立川市に粗大ゴミ回収(廃品回収)の依頼はどこにすればいい?

立川市の街並み

都心へのアクセスの良さから人気の高い立川市は、商業施設も充実しているのでファミリー層からも高い支持を得ています。立川市を活気づけるために様々な取り組みがされており、ごみ・リサイクルについてもルールを設けて、守るように呼び掛けをしています。

燃やすごみと燃やせないごみは指定収集袋に入れて出すのがルールというのは、ご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、滅多に出さない粗大ごみの出し方やルールについてはわからない方も多いでしょう。

こちらでは市民だけでなく、移住検討者も参考にしてほしい立川市の粗大ゴミ回収(廃品回収)についてご紹介します。

立川市で粗大ごみを捨てるにはどうすればいい?

立川市ではごみの減量だけでなく、資源の有効活用するためリサイクルに取り組んでいます。ごみの種類に合わせて適切な方法で処理をしても、たくさんの温室効果ガスが発生するので普段からごみの減量を意識しなければなりません。

立川市に粗大ゴミ回収(廃品回収)してもらうには、粗大ごみ受付センターにお申込後、粗大ごみ処理券を購入して貼り付けなければいけません。
では、環境保全のために知っておきたい立川市で粗大ごみを捨てる方法をご紹介しましょう。

立川市で粗大ゴミ回収を依頼する方法

立川市へ粗大ゴミ回収を依頼するには、立川市の粗大ごみ受付センターへお電話でのお申込が必要です。

名称 粗大ごみ受付センター
電話 042-531-5311
受付日 月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
受付時間 午前9時~午後4時

お申込時に収集日・粗大ごみ処理券の購入方法が伝えられますので、メモを用意しておきましょう。収集日の指定はできませんが、申込日から5日~10日後が目安になります。
収集してほしい粗大ごみの品目・サイズ・数量を伝えられるようにしておくと、申込もスムーズです。

収集日の午前8時までに伺いますので、戸建ては玄関先・集合住宅は1階の目立つ場所にごみを出しておきましょう。

粗大ゴミ回収には「粗大ごみ処理券」が必要

立川市で粗大ゴミ回収してもらうには、「粗大ごみ処理券」が必要です。粗大ごみ処理券は下記の店舗で取り扱っていて、1,000円券と300円券の2種類があります。

平成30年度粗大ごみ処理券・し尿処理券取扱店

※平成30年4月1日現在

ご覧いただいてわかるようにコンビニや商店、立川市の施設で取り扱っています。粗大ごみ処理券はポイント合計数によって購入枚数が異なります。
多くの枚数を購入しがちですが、粗大ごみ処理券は払い戻しができないので、必ず粗大ゴミ回収の申込後に購入しましょう。

粗大ごみは品目ごとにポイントがある

立川市の粗大ゴミ回収で必要な粗大ごみ処理券を購入するなら、購入枚数を知っておきたいものです。
そのためにはまず、下記のポイント別料金表をご覧ください。

ポイント合計数 粗大ごみ処理券枚数 購入金額
1P~10P 1,000円券1枚 1,000円
11P~13P 1,000円券1枚と300円券1枚 1,300円
14P~16P 1,000円券1枚と300円券2枚 1,600円
17P~19P 1,000円券1枚と300円券3枚 1,900円
20P 1,000円券2枚 2,000円

このポイント別料金表を見れば、申込前に粗大ごみ処理券を購入できそうですが、上記でもご説明したように払い戻しはできません。
そこで、申込前に粗大ごみの品目によって異なるポイントを知っておくと購入枚数がわかります。立川市では特に申込の多い品目のポイントを一覧で見ることができます。

特に申し込みの多い品目のポイント

年に1回の大掃除やライフステージの変化で、このような粗大ごみが出ることもあるでしょう。粗大ゴミ回収は1回につき最大20Pまで申込可能です。上記の表を参考に、損をしない品目を組み合わせて処分計画をたてましょう。

粗大ゴミ回収の減免制度

立川市では、生活保護受給世帯など一定要件に当てはまる世帯である場合、粗大ゴミ回収手数料の減免制度を利用できます。

生活保護受給者

粗大ゴミ回収の申込時に生活保護受給者であることを伝えましょう。また、申込後は下記の生活福祉課へ粗大ゴミ回収を依頼したことをご連絡ください。

名称 立川市生活福祉課
電話 042-523-2111(内線1540・1550)
営業時間 午前8時半~午後5時
休日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始の開庁日

障碍者手帳を持っている

下記の障害者手帳にくわえて、市民税非課税であれば減免対象世帯になります。

該当する障碍者手帳の種類
  • 身体障害者手帳1級または2級
  • 精神障碍者保健福祉手帳1級
  • 愛の手帳1度または2度

火災や水害に遭った場合

家財道具類が対象で2tトラック1台分まで収集可能。申込時に「り災証明書(複写可)」が必要なので、下記へ相談・発行をご依頼ください。

火災 立川消防署:042-526-0119
水害 立川市防災課:042-523-2111(内戦)2531

立川市で粗大ゴミを処分するときの注意点

処分するときの注意

立川市へ粗大ゴミ回収を依頼するなら、知ってほしい注意点があります。立川市では同世帯から1カ月以内の粗大ゴミ回収依頼は受け付けていません。
また、引っ越しや大掃除で出た大量のごみは立川市では収集しておらず、ご自身で処理施設に持ち込まなければならないのです。では、立川市で粗大ごみを処分するときの注意点をご説明しましょう。

同一世帯は収集日から1カ月以内の再収集は無理

立川市へ粗大ゴミ回収してもらうには、上記でもお伝えしたように事前申込が必要です。
1回で20Pの上限があるので処分したい粗大ごみが複数あって20Pを超える場合、分けて出せばいいと考える方は多くいらっしゃいます。
しかし、立川市では同一世帯で収集日から1カ月以内の再収集は受付けていません。
もし一度収集してもらった後に粗大ゴミ回収を依頼するなら、収集日から1カ月を超えてから依頼しましょう。
また、粗大ゴミ回収の申込後、品目の変更・追加は収集予定の前日の午前12時までにご連絡ください。

引っ越しや大掃除で出た大量ごみは回収不可

立川市へ粗大ゴミ回収を依頼するとき、収集可能な品目でも回収できないケースがあります。
引越しや大掃除では大量のごみや不用品が出ることもあるでしょう。このような大量ごみや不用品は、正しく分別すれば通常のごみとして出せますが、まとめて処分するために立川市への依頼はできません。
大量のごみが燃やせるごみ・燃やせる粗大ごみなら清掃工場への持込が可能です。

項目名 立川市清掃工場
電話 042-536-2921
受付日 月曜日~金曜日(祝日含む)
受付時間 午前8時半~午後12時・午後1時~午後4時
持込可能なごみ 燃やせるごみ・燃やせる粗大ごみ

立川市民であることを確認するため、下記の証明書のいずれかをお持ちください。

  • 運転免許証
  • 国民健康保険証
  • 住所記載済みの身分証明書
  • 直近の公共料金領収書
  • 消印付郵便物

やむを得ず証明書が用意できないときはお電話でご相談ください。
立川市清掃工場へ持込むときは粗大ごみ処理券は購入不要。しかし、以下の手数料が必要です。

家庭ごみ 1kgあたり30円
一般家庭のおむつ(ペット用不可)、落葉・雑草は分別すれば手数料無料
事業系ごみ 1kgあたり40円

料金は10kg単位で計量します。手数料は持込1回ごとに現金払いですので用意しておきましょう。
家庭で栽培した植物は持込不可、あまりにも大きい基準から外れる場合も処理できませんのでご注意ください。

燃やせるごみでも内部に電池が使用されている場合、清掃工場の火災やシステムの破損につながる可能性があります。取外して有害ごみで処分しましょう。

立川市の総合リサイクルセンターへ持ち込む

不用品を処分するために持ち込む

立川市総合リサイクルセンターは、立川市清掃工場で処理できない資源・燃やせないごみ・燃やせない粗大ごみが持込めます。ただし、事業系ごみや木製品の家具など燃やせるものも持込めません。
では、立川市の総合リサイクルセンターへ持込可能なごみについてご紹介しましょう。

名称 立川市総合リサイクルセンター
住所 東京都立川市西砂町4-77-1
受付日 月曜日~金曜日(祝日含む)
受付時間 午前8時半~正午・午後1時~午後4時
持込可能 持込不可
  • 資源:プラスチック・ペットボトル・ビン・缶
  • 紙類:段ボール・新聞・雑誌・雑紙など
  • 布類
  • せん定枝など
  • 燃やせないごみ
  • 有害ごみ
  • 燃やせない粗大ごみ
  • 燃やせるごみ
  • 燃やせる粗大ごみ
  • 処理困難物
  • 家電リサイクル法対象製品
  • パソコン

総合リサイクルセンターへ持込むときの注意点

表でもわかるように、総合リサイクルセンターにはどのようなごみでも持込めるわけではありません。直接持込むには立川市民である証明が必要です。
そのため、清掃工場と同様に運転免許証など住所が記載されている本人確認書類がなければ受付けてもらえません。

粗大ごみ処理券の購入は不要、計量で算出された手数料を現金でお支払いください。
万が一、手数料無料のごみでも正しく分別されていないと有料になるので、持込むときはしっかりと分別しましょう。

不明点や疑問点は立川市の環境下水道部ごみ対策課、または下記のPDFで持込先をご確認ください。

名称 立川市環境下水道部ごみ対策課
電話 042-531-5518
FAX 042-531-5800
持込先を確認しよう

資源とごみの分別一覧表【50音順】

立川市で処分できない品目はどうやって処分する?

どうやって処分すればいいのか困っている

立川市では清掃工場や総合リサイクルセンターへ直接持込めば、事前に粗大ごみ処理券を購入しなくても処分できます。
しかし、収集も直接持込めない粗大ごみはどのように処分すればいいのでしょうか。
こちらでは、処分に困ることが多いごみの処分方法についてご説明しましょう。

事業系ごみは事業者が処理・リサイクルする

事業系ごみは事業者が処理しなければならないので、家庭ごみと同様の処分はできません。
あらゆる事業活動に伴って出たごみが事業系ごみとなり、事業系一般廃棄物と産業廃棄物に分かれます。
「家庭ごみとして出せる品目だから…」「量が少ないから…」という理由は通用しません。
適正な処理方法は以下のとおりです。

事業系一般廃棄物の処理方法

専用指定袋 / 40L 燃やせるごみ(オレンジ色)・燃やせないごみ(紫色)
プラスチック・ビニール・ペットボトル用(水色)
袋の価格 ごみ収集運搬手数料250円(税別)+ごみ処理手数料80円(非課税)=1枚330円(税別)
購入方法 事業所所在地ごとに指定された地域別担当業者から購入。加盟している商店会の販売所でも購入可能。
排出場所 担当業者と要相談
収集日
  • 燃やせるごみ:火曜日・木曜日・土曜日(祝日は収集不可)
  • 燃やせないごみ:第2・第4水曜日
  • プラスチック・ビニール・ペットボトル:第1・第3・第5水曜日

専用指定袋を購入できる地域別担当業者は、立川市が配布している「事業系ごみの減量とリサイクルの手引き」でもご覧いただけます。

事業系ごみの減量とリサイクルの手引き

産業廃棄物の処理方法

東京都から許可を受けている産業廃棄物処理業者へ依頼するのですが、不明なときは下記へ問い合わせるか、東京都環境局のHPで調べることができます。

(社)東京都産業廃棄物協会:03-5283-5455

事業系ごみ(産業系一般廃棄物)の中でも産業廃棄物として扱われる粗大ごみには、オフィスデスク・チェア・ロッカー・キャビネットなどがあげられます。

家電製品やパソコンも事業所から出たら産業廃棄物に該当しますが、処分する家電が家庭用の洗濯機(乾燥機)・テレビ・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)は家電リサイクル法に基づいた処分が必要です。また、パソコンも資源有効利用促進法に基づいた処分が必要ですのでご注意ください。

立川市で家電・パソコン・小型家電を処分する方法

立川市で処分できない家電製品

立川市では、平成13年に施行された家電リサイクル法に基づいた処理を推進しています。特に家電リサイクル法対象家電は、立川市のHPでも適正な処分方法の推奨や指定引取場所を掲載しています。

また、難しいパソコンの処分は国の認定業者と協力協定を結び無料で宅配回収しています。平成25年からは立川市の3カ所に回収ボックスを設置して、小型家電9品目の回収も始めました。
では立川市で粗大ゴミ回収できない家電の処分方法についてご説明しましょう。

家電リサイクル法対象製品の処分

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、洗濯機(乾燥機)・テレビ・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)に使用されている資源の再利用を目的として平成13年4月1日施行されました。

対象家電製品は、家電リサイクル法に基づいて処分しなくてはいけないので、ごみとして出すときは適正な処理のために家電量販店・メーカー・指定引取場所へ処分を依頼します。

その際にスムーズに処理が進められるように、家電リサイクル券システムが作られました。家電リサイクル券は「料金販売店回収方式」と「料金郵便局振込方式」の2つの方式があります。
リサイクル料金はメーカーごとに異なるので、詳しく知りたいときは一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのHPをご覧ください。
立川市の主な指定引取場所は日通東京西運輸株式会社になります。

名称 日通東京西運輸株式会社(立川取扱所)
住所 泉町935番地1号株式会社立飛リアルエステート内222号棟
電話 042-524-3217
営業日 月曜日~土曜日(祝日を除く)
営業時間 午前9時~午後5時(正午から1時間を除く)
家電製品は処分手続きが面倒なこともあり、不法投棄する業者も存在します。不法投棄した場合には「5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金」が科せられますので、業者へ依頼するときは許可の有無をご確認ください。

パソコンの処分

立川市は国認定のリネットジャパン株式会社と協力協定を結び、不用なパソコンを無料で宅配回収しています。
パソコンを処分するときはリネットジャパン株式会社のHPから申込ましょう。宅配事業者が指定日時に来てくれるので手間もかかりません。
また、パソコンの付属品、不用な小型家電もあわせて無料回収してもらえます。ただし、無料回収の対象は以下のとおりです。

  • パソコン1回の回収につき1箱分のみ。
  • パソコンが入っていれば小型家電を同梱していても無料。
  • 無料なのは宅配料金のみ、オプションは有料。

オプションには無料消去ソフトダウンロードサービス何台でも0円・おまかせ安全消去サービス1台3,000円(税抜)・データバックアップ&消去サービス1台15,800円(税抜)があります。

パソコンと一緒に使用するプリンター・スキャナー・HD(外付)などの周辺機器は、立川市の総合リサイクルセンターへ直接持込、または燃やせないごみ専用の指定袋(40Lまで)に入れば収集してもらえます。
ただし、しっかりと口が縛れて片手で持てる重さでなければ収集してもらえません。また、複合機プリンターは粗大ゴミ回収となるので指定収集袋では出せません。

パソコンは初期化してもたくさんデータが残っています。個人情報漏洩時に起こるトラブルはすぐに消すことはできません。
安心・安全に処分するために、専用ソフトで確実にデータ消去する業者の利用をおすすめします。

小型家電は回収ボックスへ

立川市ではリサイクルへの取り組みとして、不用な小型家電を回収ボックスで回収しています。以下に回収ボックスの設置場所や回収品目をまとめました。

市役所本庁舎1階ロビー 月曜日~金曜日 午前8時半~午後5時
子ども未来センター1階南側ロビー 月曜日~日曜日 午前8時半~午後10時
総合リサイクルセンター1階リサイクルショップ入口 火曜日~日曜日 午前10時~午後4時

立川市小型家電回収品目

設置施設の業務時間・受付時間とは異なります。
回収品目以外のものは投入しない。
携帯電話の個人情報は必ず消去すること。

立川市で粗大ゴミ回収するならエコアールにお任せください。

立川市でエコアールの粗大ゴミの回収実績・お客様の声

家電の回収を依頼!手間なくスムーズに回収してもらえました。

ボーナスで家電を買い替えることになり、古い家電の処分に困っていました。立川市に粗大ゴミ回収してもらえると思って電話したんですが、テレビや冷蔵庫は家電リサイクル法対象製品だから収集できないと言われたんです。
近所の方に相談したら、エコアールさんを紹介してもらいました。業者への依頼は初めてでしたが、電話スタッフさんの親身な対応に安心してお任せしました。立川市に粗大ゴミ回収を頼むと粗大ごみ処理券の購入が必要ですが、エコアールさんは回収前日にそのような手間がなかったので便利だと思いました。
スムーズに処分できて本当によかったです。ありがとうございました。

高齢の実父の施設入居のタイミングでエコアールへ部屋の片付けを依頼。

一人暮らしの実父も高齢になり、施設に入ることになりました。立川市のアパートに住んでいたのですが、部屋の中はキレイとはいえない状況でした。
アパートの家主から退去前に清掃しておくよう言われていたので、自分たちで清掃を試みたんですが、何年も蓄積された汚れや大量のごみはすぐにキレイにはなりません。
弟からプロに依頼しようと言われて、ネットで検索したらゴミ屋敷を片付けてくれるエコアールさんを見つけました。
ごみを分別するのは大変ですが、やはりプロの作業スピードは違いますね。
テキパキと片付ける姿がかっこよかったです。私たちではどうすることもできなかった部屋をキレイにしていただきありがとうございました。

事務所移転で古いオフィス家具やOS機器の回収を依頼!

立川市から八王子市へ事務所を移転することになりました。小さな事務所でしたが、机・椅子・棚などのオフィス家具だけでなく、プリンターやパソコンなど処分したい不用品がたくさんあったんです。
産業廃棄物処分について調べてみましたが、手続きが面倒でどうにか一般ごみとして処分できないかということも考えていました。事業系ごみの処分は面倒だと知人に愚痴を言っていたら、不用品回収業者のエコアールさんを教えてもらいました。遅い時間でしたが、営業していたので電話してみたんです。電話対応も良く、見積もりも安かったのでお任せしました。
事務所の移転手続きや新しい事務所の設備購入に時間をかけたかったので、まとめて処分できて本当に助かりました。八王子市に移転しても、またお願いしたいです。

重量のある冷蔵庫と洗濯機の回収を依頼。スタッフに感謝!

引越しのため不用品を処分することにしました。冷蔵庫や洗濯機は買い替えを検討していたのですが、立川市に粗大ゴミ回収を依頼すると1階まで降ろしてほしいと言われたんです。
高齢者ではありませんが、主人と二人で運ぶにはとても大きく、4階から階段で降ろすのは危険だと判断しました。
ネットで処分方法を調べていたら、立川市にも来てくれるエコアールさんを見つけたんです。依頼の決め手は2階以上や出張であっても追加料金がなく、定額パックが利用できるという点です。夫婦で頑張れば降ろせたかもしれない粗大ごみですが、手間を考えると多少費用がかかっても、エコアールさんに依頼して本当によかったと思いました。
暑い時間帯でしたが、最後まで笑顔で対応してくれたスタッフさんに感謝しています。ありがとうございました。

納得の見積もりと丁寧な対応。おすすめしたい業者さんです。

立川市にある実家を二世帯住宅にリフォームするため、住宅内にある不用品を処分しなければなりませんでした。
ネットで調べると、立川市を対象エリアに持つ不用品回収業者が複数出てきたので、気になった業者へ見積もり依頼のために電話をしていたんです。しかし、いくつかの業者は依頼しないなら見積もりは出さないとか、高額な見積もりを提示されて困っていました。そのため、エコアールさんにはあまり期待はしていなかったんです。
でも、とても丁寧な対応で見積もりも納得できるものでした。ちょっと値切る気持ちで安くならないか相談してみたんですが、その点についても丁寧にアドバイスをいただけました。
立川市で不用品回収を依頼するなら、エコアールさんはおすすめです。あまり宣伝はしていないようなので、ご近所の方に教えておこうと思います。

思い出いっぱいの家具の回収を依頼。丁寧に扱ってくれてありがとう

子供たちが自立して都心へ出ていきました。しかし、幼少期から使用していた家具などはそのままで、処分しなければならないと思って数年経過していたんです。
主人と二人で暮らすためのリフォームを検討していたこともあり、処分のために以前利用したエコアールさんにお電話してみました。以前は家電を数点回収してもらったんですが、今回はベッドやタンスなどかなり量があります。
子供たちに処分を伝えたら、作業当日手伝いに来てくれました。エコアールのスタッフさんは、処分する家具など一つ一つ丁寧に扱ってくれたのでうれしかったです。思い出の品ですので、少し寂しい気持ちもありましたが、子供たちが納得してくれたので良かったと思っています。回収後の清掃もありがとうございました。また、よろしくお願いします。

定額パックを利用。充実のサービスと丁寧な対応は自治体より◎

年に一回の大掃除だからこそ、処分したいものってたくさん出てきますよね。週に1回の収集日に出すのも手間がかかるから、トラックを借りて直接処理施設に持ち込んでしまおう!と考えていたんです。
でも、立川市は清掃工場と総合リサイクルセンターの2か所へ持込めるようですが、処分したい品物にはどちらも引き取り対象外の家電が含まれていました。他にも燃やせるごみと燃やせないごみに分別しなくてはいけないなどルールも細かくて…。
エコアールさんの定額パックは本当に便利そうで、お電話で見積もりを聞いてみました。立川市の処理施設で処分するよりも費用を抑えられたので助かりました!充実のサービスと丁寧な対応に満足です。ありがとうございました。

穏やかな遺品整理ができたのはエコアールさんのおかげです。

エコアールさんには、祖母の遺品整理でした。祖母が他界した直後、すぐに遺品整理にとりかかる気力はありませんでした。気持ちが落ち着いてきて、親族からもそろそろ整理しようと声があり、一番近くに住んでいた私が指揮をとることになったんです。
初めての遺品整理なので何から手をつけたらいいのかわからず、ネットで遺品整理をしてくれる業者をいくつか見つけました。不用品の処分も同時に頼めたのがエコアールさんだったんです。
電話でこちらの気持ちを汲み取っていただき、当日も祖母の遺品を丁寧に扱ってもらって感謝しています。費用は親族で出し合って支払ったのですが、良心的な価格で驚きました。
心穏やかに遺品整理を終えられたのは、エコアールさんのおかげです。ありがとうございました。

NO IMAGE:pagetop