ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)を処分する3つの方法と注意点

ベッド(二段ベッド・ロフトベッド)を処分する方法

ベッドはサイズも大きくて重量もあるため、どのように処分していいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
特にお子さまが使っていたベッド(2段ベッド・ロフトベッド)は、ライフステージの変化にともなって処分を検討されているご家庭も多いでしょう。

こちらでは、処分に困ることも多いベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の3つの処分方法をご紹介します。あわせて処分するときの注意点や安く処分する方法もお教えしますので、どうぞ最後までご覧ください。

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の3つの処分方法

お子さまの成長や独立がきっかけとなり、使わなくなったベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分にお困りではありませんか。ベッドは大型家具なので粗大ごみになりますが、手順などをご存知でしょうか。
こちらではベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の3つの処分方法をご紹介しましょう。

1|自治体の粗大ゴミ回収

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分方法として、真っ先に思いつくのが自治体への粗大ゴミ回収ではないでしょうか。近年、24時間受付けているオンライン申請ができる自治体も多く、利用者の利便性を重視したサービスが提供されています。

高齢者や身障者がいる世帯では、大型の粗大ごみを運び出すのはむずかしいでしょう。自治体では粗大ごみの搬出がむずかしい世帯や一定条件を満たした世帯を対象にして、粗大ごみの搬出からお手伝いしてくれるサービスを提供しているところもあります。

また、運び出しも可能で大きなお車を所有していれば、自治体の処理施設へ直接持ち込むことも可能です。収集日を気にせずにすぐに処分できますし、粗大ごみ処理にかかる手数料を抑えることもできます。
まずは、お住まいの地域のHPをチェックしてみましょう!

2|家具店に引き取ってもらう

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分ではなくて買い替えるのなら、新しいベッドを購入した家具店に引き取ってもらう方法があります。新しいベッドが届いたときに、引き渡せばよいので自治体の粗大ゴミ回収のような手間はかからないので便利です。

ただし、すべての家具店が中古家具の引き取りをしているわけではありません。また、引き取り費用を請求される場合もあります。そのため、ベッドの引き取り処分を検討されているなら、購入前に家具店に引き取りサービスの有無を確認しておきましょう。

3|リサイクルショップ・オークションを活用!

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)をリサイクルショップに買い取ってもらったり、オークションで売却したりすれば処分費用を抑えられるだけでなく、利益を得ることができます。
ショップやサイトはたくさんの人が利用するため、ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)が欲しい!という人と出会いやすいというメリットもあるのです。

ただこの場合、利用するリサイクルショップによっては買取りを拒否されてしまったり、希望の金額で落札されなかったりするリスクも覚悟しておきましょう。

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分で注意してほしいこと

ベッドを処分するときに注意してほしいこと

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分を自治体に依頼する場合、ご自身でやらなくてはいけないことが多くあります。また、処分ではなくリサイクルショップやオークションを利用する場合、査定額や落札価格に期待しすぎてしまうのもあまり良いことではありません。
こちらでは、ベッドの処分で注意してほしいことをご紹介しましょう。

自治体への粗大ゴミ回収は手間がかかる

自治体のHPを見ていただくとわかるように、どなたにもわかりやすいようにごみの分別や出し方について説明されています。自治体の粗大ゴミ回収では、手数料を支払うために「粗大ごみ処理券」を購入しなければならないなど、手間がかかります。

また、収集日の朝8時半までに申込み時に指定された場所まで、粗大ごみを出しておかないといけないのです。ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)をその場所まで持っていくには、大人2人でもむずかしいでしょう。

運びやすく解体するにしても、大型家具なので時間もかかります。自治体にベッドの処分を依頼すると、手間や時間などの負担がかかることを覚えておかなくてはいけません。

買取りでの利益は期待しないこと

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)を店舗に置く場合、広いスペースが必要になります。たくさんの商品を売るために、広いスペースを取る商品は早く売ってしまいたいというのがリサイクルショップの本音ともいえるでしょう。

商品の回転率アップを目的に早く売るためには、安い価格でなければなりません。そのために買取り時の査定額はあまり高値がつかないことが多いのです。
また、オークションは落札されるまで、保管場所が自宅になります。希望の価格になるまで待っているといつまでも保管し続けなければいけません。

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分でリサイクルショップ・オークションを利用するなら、利益よりも効率を重視して処分する方法を考えましょう。

マットレスの処分方法も考える

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)と一緒に、マットレスの処分も検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ベッドのフレームのみだと中古でも購入する方はいらっしゃいます。しかし、マットレスは毎日使用していることもあって使用感を気にされる方が多く、中古マットレスを購入される方は少ないでしょう。

マットレスの処分方法は上記でもお伝えしたようにベッドの処分方法とほぼ同様です。ただし、衛生面で懸念されるのでリサイクルショップ・オークションは利用できないと考えておきましょう。

ベッドのマットレスは自治体でも粗大ゴミ回収として収集してくれます。ウレタンやスプリングなどマットレスのタイプによって処分方法が異なる自治体もありますので、自治体に処分を依頼するときはお電話、またはHPで事前に確認しておきましょう。

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)を安く処分する方法

ベッドを安く処分する方法
ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)を買取りや売却で少しでもお金になる方法を選べば、処分費用がかからないので安く処分することにつながります。しかし、期待してリサイクルショップへ持ち込んでもタダ同然の査定額がつくこともあるのです。

できるだけ高値で売るには、見た目の印象を良くしなければなりません。また、処分しか考えられない傷だらけのベッドは、自治体が管理する処理施設へ直接搬入することで安く処分することができます。

では、ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分費用を抑えたい方におすすめの安く処分する方法をご紹介しましょう。

高く買い取ってもらうためにキレイにしよう

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)を買取りや売却で処分する方法を考えているなら、傷を補修したり、清掃したりしてなるだけキレイな状態にしましょう。
中古ベッドというだけでもリスクが高いのに、傷や汚れは大きなマイナス評価となってしまいます。
できるだけ印象よく見せるためにできることをやっておくのが、高く買い取ってもらうためには必要なのです。高く買い取ってもらうことで、ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)を安く処分することにつながります。

木製ベッドの傷は…

木製のベッドの傷は、ホームセンターで売っている木製家具の補修キットをご活用ください。大きな傷の修復は難しいですが、使用上ついてしまった浅い傷は隠せます。

できるだけ解体して自治体の処理施設へ直接搬入!

買取りや売却もできない状態で、処分しか考えられないときは自治体に粗大ゴミ回収を依頼する方も多いでしょう。
しかし、収集日の指定や指定場所まで運び出す手間がかかります。もし、運び出せるお車をお持ちなら、収集してもらうよりも安く処分する方法があります。

東京都の各自治体では、自治体ごとに粗大ごみの直接搬入が可能な施設があります。この処理施設は自治体から許可を受けた業者だけでなく、家庭から出た粗大ごみも持ち込めます。ただし、処理施設と同じ自治体に在住していることが条件なので、受付時に本人確認のために運転免許証などの提示を求められることを覚えておきましょう。

粗大ごみの直接搬入は自治体によって、一日の受入れ台数を制限していたり、事前申し込みが必要だったりすることもあります。スムーズに処分するためにも直接搬入をお考えなら、まずはお住まいの自治体へお問い合わせください。

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分は不用品回収業者へ依頼!

不用品回収業者におまかせ!
自治体の粗大ゴミ回収や処理施設への直接搬入、リサイクルショップやオークションなどベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分方法は手間をかけなければいけません。

こうした手間や時間をかけずにもっと手軽にベッドを処分したいなら、不用品回収業者がおすすめです。粗大ごみだけでなく、不用品ならどのようなものでも回収してくれます。
品物の状態が良ければ、買取りをしてくれるのでリサイクルショップやオークションに出すよりも早くお金に変えることができるのです。

では、ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分におすすめの不用品回収業者についてご説明しましょう。

不用品回収業者は許可を持っている業者を選ぼう

不用品回収業者はその名前のとおり、使わなくなった不用品を回収してくれる業者です。自治体の粗大ゴミ回収とは異なり、都合の良い日時を指定できたり、搬出したりしなくてもいいので負担が少ないというのがメリットとしてあげられます。

ご家庭から会社・店舗まで幅広く対応しており、家具や家財道具だけでなく家電も回収できるのです。しかし、幅広い品目を適正な方法で回収するには一般廃棄物収集運搬許可業者でなくてはいけません。
一般廃棄物収集運搬業許可は各自治体が定めている厳正な条件をクリアした業者のみ受けられるものです。

許可を受けずに不用品回収をしている業者もいますが、無許可業者は回収した品物を不法投棄する可能性があります。環境保全のために無許可業者は利用しないようにしましょう。

不法投棄は犯罪です!

ごみの不法投棄は「懲役5年または1,000万円以下の罰金」に処せられます。無許可業者だけでなく、依頼者も同様に処せられます。無許可業者だと知らなかった場合でも同様ですので無許可業者は利用しないようにしましょう。

買取りは「古物商許可」を持っているかチェック!

不用品回収をメインに行っている業者でも「古物商許可」を持っている場合、買取りを依頼することもできます。不用品を適正な回収・処分ができる業者の証明として「一般廃棄物収集運搬業許可」を説明しましたが、古物商許可は中古品の売買をするために必要な許可になります。上記でもご紹介したリサイクルショップにも必要な許可です。

古物商許可を取得すると許可番号が与えられます。業者は適正な中古品売買ができる証明として、店舗の見えやすい位置やHPに許可番号を掲載しています。

「回収ではなくて、買取りしてくれないかな…」と思ったら、気になる業者のHPに古物商許可の許可番号がないか探してみましょう。

古物商許可を持たない中古品売買は犯罪です。「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」に処せられます。

ベッド以外の不用品も回収可能!

不用品回収業者はベッド(2段ベッド・ロフトベッド)以外の不用品も回収してくれます。
1回の申込みに何点までと制限が設けられている自治体もありますが、不用品回収業者はそのような制限はありません。引越しや大掃除で出るたくさんの不用品も品目を問わず、すべて回収できます。

回収料金や作業内容についての疑問にも優良業者なら、丁寧にわかりやすく説明してくれます。見積もりの作成は無料で承っているところが多いので、気になる不用品回収業者を見つけたら見積もりを依頼してみましょう!

まとめ

ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分を検討されている方に役立つ情報をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。3つの処分方法はそれぞれメリット・デメリットがあるため、ご自身がどう処分したいかによって適切な方法が異なります。そのため、処分時の注意点もあわせてご紹介しました。

こうした手間や時間をかけずに処分したい方は、関東エリア内に特化して不用品回収をしているエコアールへお任せください。
不用品回収はもちろん、大量ごみの回収やごみ屋敷の片付け、遺品整理を承っています。ご依頼いただければ最短30分でお伺いいたしますので、ベッド(2段ベッド・ロフトベッド)の処分でお困りならエコアールまでお気軽にご連絡ください!

NO IMAGE:pagetop