一軒家の片付け費用の相場は?片付け業者の選び方も重要なポイント

一軒家の片付け費用の相場は?片付け業者の選び方も重要なポイント

「一軒家の片付け費用ってどれくらいかかるんだろう。」「最近は悪質な業者もいるって聞いたことがあるけど、いい片付け業者の選び方ってあるのかな」初めて片付け業者を使おうかどうか考えると、わからないことがたくさん出てきて不安ですよね。

また、実家に住んでいるのが高齢の両親だけになってしまった、実家までは遠いから片付けに行くのも面倒。そんなときにも、片付け業者を活用すれば、ご実家を簡単に綺麗に片付けることができます

片付け業者を使うかどうか悩んでいる方、片付け業者に依頼をしたいけど、悪質な業者に頼んでしまったらどうしようかと心配されている方。そんな方へプロの視点から、片付け業者を使った場合の料金相場やメリットデメリット、いい業者の選び方まで徹底的に解説いたします。

遺品整理など一軒家の片付けは業者に頼むのがベスト

一軒家 片付け 業者におまかせ

一軒家の片付けを自分でやるか、業者に依頼して片付けてもらうか悩んでいるなら、業者に頼んで片付けてもらうことがおすすめです。一軒家を片付けるとなると、遺品整理や自分で片付けができない高齢な両親の住む実家、ゴミ屋敷のように物が増えすぎてどう片付けていいのかわからないようなケースが多いと思います。

 

2LDK、3LDK、4LDKなど、一軒家を自分の力や自分と家族の力だけで片付けるのは至難の技です。業者に頼めば費用はかかりますが、それだけのメリットもたくさんあります。

  • 不用品と必要なものを分別すること
  • 不用品を搬出・処分すること
  • 片付けた後の清掃をすること

業者に頼めば、全てをプロがやってくれるんです。片付けたい一軒家のことを想像してみてください。それを全て自分で片付けようと思うとどれくらい時間がかかると思いますか。実際には、想像した以上にかなりの時間がかかると思っておいた方がいいです。それくらい、一軒家の片付けというのは大変な作業になります。

片付け業者に頼むメリット・デメリット

一軒家 片付け業者 メリットデメリット

では、自分で片付ける場合と業者に頼んだ場合でどのような違いがあるのか。それぞれのメリットとデメリットを見ながら考えていきましょう。

自分で片付けるメリット・デメリット

ここでは、住んでいる自宅ではなく、遺品整理や実家の片付けを想定して、自分や家族と一緒に片付けをすることを想定してメリットとデメリットを見ていきます。

メリット

  • かかる費用は掃除用具や粗大ゴミの最低限の処分費用のみ
  • 他人が関わらないのでセキュリティ面では安全

デメリット

  • 自分たちで必要なものと不要なものの選別をしなければならない
  • ゴミの分別を自分たちでしなければならない
  • 粗大ゴミの処分方法を一つずつ確認しなければならない
  • 片付ける労力に加えて粗大ゴミの搬出の手間もかかる
  • 大きな粗大ゴミは自分一人では持ち運べない
  • 部屋の大きさやゴミの量によっては一日や二日では終わらない
  • 実家へわざわざ移動しなければならない
  • 実家への交通費や移動時間がかかる

自分で片付けるメリットはなんといっても費用が安く抑えられること。あとはプライバシーやセキュリティを意識する方にとっては、知らない人を家にあげなくてもいいということも考えられるかもしれません

しかし、デメリットの方が圧倒的に多いです。遠方の実家であれば移動時間や交通費もバカにはなりませんので、費用もある程度かかってしまいます。ただ片付けるというと簡単そうに聞こえますが、実際にはゴミの分別や搬出、処分にかなり手間がかかります。

冷蔵庫やテレビなどは家電リサイクル法の対象品なので、自治体では基本的に処分してくれません。そのため、処分するために不用品回収業者などへ依頼する必要が出てきます。また、重くて搬出が難しいダイニングテーブルやソファ、食器棚など、自分たちで処分できないようなものが一軒家の中にはたくさんあります

結果として、安くつくと思ったら処分費用が後から必要になり、気づけば業者に頼むのとそれほど金額に大きな差がなくなるということも考えられます。

業者に片付けてもらうメリット・デメリット

では、業者に頼むことでどんなメリットやデメリットがあるでしょうか。

メリット

  • 必要なものと不要なものを分別してくれる
  • ゴミの分別をしてくれる
  • ゴミの処分は全ておまかせで大丈夫
  • 重いものもプロが安全にしっかりと搬出してくれる
  • 数時間であっという間に綺麗に片付けてくれる
  • 片付けに立ち会う人が一人いればいいので複数人でいく必要がない
  • 家族の誰にも負担をかけなくて済む

デメリット

  • 自分で片付けるよりは費用がかかる
  • 業者によって対応が全然違う

片付け業者に頼めば、自分で片付けることのデメリットを全て解決してくれます。家族数名が集まって片付けをするにはみんなの労力や時間が必要ですが、業者に依頼すれば立ち会う人が一人で済みます。家族みんなで少しずつ費用を負担すれば、一人ずつの費用の負担も減らせるので安心です。

いざ自分たちで片付けようと思っても、処分や搬出などで業者に依頼する必要が出てくることがほとんどなので、初めから業者に依頼してしまうのが一番です。自分たちでやってみたものの、やっぱり無理だとなって業者にお願いすると、自分たちの時間や労力を費やしたうえに費用までかかってしまいます。大きい家具や大量の物がある場合には片付け業者へ依頼をしましょう。

一軒家の整理・粗大ゴミ回収の片付け業者料金相場

片付け業者の料金は業者によって異なってきます。さらに、実際の状況による違いやオプションが付くことによって料金もかなり変わってきますので、料金は見積もりを出してもらわないとわからないというのが現実です。
参考程度に料金相場をまとめてみました。

1K・1R 30,000円〜
1DK 60,000円〜
1LDK 90,000円〜
2DK 110,000円〜
2LDK 130,000円〜
3DK 160,000円〜
3LDK 200,000円〜
4LDK以上 220,000円〜

注意していただきたいのは、全て「〇〇円〜」となっていることです。家の広さで区切っていますが、実際の片付けるものの量によって上限はもっと上がるケースがあります。エアコンの取り外しや特殊清掃の有無など、オプションによっても金額が変動します。

一軒家ということになると2LDK以上は想定されるので、一番安くても130,000円以上はかかると思っておいた方がよさそうです。あくまでも相場なので、実際に業者に依頼するときには、現地をみて見積もりを出してもらうことをおすすめします。

相場よりも安くなるケースを紹介

一軒家 片付け 相場より安くなるケース

一時的な支出といえども、十数万円かかるとなると大きな出費ですよね。可能であれば、少しでも安くなると嬉しいはず。そこで、相場の金額よりも安くできる可能性のあるケースをご紹介いたします。

買取してもらえるものがあれば安くなる

一番安くなる可能性があるのが、処分するものの中から買取をしてもらうことです。処分すると言っても、まだまだ使えるものもたくさんあるはずです。そこで、まだ使えるようなものは買取してもらえるか確認をしましょう。

買取してもらいやすいものの基準は、

  • 高価なもの
  • 使用期間が短く状態がいいもの

こういったものです。

例えば、新しい冷蔵庫や洗濯機など。こういったものは買取をしてもらえる可能性があります。特に、保証書や説明書、商品の箱などが揃っていれば高く買取してもらいやすいです。買取をしてもらえれば、片付け費用から差し引くことができるので、料金が安くなります。

ただ、高価なものといっても、貴金属やマニアックなプレミア品など、専門店でないと買取ができないようなものもあります。こういったものは専門店の方が高く買い取ってもらいやすいので注意が必要です。

 

他人に譲れるものなどは譲ってしまう

料金の一つの目安がゴミの量。2トントラック必要になりやすい広さの部屋の片付けが1トントラックでよくなれば、小さいトラックで済み、作業も減らすことができます。そのため、事前にゴミを減らすことができれ、全体的なゴミの量が減るので、料金を安くできる可能性ありです。

大きいものを搬出したりゴミを事前に片付けるのは大変ですが、使えるもので友人や知人が使ってくれるようなものは譲ってしまいましょう。譲った後に見積もりをしてもらうことで正確な見積もりになります。

使用年数が長かったりして買取してもらえなさそうなものでも、必要としている人からすればタダでもらえるのはとてもありがたいことです。搬出などは友人や知人に任せれば手間もありません。

安心できる片付け業者の選び方

一軒家 片付け 業者 選び方

ここまで業者を使った場合の料金の話について解説をしてきました。しかし、料金ばかりに目をやっていると、初めは格安料金を提示してきて後から追加料金を多く請求してくるような、悪質な業者に引っかかってしまう危険性もあります。そこで、安心して任せられる業者の選び方についても知っておきましょう。

廃棄物運搬収集許可のある業者を選ぶ

一般家庭から不用品を回収・処分するには、一般廃棄物運搬収集許可を持っている必要があります。よくトラブルになっているのが、一般廃棄物運搬収集許可を持たずに不法営業している不用品回収業者です。許可を取っている業者は許可番号を掲載していることがほとんどなので、番号をしっかりと確認しましょう。

不法営業している業者に依頼をしてしまうと、後から法外な金額を請求されるだけでなく、処分を依頼したはずが不法投棄されていたなど、トラブルに巻き込まれる原因になります。必ず、許可を取っている業者を選びましょう。

出張見積りをしてくれる業者を選ぶ

片付け業者の相場を解説したときにご説明したことですが、お部屋の状態やゴミの量などによって、片付けの料金は大きく変わってきます。そのため、正確に料金を知るためには、必ず出張見積もりをしてもらう必要があります。

出張見積もりをしてくれないような業者、見積もりをするだけで費用を請求するような片付け業者はやめておきましょう。正確に費用を見積もって、安心してお客様にご依頼をいただくのが不用品回収業者としてのあるべき姿です。

対応の悪い業者に頼むと、作業が雑だったり、後からオプション料金を追加でどんどん請求される可能性もあります。電話対応や依頼までの対応など、そういった点もいい業者を見分けるうえで重要なポイントです。

回収以外に清掃もしてくれる業者を選ぶ

一軒家の片付けとなると、ただの不用品回収だけでなく、清掃もしてくれる業者を選ぶようにしましょう。大掛かりな片付けの場合、片付けた後には、ゴミによってできたシミや汚れ、大量のホコリや小さなゴミが出てきます。

不用品や粗大ゴミは処分してくれたものの、掃除をしてくれないとなると、その分を自分たちで作業する必要が出てきます。また、場合によっては掃除のために別の業者を探さないといけないこともあります。

依頼をするなら、不用品の回収や片付け、掃除まで全てをやってくれる業者を選ぶようにしましょう。見積もりを依頼するときにどんな作業までやってくれるのか、しっかりと確認することが大切です。

まとめ

一軒家の片付けについて、料金相場や業者の選び方などは理解できたでしょうか。一軒家の片付けはかなりの重労働です。空いている時間を使ってやっていたら、片付けに半年もかかったというお話を聞いたこともあります。プロに頼めば短時間で終わり、労力もかかりません。時間や労力を無駄にしないようにしましょう。

また、費用のことばかりを気にしすぎて悪徳業者に捕まらないように注意が必要です。安いと思ってお願いしたら、片付けた後で料金が高くなり、対応も悪いとなればいいことがありません。

弊社エコアールは、埼玉、東京、千葉、神奈川と関東圏での一軒家丸ごとのゴミ回収・片付けを承っている業者です。さらに、遺品整理や不用品の回収などもご好評をいただいております。ご不明な点は、お電話で丁寧にご対応させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

NO IMAGE:pagetop