ベッドの処分を横浜市でするときの費用は?4つの方法別に解説!

家具の処分は何でも大変なものですが、特にサイズが大きくて困るのがベッド。横浜市でも「ベッドを処分したいけど、どうすればいいかわからない」という方は多いでしょう。

ベッドに限らず、家具を処分するときのルールや費用は、自治体によって違いがあります。そのため、横浜市で処分するときにも「横浜市のルール・費用」を知っておくことが必要です。

ここでは、そのような知識を得てスムーズにベッドを処分していただけるよう、横浜市でのベッドの処分方法と、必要な費用を解説していきます。

横浜市でベッドの処分にお困りなら弊社にお任せください!
1点から回収可能!あなたのお家まで無料で回収に伺います!
他社より高い場合はさらに値引きをさせていただきます!
NO IMAGE:ctaMain__phone
受付時間9:00-19:00土日休まず営業中
NO IMAGE:ctaMain__mail

横浜市でベッドの処分にかかる費用・方法別4選

電卓

ベッドの処分にかかる費用は、粗大ごみのルールなどによって変わります。そのため、都道府県や市区町村によって異なるものです。

ここでは、横浜市でベッドを処分するとき、方法ごとにどのような費用がかかるのかを解説します。

粗大ごみ…2000円が目安

粗大ごみ

まず、粗大ごみに出せるサイズ・素材であれば「2000円」が目安となります。これは「枠…1000円、マットレス…1000円」の合計です。片方だけ捨てるなら1000円で可能となります。金額のルールは下の通りです。

ベッド(枠のみ)…1000円
ベッド・マットレス(スプリング無し)…1000円
ベビーベッド…500円
横浜市・粗大ごみ処理手数料表(品目別)の「家具・寝具・建具」の段落

ただ、ほとんどのケースではベッドの処分は「両方捨てる」はずです。そのため「2000円」を目安にするといいでしょう。

業者…9000円前後から

業者

不用品回収業者に依頼する場合は、業者によって値段が変わります。しかし「ベッドだけ」という条件なら、安くて9000円前後からです。

これはベッドに限らず「何か一品だけで回収を依頼する」というときの相場だと考えてください。業者も人件費を確保する必要があり、ガソリン代や車両のメンテナンス費用などもかかります。

そのため、処分する品物が1点だけでも、9000円程度は必要になるのです。9000円~1万円程度の料金であれば、その業者の料金体系は健全であると考えていいでしょう。

なお、弊社エコアールでは一品だけの場合は、8800円から承っております。ショートパックというプランで、1平方メートルの不用品までお受けできます。

ベッドについては素材や構造にもよるため、まずはお気軽にご相談いただけたら幸いです。軽い素材や分解しやすい構造であれば、この8800円のプランでお受けできるでしょう。

持ち込み…2000円+ガソリン代

自分で直接処分場に持ち込む場合も、粗大ごみに出すのと同じ費用がかかります。「それでは持ち込む意味がない」と思うかもしれませんが、下のような点では有利です。

  • いつでも好きなときに処分できる
  • 粗大ごみでは回収してもらえないサイズでも持ち込める(可能性がある)
  • 同じく、粗大ごみでは不可という素材でも持ち込める(ことがある)

2つ目と3つ目についてはケースバイケースです。実は、横浜市に限らずクリーンセンターはどんな物でも引き受けてくれるわけではない点に注意しましょう。

「クリーンセンターでダメならどこに持ち込めばいいのか」と思うかもしれませんが、これは下のような選択肢になります。

  • 横浜市が指定する産廃業者などに依頼する
  • 分解すればいい物だったら、分解する

後者については、たとえば「金属と木材」が一緒になっていたら、分解するように言われます。ベッドだけでなく、他の家具や家電製品でも同じです。

そのように「分解してもダメ」というパターンは、素材が特殊だったり、あまりに大きかったりする場合です。ただ、ベッドに関しては基本的にそれほどのものはないといえるでしょう。

解体して可燃・不燃ごみに…500円程度+道具代

ゴミ捨て場

ベッドを自分で解体すれば、木材なら燃えるゴミ、金属やプラスチックなら燃えないゴミ・埋め立てごみ・金属ごみなどに出すことができます。

このときの費用ですが、指定ごみ袋の値段だけなら500円程度になるでしょう。意外と高いと思われるかもしれませんが、これは下のような理由からです。

  • ベッドは解体しても大量の廃材が出る
  • そのため、大きめの袋が必要になり、枚数も多くなる
  • その合計が500円程度になることが多い

もちろん、すべて燃えるごみか、不燃ごみが混ざるかで変わってきます。しかし「袋代だけでもそれなりにかかる」ということは理解して下さい。

また、特に金属の素材を切断するときなど、専用の道具が必要になります。それを買う場合は、その金額もかかります。もし道具を買うのであれば「業者に依頼する費用」より高くなるため、基本的には避けた方がいいでしょう(道具を買うくらいなら、業者に依頼する方がおすすめといえます)。

解体のポイント(ベッドの素材別)

ベッドの解体

他の自治体と同様、横浜市でも「ベッドを自分で解体して捨てる」という選択肢があります。ここではベッドの素材や構造別に、解体処分の方法を説明していきます。

木製…ノコギリ等で細かく切断する

もしすべて木製なら、解体した後でノコギリなどで細かく切断すれば、燃えるごみとして出すことができます。もちろん、木材である以上は重みがあります。

そのため、ただ細かくするだけでなく「捨てるときも少しずつ分けて」捨てるようにしましょう。そうすれば、重みで袋が破れることもありません。

金属製…専用工具で切断すれば金属ごみ

金属製のベッドの場合、構造にもよりますが「専用の工具があればかなり細かくできる」ものです。金属に関する専用工具というのは、下のようなものがあります。

  • 金属のこぎり
  • 金属バサミ
  • ディスクグラインダー
  • 金属用ジグソー

それぞれの詳細は検索していただくとわかりますが「怖そうだな」と思ったら、やめておきましょう。そもそもこれらの工具の方が、業者にベッドの回収を依頼する料金より高いものです。あくまで「これから何度も同じような作業をする人」のみが買うべきものといえます。

すのこベッド…分解は簡単

すのこベッドは素材としては木製ですが、普通の木製ベッドより断然分解がしやすいもの。すのこベッドと一口に言ってもさまざまなタイプがありますが「本当にただのすのこ」という場合は、簡単に分解できます。

ドライバー・テコ・金槌・のこぎりなどの道具があれば、少々時間と手間はかかりますが、かなり細かく分解できるでしょう。1枚ごとの板の重さもほとんどないため、燃えるごみとして捨てることも容易です。

ベッドの持ち込み処分、横浜市でのルールは?

クリーンセンター

ベッドの処分は、横浜市のルールでは「普通の粗大ごみの収集で可能」となっています。しかし、下のような理由で粗大ごみに出せないこともあるでしょう。

  • キングサイズ・クイーンサイズなどの大きなベッドである
  • 粗大ごみの収集日まで待てない
  • 特殊な素材なので、粗大ごみでは引き受けてもらえない

このような場合は、自らクリーンセンターなどに持ち込むことになります。ここでは、そのときのルールを「横浜市の場合はどうか」という内容で解説していきます。

事前に搬入日時の申し出が必要

横浜市で、クリーンセンターや処分施設に直接ベッドを持ち込む場合、事前に市に連絡する必要があります。住所などを告げると、市の側で搬入の場所や手数料などを指定してくれます。それに従って、稼働時間内の希望の日時で持ち込みます。

このことは、横浜市の公式サイトで下のように説明されています。

お申込み時に、搬入日時をお申出ください。搬入場所、手数料(市が収集する額と同額)をお知らせします。
事前にお申込みがない場合には、搬入することはできません。
粗大ごみを直接持ち込む場合(横浜市)

手数料は粗大ごみの時と同じ

横浜市の場合、ベッドを持ち込んで処分するときの費用は、粗大ゴミの収集に出すときと同じです。上の段落の引用文の中で「市が収集する額と同額」と書かれていることでもわかります。

収集に出すときの手数料とは?

これは「粗大ごみ」の段落で解説した通り、下の金額になります。

  • 枠だけ…1000円
  • マットレス…1000円
  • ベビーベッド…500円

マットレスについては「スプリングなし」という条件になっています。スプリングは金属なので、分解して処分する必要があるためです。

マットレスの中にスプリングが入っている場合は、持ち込みの処分のみとなるはずです。また値段も変わるでしょう。スプリングの内容にもよるかもしれませんが、一度横浜市の資源循環局に問い合わせるようにして下さい。

市内4か所の施設に持ち込める

クリーンセンター

横浜市では、ベッドなどの粗大ごみを自分で持ち込める処理施設が4か所あります。一覧にすると下の通りです。

  • 鶴見資源化センター
  • 港南ストックヤード
  • 長坂谷ストックヤード
  • 神明台ストックヤード

どこに持ち込むかは、事前の申し出のときに決まります。大抵は最寄りの施設が指定されるはずですが、場合によっては別の場所を指定されることもあるでしょう。

それぞれの住所

参考までに、それぞれの住所を大まかに示すと下のようになります。

  • 神明台ストックヤード…泉区
  • 長坂谷ストックヤード…緑区
  • 港南ストックヤード…港南区
  • 鶴見資源化センター…鶴見区

港南と鶴見は名前がそのまま区と一致しているのでわかりやすいでしょう。神明台や長坂谷も、地元の方ならわかるかと思います。

何にしても、横浜市内だけで4か所あるため、持ち込む場所で困ることは少ないでしょう。

横浜市でベッドを無料で捨てる方法

喜ぶ主婦

横浜市に限らず、どの自治体に住んでいる人でも「できればベッドでも何でも無料で処分したい」と考えるものでしょう。ここでは、横浜市でベッドの処分を無料でする方法について説明していきます。

リサイクルショップに売る

まず定番といえるのが「リサイクルショップに売る」という方法です。リサイクルショップは家電や楽器、ゲームソフトなどを扱う店舗(たとえばハードオフなど)が多いですが、個人店では家具も多く扱っています。

特にブランドもののベッドなどは単価が高いため、店舗のスペースを占領していても、それなりに利益を出せる見込みがあります。そのため、高いベッドはリサイクルショップでも売れる可能性が高いものです。

売れれば無料で処分するどころか、こちらが利益を手にすることができます。もちろん、かなり場所をとる商品なので、値段はそれなりに安くなるでしょう。

それでも「無料で処分できるならそれで十分」という方には、リサイクル店に売る方法もおすすめです。大手のチェーン店なら生活倉庫などで引き取ってもらえることが多いでしょう。

クラシファイドサービスを使う

クラシファイドサービスとは、いわゆる「譲ります・もらいます」の掲示板です。クラシファイドとは「分類された」という意味ですが、昔の新聞では「地域別の紙面」などにこうした情報が書かれていたため、この呼び名が定着しました。

横浜市は人口が300万人以上と多いため、ベッドをもらいたいという人もすぐ見つかります。横浜市内なら輸送も簡単なため、この方法での処分はしやすいでしょう。

具体的なサービス名としては「ジモティー」などを使うといいかと思います。

買い換えと同時に家具店に引取依頼

もしベッドの買い替えを検討しているのであれば、その家具店に引取りを依頼する選択肢もあります。これは次の段落で解説しますが、無印良品・ニトリなどは、これらの店舗で新しいベッドを買うのであれば、下取りをしてもらえます(ニトリは有料ですが、無印良品は無料です)。

また、イケアも「同社の商品なら買取り可能」という条件になっています。これらの詳細は次の段落をご覧ください。

横浜市でベッドの下取りをしてくれる家具販売店

無印良品のベッド

「ただベッドを処分するのでなく、新しいものを買う予定」という場合、家具販売店に下取り・引取りをしてもらうという手があります。ここでは、横浜市に店舗がある販売店にしぼり、そのルールなどを解説していきます。

無印良品…購入すれば原則無料で引取り

ベッドに限らず、家具や衣服、生活用品などを無印良品で揃えているという人もいるでしょう。無印良品では、ベッドを含めた不要家具の引取りに対応しています。

もちろん、これには条件があり、下のような内容となっています。

  • 買った商品と「同じ種類」「同じ数」であること
  • 対象商品であること(ベッドは対象)
  • 不用品引取りのみは不可

要は「新しいベッドを無印で購入すれば、古いベッドは引き取ってくれる」ということです。気になる「対象商品」ですが、ベッドについては下のような種類がすべて対象となっています。

  • ベッド各種
  • ベッド用マットレス各種
  • 脚付きマットレス各種

このような条件なので、少なくとも無印で売っているベッドであれば「全部OK」と考えていいでしょう。他の家具店で購入したキングサイズのベッドなどは厳しいかもしれません。

しかし、ダブルサイズ程度だったら、どこで買ったものでも回収してもらえる可能性が高いです。これについては無印良品の担当者の方の判断になるため、事前に問い合わせをしてから新品を購入するようにしましょう(何を買うかによっても引取りのルールが変わるため)。

基本無料だが3000円かかるケースも

1000円札

無印良品の下取りは原則無料ですが、3000円が必要になることもあります。これは大型商品で吊り下げが必要な場合です。

「どのくらいで大型というのか」が気になるでしょうが、これは「階段やエレベーターで運べない」ものです。たとえばセミダブルベッドでも、アパートの階段などを通れなければ、それで追加料金の3000円がかかります。

場合によっては「シングルでも通れない」ということがあるかもしれません。たとえば「他の住民の方が廊下に洗濯機などを出していて通れない」などのケースですが、こうした場合は「シングルでも追加料金が必要になる」という可能性があります。

どのようなときに追加料金がかかるかはケースバイケースですが、要は「ベランダなどから吊り下げで回収することになった場合」と考えてください。

横浜市の無印良品の店舗

横浜市には、多数の無印良品の店舗があります。一部を書き出すと下記の通りです。

  • 横浜ジョイナス店
  • そごう横浜店
  • 新横浜プリンスペペ店
  • 東急プラザ戸塚店
  • オーロラモール東戸塚店
  • 青葉台東急スクエア店

他にも多数あり、合計約15店舗となります。時期によって店舗が増減している可能性もあるので、おおよそ15店と考えてください。

すべての店舗がベッドの無料下取りに対応しているとは限りません。ご自身が購入する予定の店舗で、事前に問い合わせしてから買うようにしましょう。

ニトリ…配送員設置商品なら3000円で対応

ベッド

ニトリも、新品のベッドを買えば古いベッドを引き取ってくれます。ただし「配送員がベッドを設置する」という条件です。

この場合、どの道配送員があなたの家に訪問するので、「そのついで」に引取りをしてくれるということ。逆にいえば、配送員が設置しない商品だったら「ついで」にならないので、サービスをしてくれないということです。

配送員が自宅まで来るのに、引き取ってくれないのか?

これは「配送だけなら、運ぶ人はニトリの人ではない」という点を理解する必要があります。配送だけなら、クロネコヤマト・佐川急便などのスタッフさんが運ぶわけです。

配送員が設置するということは、ニトリのスタッフさんが来るか、ニトリと提携している運送業者のスタッフさんが来ます。このようなときは「ついでに引取りできる」ということです。

費用は必ず3000円かかる

無印良品の場合は「吊り下げが必要なときのみ3000円」という条件でした。しかし、ニトリでは「必ず3000円」となります。

この点では、ニトリより無印良品の方がサービスがいいと思うかもしれません。しかし、最終的には引取りサービスよりベッド自体の値段と質の方が重要です。

その点で、無印良品とニトリのどちらが優れているかはわかりません。利用者の評判や口コミでも、意見が分かれるでしょう。

何にしても、とりあえずニトリでは「引き取ってもらう場合も3000円必ずかかる」と理解して下さい。

イケア…家具下取り・還元サービス

イケア(IKEA)は「イケアで購入した家具限定」という条件で、下取りをしてくれます。これは無料で引き取るのではなく、買い取るものです。

必ず買い取ってもらえるとは限りませんが、一定以上の条件であれば「こちらがお金をもらえる」ということです。「イケアのベッドのみ」という条件になりますが、もし該当するなら便利なサービスといえるでしょう。

横浜市で対象の店舗は?

これは「IKEA港北」です。神奈川県公安委員会の古物商許可も受けており、ホームページに許可番号も記されています。

査定はオンラインでできるので、イケアのベッドを処分したいと考えている方は、試してみるといいでしょう。

まとめ

オペレーターの女性

住んでいる場所が横浜市でもどこでも、ベッドのような大型家具の処分は大変なもの。しかし、こうしたものを一度処分すると「経験値」が大幅に上がります。

その後、もっと小さな家具や家電製品なら「余裕で処分できる」と思うようになるでしょう。世間では「何かを手に入れる能力」は注目されますが、「捨てる能力」については、過小評価されています。

2000年に『捨てる!技術』という本が大ヒットしましたが、不用品を捨てるにも「技術」がいるのです。ベッドのような「大物」を捨てることは、その技術を大きく伸ばす機会だといえるでしょう。

スムーズに処分したい場合は、ぜひ業者にご相談ください

いい機会とは言っても「粗大ごみで回収してもらえない」「収集日まで待ちたくない」「自分で解体するのは無理」という方は多いかと思います。そのようなときは、ぜひ弊社のような不用品回収業者をご利用ください。

文中でも書いてきた通り「わざわざ道具を買って解体する」くらいなら、業者に頼む方が断然安上がりです。基本的には「粗大ごみ、業者、新品との買い換え」のいずれかになるでしょう。

これらの選択肢の中で「業者に頼むのが一番いい」と感じられたら、ぜひ弊社にお気軽にお問い合わせください。横浜市はもちろん、近隣の市区町村でも最短即日お伺いすることが可能です。

お見積りやご相談などはすべて無料ですので、ご不明な点などがありましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。ベッドや不用品の処分を通じて、横浜市に住む方々のお役に立てたら幸いです。

NO IMAGE:pagetop