ屋敷だと、やはり「業者に片付けてもらうのは恥ずかしい」と感じる方が多いようです。もちろん、業者の側は「こんなに散らかして、だらしない人だな」などと思うことはありません。

  • 毎日の仕事で見慣れているので抵抗がない
  • そもそも、そうした方のお役に立つのが業者の仕事

上記の2つの理由から、業者が依頼主の方に対して「だらしない」などと否定的な感情を持つことはないのです。少なくとも、まともな会社のまともなスタッフであれば、そういえます。

もちろん、中にはこうした清掃のお仕事にやりがいを持たず、依頼主の方に対してネガティブな感情を抱いている業者も存在するでしょう。そうした業者には「そもそも依頼しない」ということが重要です。

どのようにして、その見極めをするかというと、一つの方法は「電話応対の態度を見る」ことだといえます。

電話応対の態度がいい業者は安心できる

ゴミ屋敷を見て、依頼主の方を悪く思うような業者は、電話応対の態度にもそれが出るものです。口調や言葉の端々に「感じの悪さ」があります。

逆に、常に依頼主の方に対する感謝を忘れないような業者であれば、電話口の態度や雰囲気から、それが伝わってくるものです。そのような業者であれば、たとえあなたが散らかしたゴミ屋敷であっても、恥ずかしいことはありません。

ゴミ屋敷は女性が7割、女性でも恥ずかしくない

実は、ゴミ屋敷の住人の約7割は女性です。それも高齢の女性でなく、20代などの若い女性でもゴミ屋敷に住んでいる方が多くいます。

理由は、下のような理由で「女性の方がゴミを溜め込んでしまいやすい」ためです。

  • 生理用品など、人に見られたくないゴミが多い
  • 恥ずかしさのレベルが同じゴミでも、男性より気にしてしまう(男性は気にせずに捨てる)
  • ストーカー被害を恐れて捨てられないことがある
  • ゴミが溜まり始めた段階で、業者に依頼できない(恥ずかしいため)

こうした理由で「ゴミ屋敷の住人は女性が多い」ため、業者も「女性のゴミ屋敷」には慣れているのです。そのため「女なのにゴミ屋敷を片付けてもらうのは恥ずかしい」などと思う必要はありません。

有名ファッション誌に出演するプロのモデルの女性でも、ゴミ屋敷に住んでいる(いた)方は少なくありません。2016年10月には、あるモデル女性がご自身のゴミ屋敷(マンションの部屋)をテレビで公開し、大きな反響を呼びました。

このような実情もあるほどなので、ゴミ屋敷の主が女性であることは、業者にとっては「むしろ普通」なのです。そのため、恥ずかしいなどと思わず、できるだけ早い段階で、お気軽にご相談いただけたらと思います。

(なお、女性も含めた汚部屋の片付けについては、下の記事でも詳しく解説しています)

まとめ

オペレーターの女性

以上、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときに知っておくべき内容を解説してきました。「整理整頓は人生の半分である」というドイツ語のことわざもありますが、ゴミ屋敷を清掃すると、実際に人生が大きく好転するものです。

費用はかかりますし、「恥ずかしい」という心理的な抵抗もあるでしょう。また「仕事や生活が大変で、業者を選ぶだけでも疲れる」ということもあるかと思います。

さまざまなハードルによって、なかなか依頼できないというのは仕方のないことでもあるでしょう。しかし、どこかで余裕ができたら、迷わずにご相談いただくといいかと思います。

まずはお気軽に「依頼するとどんな感じになるのか」ということだけでも、お問い合わせいただくといいでしょう。「思ったよりもお手軽」と感じていただけるのではないかと思います。

弊社エコアールでは、電話とメールの両方で無料の見積もりにご対応しております。電話は土日も休まず9時~19時まで、メールは24時間・365日受け付け可能です。

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県と、首都圏の1都3県でのご依頼に対応しております。このエリアでゴミ屋敷の清掃業者を探している方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

NO IMAGE:pagetop