ビデオデッキの9つの処分方法!捨て方を丁寧に解説

ビデオデッキ 処分

「スイッチを押しても電源が入らなくなったビデオデッキを処分してしまいたい・・・。」「まだ使えるビデオテープレコーダーがあるけれど、自宅で使わないので処分してしまいたい・・・。」など、ご家庭によっていろいろな手放したい理由があると思います。

ビデオテープレコーダーとも呼ばれるビデオデッキですが、いざ処分するとなると、処分方法がわからず、物置に放置している方も多いのではないでしょうか。できる限り、処分手数料を抑えながら処分したいですよね。

今回は、ご自宅にあるビデオデッキの手放し方について、売り方や捨て方のすべてを解説していきます。

ビデオデッキの寿命とは?

ビデオデッキ 寿命
ビデオデッキを購入した場合、どれくらいの期間が経過すると故障してしまうのでしょうか。ビデオデッキの寿命について知っておけば、最適な買い替えのタイミングについて把握することができます。

どんなビデオデッキを購入し、普段からどのような使用をしているかによって、製品の寿命は、大きく変わってきます。一般的に大手メーカーで製造されたしっかりとしているビデオデッキであれば、8年から10年程度使用できるといわれています。

しっかりとしたパーツで構成されたビデオデッキであれば、15年以上使用できることもありますが、逆に、どこのメーカーなのかもわからないような安価なビデオデッキは、非常に壊れやすいため、3年で故障してしまうことがあります。

ビデオデッキが故障すると、どうなるの?

実際に、ビデオデッキが故障してしまうと、どうなってしまうのでしょうか?もし、簡単な修理で直ってしまうのなら、修理費用も含めて、今後どうするのか検討すると良いでしょう。万が一、修理費用が高いすぎる場合は、これから説明するような故障の症状がみられた時点で、処分を検討してみてはどうでしょうか。

電源が入らない

8年から10年ほど利用し、どれだけ電源スイッチを押しても、まったく動かないようであれば、本体部分が大きく損傷している可能性が高いです。この場合、パーツ自体が劣化などによって消耗している可能性が高いため、新しいものへ買い替えることをおすすめします。

映像が映らない

ビデオデッキ自体の電源が入るものの、映像が見られない場合は、映像ヘッド部分が故障している可能性が高いです。ビデオデッキをあけて、内部を掃除することで修理できることがありますが、内部の汚れを取り除いたとしても、正常に稼働しないようであれば処分を検討した方が良いでしょう。

テープ部分が正常に走行しない

ビデオデッキを使用しているにもかかわらず、肝心のテープ部分が正常に走行しないことがあります。たとえば、ビデオを早送りにしたいのに、時間がかかってできなかったり、巻き戻して再生したいにもかかわらず、思うように巻き戻せない場合は、リール部分が正常に回っていないことが原因であることが多いです。

この場合、ビデオデッキ内部の消耗品が大きく老朽化していることが多いため、予算と相談しながら交換しましょう。もし、あまりにも交換費用が大きいようであれば、処分を検討した方が良いかもしれません。

ビデオデッキを無料・有料で処分できる9つの方法

ビデオデッキ 処分
最近は、DVDプレーヤーが主流となりつつあるため、ビデオデッキを使用するご家庭が少なくなっているのではないかと思います。すでに再生できるビデオがなくなり、ビデオデッキを使用することがほとんどなくなっているのであれば、売ることで売却益を得てみてはどうでしょうか?

ここでは、処分するしか選択肢のないビデオデッキやまだまだ現役で使用できるビデオデッキをどのように手放せばよいのかについて解説していきます。

発展途上国の支援物資にする

ご自宅で使わなくなったビデオデッキですが、発展途上国の支援物資になることをご存知ですか?まだまだ使用できるビデオデッキなら、発展途上国では貴重なものとして大切に扱ってもらえます。

たとえば、国際社会推進支援会が運営するワールドビジョンでは、使わなくなったDVDレコーダーやビデオデッキを発展途上国絵の支援物資として送り届けています。

古くても一部のビデオデッキはいくつかの途上国では非常に望まれており、再利用する事ができます。
これらを海外に送っている企業様を通じ、再利用させて頂きます。
また、ビデオデッキだけでなく映画のビデオテープ等も再利用可能です
(自作やコピーのビデオテープは不可)

また、故障や破損していて商品としては再利用できない状態のビデオデッキは、銅(電線)・アルミ・鉄など金属・プラスチック等の資源としてリサイクルできます。

不用家電は廃棄処分するのではなく、形を変えて社会支援のために寄付金として役立てる事ができます。

国際社会推進支援会ワールドビジョン「発展途上国への支援物資物資支援」
http://world–gift.com/sutekata/video-kagawa.html

ビデオデッキを発展途上国の支援物資にすることで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 貧しい貧困の子供の役に立つことができる。
  • 発展途上国でビデオデッキを再利用してもらえる。
  • 徹底的にリサイクルしてもらえる。
  • 販売されていた映画のビデオなどと一緒に、再利用してもらえることがある。
  • 貧困で苦しむ人へ、寄付することができる。

デメリット

  • 寄付先を決める必要がある。
  • 事前に、配送可能なのか調べる必要がある。

私たちにとって、使わないビデオデッキでも、発展途上国では、非常に高い価値を持ったものとして扱われています。使用しないものを寄付できれば、貧困で悩む方に役立つことができるため、非常に大きなメリットがあるといえるでしょう。

ビデオデッキを寄付する行為なので、特にデメリットはありません。そもそも、寄付先が決まっているわけではないため、自分で配送先を決定する必要があります。しっかりとルールを守って配送することで、徹底的にリサイクルしてもらえるため、適切な方法で条件に合致するビデオデッキを送ってあげましょう。

昔のビデオを再生したい近隣住民に引き取ってもらう

これからもずっと使えるビデオデッキを所有されているのなら、ビデオを再生したいけれど、再生するためのビデオデッキがなくて困っている近隣住民に譲ってみてはどうでしょうか。昔のビデオを再生したい近隣住民にビデオデッキを引き取ってもらうことで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 友人が昔のビデオを再生できるようになる。
  • ビデオデッキを近隣住民に大切に使ってもらえる。
  • 処分手数料なしでビデオデッキを手放せる。
  • 近隣住民に喜んでもらえる。
  • 近隣住民の方も、新しいビデオデッキを買う必要がなくなる。

デメリット

  • ビデオデッキの引き渡し前に、掃除をする手間が発生する。
  • なかなか、ビデオデッキの引き取り手が見つからないことがある。
  • 壊れているビデオデッキだと、受け取ってもらえないことがある。
  • 手放したあとに、すぐにビデオデッキが壊れると、相手が処分手続きをすることになる。

もし、あなたの自宅周辺に、「昔のビデオを再生したいのだけれど、家にビデオデッキがなくて見られないの。」と困っている方がいれば、勇気を出して声をかけてみましょう。きっと、喜んでくれるでしょう。この方法なら、処分手数料がかからず、資源も無駄にならないため、地球環境にもエコだといえるでしょう。

一方で、なかなかビデオデッキが必要という方が見つからないというデメリットもあります。また、10年以上使用しており、電源が入らないようなビデオデッキは、近隣住民に引き渡せないため、他の処分方法を検討しなければいけません。

自転車や車でゴミ処分センターに直接持ち込む

もし、二度と使用できないボロボロのビデオデッキが手元にあるのならば、自転車や車に積み込んで、直接ゴミ処分センターに持ち込んでみては、どうでしょうか?この方法は、あらゆる処分方法の中でも手間がかかるものの、処分手数料が抑えられます。自転車や車でビデオデッキをゴミ処分センターに直接持ち込むことで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 処分に手間がかかるぶん、ビデオデッキの処分費用が抑えられる。
  • さまざまな処分方法の中でも、処分条件に柔軟性がある。
  • どれだけホコリをかぶったビデオデッキでも、確実に回収してくれる。
  • ビデオデッキ以外にも、まとめて不用品を処分できる。
  • ゴミ処分センターが近ければ、ビデオデッキを即日処分できる。

デメリット

  • 処分手数料自体は、抑えられるものの、手間がかかりすぎる。
  • まだまだ使用できるビデオデッキを処分するのは、非常にもったいない。
  • ゴミ処分センターがなければ、ビデオデッキを捨てられない。
  • フリーマーケットのように売却できない。
  • 引っ越し前だからといって、素早く自宅訪問し回収してくれることがない。
  • 育児中や介護中なら、なかなか利用しづらいサービスである。

どれだけ処分作業に手間が発生したとしても、修理不能になったビデオデッキを安く処分したいということであれば、ゴミ処分センターは、非常におすすめの処分方法です。自分でビデオデッキを運搬するため、いろいろと大変ですが処分手数料は、非常に安いです。

一方で、ゴミ処分センターは、ビデオデッキの回収サービスを実施していないため、直接持ち込む必要があります。また、まだまだ使えるビデオデッキでも、売ることができないため、どうしても売却のチャンスを失ってしまうことになります。

居住区域の粗大ゴミ回収サービスで処分する

私たちの生活の中でもっともなじみのある処分方法といわれたら、居住区域の粗大ゴミ回収サービスを利用した処分方法ではないでしょうか。この方法を利用すれば、処分手数料を抑えながら、ビデオデッキを手軽に処分できます。居住区域の粗大ゴミ回収サービスでビデオデッキを処分することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 自転車や車などの移動手段がなくても、ビデオデッキを処分できる。
  • ビデオデッキの本体部分が壊れていても関係ない。
  • 自治体なので、ビデオデッキを不法投棄される心配がない。
  • 指定日になれば、ビデオデッキを回収してくれる。
  • 立ち合いなしでビデオデッキを処分できる。

デメリット

  • 新しいビデオデッキなら、売却した方が良い。
  • 有料粗大ごみ処理券を、指定されたコンビニエンスストアで買う必要がある。
  • 引っ越し前でも、指定日以外には回収してくれない。
  • こちらでビデオデッキの処分場所を指定して、手放すことはできない。
  • 居住区域の粗大ゴミ回収サービスによってルールが異なる。

居住区域にもよりますが、自転車や車などの移動手段がなくても、手軽に処分できる粗大ゴミ回収サービスは、非常に利便性が高いといえるでしょう。事前に申し込みを済ませれば、立ち合いの必要がないため、それほど時間に拘束されることがありません。

しかし、あくまでも自治体サービスなので、引っ越し前だからといって即日呼び出せるわけではありません。事前に、申し込み手続きと指定されたコンビニエンスストアで有料粗大ごみ処理券の購入が必須であるため、いろいろと手間がかかります。

家電量販店やメーカーの下取りサービスで処分する

もし、新しいビデオデッキの購入予定があるのなら、家電量販店やメーカーが下取りサービスで回収してくれる可能性が高いです。主に、下取りサービスは、大手のメーカーや家電量販店で実施されていることが多いため、利用してみてはどうでしょうか。家電量販店やメーカーの下取りサービスでビデオデッキを処分することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 家電量販店やメーカーの下取りサービスなら、不法投棄などの心配がない。
  • ビデオデッキの処分手続きをする必要がない。
  • 映像が映らないビデオデッキでも、下取りしてくれる。
  • 自宅回収してくれるから、非常に助かる。
  • 新しいビデオデッキの交換のタイミングで処分できる。

デメリット

  • ただビデオデッキが処分したいという要望は、受け入れられない。
  • ビデオデッキの下取りサービスは、どこでも実施しているわけではない。
  • ほとんどの場合、下取り料金が商品の購入代金に含まれていることが多い。
  • まだまだ現役で使えるビデオデッキでも売ることは難しい。
  • 引っ越し前でも、急ぎでスタッフが自宅回収してくれることはない。
  • 下取りサービスである以上、新しいビデオデッキを家電量販店などで購入する必要がある。

もし、自宅近くの家電量販店やテレビショッピングを介したメーカー販売などで、ビデオデッキの買い替えを検討しているのなら、大手メーカーによる下取りサービスを利用してみましょう。買い替えのタイミングで手放せるため、上手くいけばお得にビデオデッキを処分できます。

しかしながら、どんな家電量販店や大手の家電メーカーでも、必ず下取りサービスを実施しているわけではありません。もし、ビデオデッキを下取り回収していないのであれば、処分方法自体を見直す必要があります。

リサイクルショップで安く売却する

もし、キレイにビデオ映像を再生できるビデオデッキを所有されているのなら、リサイクルショップで売却してみてはどうでしょうか?インターネットが苦手な方でも、手軽にビデオデッキを売却できます。リサイクルショップでビデオデッキを安く売却することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • ビデオデッキの売却手続きについてアドバイスがもらえる。
  • 対面した状態でビデオデッキを査定してくれるため、信用できる。
  • インターネットオークションと違って、発送する必要がない。
  • ビデオデッキの査定価格について、なんでも質問できる。
  • 引っ越し前でも、直接持ち込むことで査定価格がつけば手放せる。
  • 今まで使用していなかったビデオデッキから売却益が得られる。

デメリット

  • もし、売却できなければ、ビデオデッキを回収してもらえない。
  • 映像が映らず、早送りや巻き戻しができないようなものは、買い取ってもらえない。
  • ビデオデッキの査定価格が妥当なものなのか、判断する方法がない。

基本的に売却価値のある所有物の売り先として人気の高いリサイクルショップですが、これほど簡単に現金化できる方法は、他にないでしょう。発送手続きをする必要がなく、リサイクルショップに引き渡した時点で売却益を得られるため、ほとんど手間がかかりません。

しかしながら、どんなビデオデッキでも売却できるわけではありません。売却できるものは、比較的、製品状態が良いものに限られます。また、どんな居住区域にもリサイクルショップがあるわけではないため、自宅近くになければ売却方法を変えた方が良いでしょう。

インターネットオークションで市場価格に合わせて売却する

リサイクルショップのように仲介手数料を取られることなく、少しでも高値で売却したい方におすすめなのは、インターネットオークションを利用した売却方法です。リサイクルショップで売却すれば、市場価格を把握しづらいですが、インターネットオークションなら市場の相場価格を調べたうえで売却できます。インターネットオークションで市場価格に合わせてビデオデッキを売却することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 市場価格に近い相場でビデオデッキを売却できる。
  • 最低落札価格を決められるため、安値で購入されることがない。
  • 上手くいけば、ビデオデッキが良い値段で売却できる。
  • ビデオデッキの売却時に仲介手数料がとられないため、利益が出やすい。
  • リサイクルショップがなくても、ビデオデッキの在宅売却ができる。

デメリット

  • ビデオデッキを売却すると、システム手数料を請求される。
  • 自分でビデオデッキを発送しなければいけない。
  • ビデオデッキの型番や製品名を調べて、商品説明として書く必要がある。
  • 高値がつくように、ビデオデッキを撮影する必要がある。
  • 必ず、ビデオデッキが売却できるわけではない。

リサイクルショップよりもインターネットオークションの方が高値でビデオデッキを売却できる可能性があるため、利用の仕方によっては非常にメリットが大きいです。ある程度、どれくらいの値段で売却できるのか推測できるため、必要以上に安値で購入されることがありません。

一方で、たとえ在宅で売却できたとしても、ビデオデッキを発送する必要があるため、あまりにも手間がかかりすぎるといえるでしょう。育児などをしていれば、発送手続きができないことも多いため、そういった方は、他の売却方法を調べた方が良いでしょう。

フリマアプリで格安で売却する

インターネットオークションで売却するには、いろいろとルールを覚える必要があるため、ビデオデッキを売却しづらいという方もいるでしょう。そんな方は、メルカリやラクマなどのフリマアプリを利用して、ビデオデッキを売却してみませんか?フリマアプリで格安でビデオデッキを売却することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • スマートフォンから気軽に撮影して、ビデオデッキを出品できる。
  • 過去のビデオデッキの売却相場が確認できるため、事前に相場が調べやすい。
  • ビデオデッキの買い手は、商品の売上金などから、購入できることがある。
  • フリマアプリの運営者がキャンペーンを多く実施するため、ビデオデッキが売れやすい。
  • インターネットオークション形式ではないため、落札から購入、連絡までの手続きが簡単。

デメリット

  • フリマアプリを利用するには、どうしてもシステム手数料をとられる。
  • たとえ、売り上げを獲得できても、振り込み手数料が高額であることがある。
  • ビデオデッキの状態が良く、市場価値のあるものでなければ売却できない。
  • フリマアプリを利用するには、クレジットカード番号などを登録する必要がある。
  • 出品したからといって、すぐにビデオデッキが売れるわけではない。

メルカリやラクマなどのフリマアプリをダウンロードし、売却したいビデオデッキにかんする情報を入力すれば、即日出品できます。これなら、自宅近くにリサイクルショップがなくても、市場相場を確認しながら自分の好きな価格でビデオデッキを売却できます。

一方で、フリマアプリでは、映像の映らないボロボロのビデオデッキは、売却することができません。また、売却予定のビデオデッキに、一定の需要がなければ、フリマアプリに出品してもいつまでたっても売れません。故障しているビデオデッキについては、他の処分方法を検討しましょう。

不用品回収業者に売却・処分を依頼する

「製品の状態が良く、まだまだ使用できるビデオデッキを所有しているため売却したい・・・。」「映像が映らない修理不可能なビデオデッキを処分したい・・・。」といったことをお考えであれば、不用品回収業者に売却や処分を依頼してみませんか?どうしても自宅をあけられない理由があっても、不用品回収業者に依頼すれば、すべて解決します。

不用品回収業者にビデオデッキの売却、または、処分業務を依頼することで発生するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 信頼できる不用品回収業者なら、山林などにビデオデッキを不法投棄されることがない。
  • 出産直後や介護中でも、ビデオデッキを出張買取り・出張処分できる。
  • リサイクルショップがなくても、実店舗のように売却できる。
  • 他の処分方法や売却方法よりも、作業の手間がほとんどかからない。
  • ビデオデッキ以外にも、使わなくなった戸棚や配線も一緒に処分できる。
  • 電源スイッチの入らないビデオデッキでも、確実に引き渡すことができる。
  • ビデオデッキの処分手続きについて、アドバイスや丁寧な説明が受けられる。
  • 引っ越し前でも、すぐにビデオデッキを回収してくれる。
  • こちらの時間の都合に合わせて、回収日や回収時間を調整してくれる。
  • 依頼先や依頼方法によっては、処分手数料を大きく抑えられる。

デメリット

  • 近隣住民に譲るわけではないため、処分手数料が確実に発生する。
  • ビデオデッキ単品の処分なら、どうしても処分コストが大きくなる。
  • 見積もりを出して、依頼先の不用品回収業者を決めなければいけない。
  • ビデオデッキの売却価格や処分作業にかかる見積もり料金が適正価格なのか、調べる方法がない。

在宅介護や出産したばかりで、時間に追われる生活をしていても、不用品回収業者に仕事を依頼すれば、売却査定や処分作業をすべて代わりにやってくれるため、ほとんど手間がかからないという大きなメリットがあります。必ず、売却、または処分できるため、「ビデオデッキを手放すことができなかった・・・。」ということがありません。

一方で、不用品回収業者は、他の処分方法よりも人件費や出張費用が上乗せされるため、処分コストが高くなりがちです。しかし、それ以上に、売却作業や処分作業をすべて代わりにお願いできるため、それほどデメリットが気になることはありません。

不用品回収業者がビデオデッキの売却や処分をお手伝い!

不用品回収業者 ビデオデッキ
ビデオデッキの手放し方がわからないのなら、不用品回収業者の利用を検討してみませんか?不用品関係の買取業務や処分業務なら全般的に対応しているため、ビデオデッキの処分にお困りなら、きっと役に立つはずです。実際に、不用品回収業者を利用する方には、下記のような特徴があります。

  • インターネットでビデオデッキなどの不用品を売却することが面倒だと感じる。
  • インターネットオークションにありがちな売り手や買い手によるトラブルに遭遇したくない。
  • どうしても育児中や介護中で自宅をあけておくことができない。
  • 自分自身で処分作業を行う余裕がない。
  • 処分コストよりも、手間の軽減を重要視している。

ビデオデッキは、小さな家電ですが、いざ処分するとなると意外と大変です。特に、処分コストを抑えようとすれば、それだけ手間が増えてしまいます。不用品回収業者にビデオデッキの処分作業を依頼すれば、自分で売却方法や処分方法を調べることなく手放せるため、総合的に考えてもメリットが大きいといえるのではないでしょうか。

引っ越し前でも即日ビデオデッキを回収してくれる!

不用品回収業者に処分業務を依頼する方の中に、「引っ越し前だから、今すぐ不用品を処分したい・・・。」という方がたくさんおられます。不用品回収業者は、他の売却方法や処分方法よりも柔軟性が非常に高いため、どんな要望でも対応できます。

他のお客さまの予約さえ入っていなければ、見積もり後、確実にビデオデッキを即日処分できます。もちろん、ビデオデッキの状態が良ければ、ご自宅で出張買取りすることもできます。

ビデオデッキ周辺の不用品もまとめて処分できる!

不用品回収業者を利用する際は、ビデオデッキを単品処分するよりも、いろいろなものまとめて処分業務を依頼してください。そちらの方が、出張費用や運搬費用が抑えられるため、確実に処分コストを抑えてビデオデッキを手放すことができます。

ちなみに、「実家がゴミ屋敷になっているため、自分の代わりに掃除を依頼したい・・・。」といったご要望でも大丈夫です。自宅内のごみの片付けは、すべて不用品回収業者のスタッフにお任せできるため、わざわざ自分で実家を片付ける必要はありません。

介護中・育児中でもOK!自宅までビデオデッキを直接回収します!

赤ちゃんがうまれたばかりなら、さすがにビデオデッキをゴミ処分センターまで直接持ち込むことは難しいでしょう。また、在宅介護をしていれば、年老いた親を放置して、ビデオデッキの処分作業を行うことは、現実的な選択肢ではありません。

そんなときは、不用品回収業者にメールや電話でビデオデッキの売却、または、処分業務を依頼しましょう。不用品回収業者に、居住区域を伝えれば、指定された場所まで訪問し、自宅回収してくれるため、家を空ける必要がありません。

そのため、ビデオデッキを処分するにあたり、どうしても自宅をあけることに不安がある方にとって非常に良い選択肢となります。

まとめ

テレビで録画したビデオを映像として映すためには、ビデオデッキが必要ですが、いつまでも使い続けることができるわけではありません。10年以上使用すれば、いつ故障してもおかしくありません。その際、修理費用が安ければ、故障したパーツを交換して使用するのもありなのかもしれません。

しかし、新しい部品に交換するために、新品のビデオデッキが購入できるほどの修理費用を請求されるなら、不用品回収業者を介して処分してしまいましょう。不用品回収業者なら、出張買取りや出張査定が受けられるため、ほとんど手間なくビデオデッキを手放せます。

弊社は、「エコアール」という関東圏を中心にエリア回収を行っている不用品回収業者です。関東圏の中でも、埼玉県や東京都、千葉県、神奈川県をメインエリアとしており、お客さまからメールや電話でご連絡が入れば、見積もり後にすぐにおうかがいできます。関東圏でも業界最安値の不用品回収業者ですので、いつでもメール、または、電話でお問い合わせください。すぐに、お客さまに合わせた処分方法やお見積もりをご提案させていただきます。

NO IMAGE:pagetop