キーボードの8つの処分方法を徹底的に解説!捨て方の簡単ガイド

キーボード 処分

「毎日、タイピングで利用しているキーボードが、まったく反応しない・・・。」「毎日、1万文字入力し続けた結果、キーボードを破損してしまったため、処分したい・・・。」など、破損してしまった経緯や捨てたい理由は、人によってさまざまだと思います。

キーボードは、文字を入力するためのデバイスとして、なくてはならない存在です。しかし、長年使用しているとキータッチ部分が損傷し、文字が入力できなくなるなどのトラブルが発生するようになります。

今回は、日常生活において仕事道具ともいえるキーボードは、どうすれば簡単に処分できるのか、だれにでもわかるように簡単な廃棄方法について詳しくご紹介します。

キーボードの寿命!処分のタイミングは?

キーボード 寿命
近年は、パソコンメーカーから高性能なキーボードが数多く登場するようになりました。中古品として数百円で売買されているものから、1つ数万円するキーボードまで、その値段は多種多様です。

ちなみに、これらのキーボードは、どのようなタイミングで処分することになってしまうのでしょうか。あなたは、キーボードの具体的な処分時期について、詳しいことをご存知ですか?ここでは、キーボードの平均寿命や故障時の症状について確認していきます。

一般的なキーボードの寿命

あなたは、どのようなタイプのキーボードを利用していますか。使用しているタイプによって平均的な寿命が異なります。たとえば、キーボードには下記のようなタイプが存在します。

  • USB接続タイプのキーボード
  • ワイヤレスタイプのキーボード
  • ノートパソコンタイプのキーボード

あらゆるキーボードの中でもUSB接続タイプのものは、多くの方が利用しているのではないでしょうか。USB接続タイプのキーボードの平均寿命は、3年~5年といわれています。一方で、ワイヤレスタイプのキーボードの平均寿命は、1~3年といわれています。まだまだ日進月歩の通信技術であるため、どうしても寿命が短くなってしまいます。ちなみに、ノートパソコンタイプのキーボードは、どれくらいの間にわたって使用できるのでしょうか?

ノートパソコンタイプのキーボードは、長く使用し続けることができれば、5年は使い続けられるでしょう。ノートパソコンを5年も使い続けていると、キーボードというよりもパソコン本体の故障である可能性も高いので買い換える必要があります。

キーボードの故障時の症状について

どのようなキーボードを使用しているのかによって、故障のタイミングは大きく異なります。また、使用者のキータッチの仕方によっても、パーツの劣化の仕方に大きな違いがあります。

ちなみに、キーボードの故障はどのように判別すれば良いのでしょうか?ここでは、キーボードの故障時にみられる症状について確認していきます。

キースイッチが故障して、まったく反応しない

どれだけキーボードをタッチしても、その入力内容が反映されないのであれば、キースイッチが故障して動かなくなっている可能性が高いです。また、隙間にホコリが入り込んで、なにかしらの干渉を生んでいる可能性もあります。

他にも幾度にもわたる強いキータッチによって、キーそのものが破損してしまっている場合、パーツが完全に故障してしまっているため、掃除したとしても直りません。修理を検討する必要があります。

キーがもとの定位置に戻ってこない

キータッチを繰り返していると、キーがもとの定位置に戻ってこないことがあります。そのため、キータッチしていないにもかかわらず“a”という文字が連続して入力されるようになります。

もし、キーがもとの定位置に戻ってこないのであれば、それは寿命であると考えて良いでしょう。もし、メーカーに出して修理できるのであれば修理しても構いません。逆に、修理費用の方が高くつくのであれば、処分を検討しましょう。

キーボードを無料・有料で処分できる8つの方法

キーボード 処分
自宅でのデスクトップを利用したインターネット検索やショッピングにおいて、キーボードは生活必需品ともいえます。日常生活においてどれだけ便利なキーボードでも、故障して壊れてしまったものを自宅で保管しても意味がありません。いずれホコリまみれになってしまい、処分するのも大変です。

また、自分自身が好んで使用しているキーボードがあるため、デスクトップに標準的に搭載されているキーボードを使用しないという方もいるでしょう。そういったものは、上手く利用すれば環境に配慮した手放し方ができます。今回は、故障などによって使用しなくなったキーボードの処分方法(廃棄方法)について、さまざまな方法をご紹介します。

パソコンの好きな方に引き取ってもらう

もし、デスクトップパソコンを購入したときに標準的に搭載されているキーボードを使用しないという方は、パソコンが好きな方に譲ることを検討してみてはどうでしょうか。パソコンの好きな方にキーボードを引き取ってもらうことで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • キーボードは、消耗品なので貰えると相手の方は、きっと喜ぶ。
  • 標準的なキーボードの処分に、手数料が1円も発生しない。
  • キーボードのキーパーツなどを、再利用してもらえる。
  • パソコン好きなお友達と親交を深められる。
  • 「自宅まで、引き取りにきてほしい。」と要望をだすことができる。

デメリット

  • まったく故障していない製品でなければいけない。
  • 電源スイッチの入らないものやキータッチの悪いものは、友人に引きわたせない。
  • キーボードを回収してもらうには、自分で声をかけなければいけない。
  • ホコリまみれのキーボードをキレイに掃除しなければいけない。
  • 引っ越し前なのに、だれからも欲しいと言ってもらえないことがある。

最近は、数多くのパソコンメーカーから高性能なキーボードが販売されており、デスクトップに標準的についているキーボードを使用しないという方も増えてきました。そのような標準的なキーボードを自宅に置いていても壊れるだけなので、パソコンが好きな方やキーボードが必要な方に譲ってあげましょう。

一方で、パソコンが好きな方に対してキーボードを譲るためには、その製品が壊れていないことが絶対条件となります。万が一、事前にキータッチの悪い製品であることがわかったのなら、トラブルになる前に修理や処分を検討してください。

小型家電としてゴミ処分センターに直接持ち込む

居住区域の周辺にゴミ処分センターというものがあることをご存知ですか?パソコンのキーボードは、小型家電であるため、ゴミ処分センターに直接持ち込めば、処分してくれます。小型家電としてゴミ処分センターにキーボードを直接持ち込むことで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 自分のたてたスケジュールでゴミ処分センターに持ち込める。
  • キーボードの回収業者が自宅訪問することがない。
  • キーボード以外にもいろんなものを処分できる。
  • キータッチに異変が生じているものでも回収してくれる。
  • ホコリまみれのものでも、気にせず処分できる。

デメリット

  • まだ使える標準キーボードでも、廃棄することになってしまう。
  • 営業時間以外は捨てられないため、時間的に難しいことがある。
  • あくまでも代行サービスではないため、すべて自分で作業することになる。
  • 介護や育児に追われていても、自宅訪問をしてくれない。
  • キーボードを廃棄するために、必ず自宅を空けなければいけない。
  • ゴミ処分センターまでの距離が、あまりにも遠すぎる。

ゴミ処分センターの最大の魅力は、処分手数料の安さです。キーボードを処分するにあたって、だれかに作業を代行依頼するわけではないため、処分手数料が大幅に抑えられます。また、だれかを自宅に入れることがないため、プライバシーがしっかりと守られます。

一方で、ゴミ処分センターがあまりにも自宅から遠い場合、キーボードを処分することができません。また、必ず営業時間内にルールを守って持ち込む必要があるため、時間に余裕のない主婦や育児中の方、働いている方にとって現実的な方法ではないといえるでしょう。

自治体の粗大ゴミ回収サービスで手軽に処分する

もっとも多くの人が利用しているキーボードの処分方法は、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用した廃棄方法です。上手くいけば、自宅の玄関やアパートやマンションの改修場所に出すだけで手軽に処分できます。自治体の粗大ゴミ回収サービスでキーボードを手軽に処分することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 時間がなくても立ち合いなしでキーボードを処分できる。
  • 住民が利用しやすいお得な処分手数料が設定されている。
  • はじめての処分作業でも、直接電話で質問できる。
  • わからないことがある場合は、インターネット上で検索できる。
  • 申し込みさえ済ませれば、同時に不用品を処分できる。
  • 業者比較などの手間がかからないため、見比べるなどの負担が少ない。
  • 処分前に申し込み受け付けを済ませるため、処分日などが明確に把握できる。

デメリット

  • キーボードを自由に捨てられないため、必ず申し込み手続きを済ませる必要がある。
  • どれだけ面倒でも自宅から持ち出してくれることはない。
  • 廃棄する前に有料粗大ごみ処理券を認定済みのコンビニエンスストアで買う必要がある。
  • どうしても、少額の処分手数料がかかってしまうことが多い。
  • 居住区域のルールによりますが、処分手数料を無料としているところがある。

たとえ、少額の処分手数料が発生したとしても、自治体の粗大ゴミ回収サービスなら手数料を抑えて、キーボードを廃棄できます。キーボードの詳しい捨て方がわからなくても、インターネットに詳細が掲載されているため、手順を確認しながら確実に処分できます。

一方で、この処分方法は、自治体にすべての処分作業を依頼することになるため、一定の処分手数料を支払うことになります。そして、キーボードを処分するには、有料粗大ごみ処理券を購入しなければいけません。捨てるまでに、さまざまな準備が必要となるため、人によっては非常に面倒だと感じてしまうでしょう。

商品購入時の下取りサービスで処分する

あなたの自宅の近くに家電量販店は、ありますか?もし、新しいキーボードを買い替える予定があるのならば、下取りできないか質問してみましょう。もしかすると、小型家電として下取りしてくれる可能性があります。商品購入時の下取りサービスでキーボードを処分することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 実店舗のスタッフとのやりとりとなるため、非常に安心できる。
  • キーボードの処分について、詳しく質問できる。
  • 下取りサービスなので、処分手数料が発生しない。
  • すぐに捨てられるため、自宅の収納スペースを広く利用できる。
  • 壊れているものでも下取りしてくれるなら、非常に助かる。

デメリット

  • 新しいキーボードの購入代金に、下取り料金が含まれている可能性が高い。
  • キーボード周辺のパソコン機器を一緒に処分することはできない。
  • 下取りサービスを利用するには、ルールを守らなければいけないことがある。
  • あくまでも下取りサービスなので、すぐに引き取ってくれるわけではない。

もし、新しいキーボードを購入する予定があるのなら、下取りしてもらえないか質問してみましょう。家電量販店の中には、新しい家電製品を買う代わりに、古いキーボードなどの製品を下取りしてくれることがあります。

しかし、どのような家電量販店でも下取りサービスを実施しているとは限りません。また、下取りサービスである以上は、家電量販店で新しいキーボードを購入しなければいけません。ただキーボード廃棄したいといった要望は、受け入れられないため注意しましょう。

リサイクルショップを利用して格安で処分する

既存のキーボードの価値を無駄にすることなく、格安で処分したいと考えているのなら、リサイクルショップで手放しましょう。普段からインターネットを使わないため、操作に慣れない方でも実店舗で処分手続きができます。リサイクルショップを利用してキーボードを格安で処分することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 実店舗に直接持ち込めば、その日に処分手続きを進められる。
  • キーボードの価値を査定してもらうことで、処分手数料が実質無料になるかもしれない。
  • キーボードの処分にともなうトラブルへの対処は、すべてお願いできる。
  • 処分方法に不明点があった場合は、スタッフが丁寧に説明してくれる。
  • キーボードを直接持ち込むため、配送などの手間が発生しない。
  • インターネットに詳しくなくても、手軽にキーボードを処分できる。

デメリット

  • 破損したキーボードは、回収してもらえない。
  • 営業時間内でなければ、キーボードを持ち込むことができない。
  • リサイクルショップがなければ、キーボードを廃棄できない。
  • 育児中の方や介護中の方は、サービスの利用が難しい。

自転車や自動車を運転しているとリサイクルショップがあるかと思います。その際、キーボードを持ち込むと、処分手続きを進めてくれる可能性が高いです。処分予定のキーボードに価値があれば、実質無料で処分できるため、環境資源を無駄にしないためにもリサイクルショップを積極的に利用しましょう。

しかし、リサイクルショップが居住区域の周辺にない方は、キーボードの処分ができません。また、キータッチ部分が破損し、USBコンセント部分の配線が壊れてしまっている場合、回収してもらえない可能性が高いです。あくまでも、リサイクルショップなので、ゴミ処分センターではない点に注意してください。

インターネットオークションで格安で処分する

普段から中古品をYahoo!オークションなどのインターネットオークションで購入しているのなら、それらのサービスを使ってキーボードを処分しましょう。意外と簡単に引き取り手が見つかるかもしれません。インターネットオークションでキーボードを格安で処分することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 営業時間というものが存在しないため、いつでも利用できる。
  • 引き取り手との関係性を一切気にすることなく、処分できる。
  • 処分時のタイミングによっては、処分手数料が無料になる可能性もある。
  • 引き取り手と手軽にメッセージでやりとりできる。
  • 介護や育児で外出できなくても、スマートフォンで手続きを簡単に進められる。

デメリット

  • 引き取り手が見つかったら、すぐにキーボードを発送する手間が発生する。
  • 顔も知らない人とメッセージ上で連絡し合わなければいけない。
  • インターネットオークションの仕組みが理解できなければ利用できない。
  • キーボードを処分するには、必ずインターネットを利用する必要がある。
  • インターネットオークションには、実店舗のようなスタッフが存在しない。
  • キーボードの処分時にトラブルが発生したら、自分自身で対応しなければいけない。

現在は、インターネットさえつながる環境があれば、インターネットオークションを利用することでキーボードを簡単に処分できます。この方法なら、自宅周辺にリサイクルショップがなくても、スマートフォンで簡単にやりとりをしながらキーボードの引き取り手を見つけることができます。

一方で、インターネットオークションを利用するには、ウェブサイト上で会員登録を済ませなければいけません。そして、そのような会員登録を済ませても、壊れているキーボードであれば、このサービスを利用することは難しいです。まったく動かないキーボードであれば、他の処分方法を探し出しましょう。

小型家電の回収・リサイクルボックスを利用して処分する

あなたの居住区域を調べると、自宅の近くに小型家電の回収・リサイクルボックスが見つからないでしょうか?キーボードは、小型家電の回収・リサイクルボックスの回収対象品である可能性が高いです。

東京都の小平市では、小型家電リサイクルについて下記のように説明しています。

平成25年4月1日より「小型家電リサイクル法(正式名称:使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)が施行されました。
この法律は、今まで資源化されずに廃棄されていた小型家電に利用されているレアメタル、金・銀・白金などの金属などの有用なものを再資源化するためのものです。これまでは「燃えないごみ」として処分されていましたが、拠点ボックスやイベントで回収しリサイクルしています。

小平市の小型家電リサイクル
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/039/039329.html

このように、キーボードに含まれるレアメタルを再資源化するための取り組みとして非常に注目されています。小型家電の回収・リサイクルボックスを利用してキーボードを処分することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 有害物質の放出を防ぎながら、リサイクルできる。
  • 信頼できる業者が、回収業務に従事している。
  • キーボードの製品状況に関係なく回収してくれる。

デメリット

  • 回収ボックスが家から遠いと利用できない。
  • 自分で廃棄する必要がある。
  • 自宅への訪問回収は、利用できない。

小型家電のリサイクルボックスは、無料で利用できる可能性が非常に高いです。そのため、上手く利用すれば、手数料無料でキーボードを処分できます。そして、レアメタルを再資源化できるため、非常にメリットが大きいです。

しかし、キーボード以外にもなんでも処分できるわけではありません。回収できるものが明確に決まっているため、それら以外は、一切処分できません。誤って処分すると迷惑をかけてしまうため注意してください。

不用品回収業者に処分業務を最速・最短で代行依頼する

「10年間、使い続けたキーボードが故障してしまったため、廃棄してしまいたい・・・。」「将来的に、利用する機会のほとんどない標準的なキーボードが倉庫にあるため、引き取ってほしい・・・。」という悩みを抱えているのなら、不用品回収業者に処分業務を代行依頼してみませんか?
不用品回収業者にキーボードの処分業務を最速・最短で代行依頼することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 実店舗と同じような環境で処分サービスが受けられる。
  • キーボード以外のどのような不用品でも、すぐに即日処分できる。
  • キータッチやUSBの接触状況に関係なく、キーボードを回収してもらえる。
  • 赤ちゃんの育児や高齢者の介護中でも、自宅訪問してもらえる。
  • さまざまな不用品をまとめて処分すればするほど、お得に廃棄できる。
  • キーボードの処分業務で発生する手間を、最小限まで抑えられる。
  • 自分が訪問してほしい日時や時間を指定できるため、スケジュールが立てやすい。

デメリット

  • 詳しく調べることなく不用品回収業者を利用すると高額請求されることがある。
  • スタッフの派遣費用やトラックの運搬費用など、さまざまな手数料が発生する。
  • 事前申し込みをしなければ、不用品回収業務を依頼できない。
  • 人によっては、処分手数料やサービス内容で比較する手間が発生する。
  • 自宅訪問を指定する場合、家の中が見られてしまう。

不用品回収業者は、非常に柔軟性の高い処分方法です。あらゆる処分方法の中でも、圧倒的にキーボードの処分にかかる手間を軽減できます。また、キータッチやUSBの接触状況に関係なく、不用品として処分できるため、非常に安心だといえるでしょう。

一方で、不用品回収業者を利用する際は、インターネットなどで口コミやウェブサイトを閲覧してから利用してください。悪質業者を利用してしまった結果、高額請求や山林への不法投棄問題も発生しているため、注意しましょう。

不用品回収業者がキーボードの処分業務をお手伝い!

キーボード 不用品回収業者
育児や介護、家事、仕事が忙しくて、なかなか故障してしまったキーボードが処分できないという方もいるでしょう。そのような方は、不用品回収業者を利用して、すべての処分業務を代行依頼してみませんか?

しかしながら、不用品回収業者に電話やメールをする際、「キーボードの単品処分で呼び出しても良いのかしら・・・。」「もっと、大きな不用品の処分じゃないと迷惑かしら・・・。」と感じてしまいますよね。そのような心配をする必要は、まったくありません。実際に、不用品回収業者に、キーボードの処分を依頼する方には、下記のような特徴があります。

  • キーボード以外にも不用品がたくさんある人。
  • キーボードの処分業務を自分でやりたいと思わない人。
  • 休日などの余暇は、処分業務を代行依頼して手間を軽減したい人。
  • 平日は、忙しくてキーボードを処分する時間がない人。
  • 引っ越しをする前に、急いでキーボードを処分したい人。
  • 家族の部屋がゴミ屋敷になっているので、片付けを手伝ってほしい人。

不用品回収業者を利用すれば、キーボードの処分時に発生する手間を、なくすことができます。処分業務に時間をかけたくないという人は、きっと不用品回収業者のサービスに満足するでしょう。

引っ越し前でもOK!不用品回収業者がご自宅に訪問します!

仕事の関係や家庭の都合で別の町に引っ越す場合、限られた時間の中で素早く無駄な不用品を処分しなければいけません。その際、今まで自分が自覚していなかったような不用品がたくさん出てきませんか?

キーボード以外にも、昔使っていたパソコンデスクや壊れたマウス、小型スピーカーなど、いろいろな不用品があると思います。2度と使用しないものを引っ越し先に持ち込んだとしても、自宅のスペースが奪われるだけです。

そんなときは、不用品回収業者に連絡を入れて、不用品をまとめて処分してもらいましょう。都合さえ良ければ、すぐに自宅訪問してくれるため、自分自身が外に出てキーボードやその他の不用品を捨てに行く必要がありません。

不用品回収業者でキーボード以外もまとめて処分しよう!

不用品回収業者のオトクな使い方をご存知ですか?不用品回収業者を利用する際は、まとめて処分した方が断然お得です。たとえば、キーボードを単品処分すると、通常の処分方法よりも処分コストが上がってしまいます。

しかし、自宅内にあるあらゆる不用品をまとめて処分すると、大幅な運搬コストの軽減が実現できます。ちなみに、自宅の近くの倉庫に不用品が大量に入っていませんか?親の代から受け継いだもので、いらないものがたくさんあるのなら、不用品回収業者に片付けのサポートを相談しましょう。

倉庫から不用品が溢れだすような状況でも、不用品回収業者で働く片付けのプロフェッショナルが素早く安全に業務を遂行します。そのため、ゴミ屋敷のようなトラブルでも、事前に打ち合わせたスケジュールと予算通りに、キレイに片付きます。

在宅介護中の方や育児中の方でもOK!壊れたキーボードを処分しよう!

現在は、高齢者の増加により、在宅介護をされる方が増えてきました。親の介護に日々追われている方は、自分自身で不用品を外に持ち出す余裕はないでしょう。もしかして、過去に使用してきたキーボードが何個も自宅に放置されていませんか?

おそらく、キーボードの処分方法がわからず、いつまでも保管していたのでしょう。この機会に、不用品回収業者を利用してキーボードを処分してみませんか?きっと、こんなにも簡単に不用品が片付けられることを知り、驚くと思います。

また、育児をしていると不用品を処分する時間がないと思います。そんなとき、自分の都合に合わせて呼び出せる不用品回収業者を利用すれば、不用品を長期間自宅に放置することがなくなります。

まとめ

デスクトップパソコンのテキストの入力機器として欠かせないキーボードは、5年~10年も使用し続けていれば、キータッチ部分やUSBの接続部分が故障してしまう可能性があります。キーボードだけ別途で購入した高性能なものであれば、修理しても良いのかもしれません。

しかし、価格帯の安い標準的なキーボードを使用してきたのであれば、逆に修理費用が高くなってしまうため、処分を検討しましょう。そんなとき、不用品回収業者を利用すると手間をかけることなく、簡単に片づけられます。

弊社は、エコアールという名前で不用品回収業務をおこなっています。埼玉県や東京都、千葉県、神奈川県などを中心に事業展開をしており、お客さまが必要なくなったものを回収しています。お客さまには、業界最安値宣言をしており、お得に不用品を捨てられる仕組みを整えています。もし、不用品の処分についてご相談があれば、ぜひメールやお電話でご連絡ください。

NO IMAGE:pagetop