洗濯機を処分する方法は?洗濯機はリサイクル費用がかかる

洗濯機 処分

「洗濯機の処分ってどうやったらいいの?」「洗濯機を処分するにはどれくらい費用がかかるの?」など、初めて洗濯機を処分するときにはわからないことがたくさんありますよね。洗濯機の調子が悪くなったから買い替えをする場合や綺麗な洗濯機を知人から譲り受けて古い洗濯機を処分する場合、結婚していらなくなった洗濯機を処分する場合など、処分すると言ってもケースによって事情は様々。
さらに、故障した場合などは修理を依頼すると修理代が高額になって、新しい洗濯機を購入した方がトータルで見て安くつく場合も多くあります。

洗濯機は家電リサイクル法を守って処分する必要があるので注意が必要です。わからないことがたくさんあると思いますので、順番に詳しく解説していきます。不明な点を解消して洗濯機を簡単に処分しましょう。

洗濯機は家電リサイクル法を守って処分

洗濯機 処分 方法
洗濯機を処分するには家電リサイクル法について知っておかなければいけません。家電リサイクル法は経済産業省と環境省が合同で法整備を行なっている重要な法律です。
洗濯機を粗大ゴミとして簡単に捨てることができない理由や特別な費用がかかることを知っておきましょう。

家電リサイクル法とは

家電リサイクル法は、正確には特定家庭用機器再商品化法と言います。対象家電製品は、エアコン、テレビ(ブラウン管式、プラズマ式、液晶)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4種類。これらには希少な金属などが使用されているため、有用な部品や材料を適切に取り出してリサイクルすることが推進されています。

また、これらの家電にはフロンガスなどの有害物質が使われていたり、電池が内蔵されているものもあるため、適切に処分しないと環境の汚染や災害発生の危険性があります。これらの理由から、国が法律で回収方法について定めているのが家電リサイクル法です。

家電リサイクル法に似た法律で、小型家電リサイクル法というものもあります。こちらは、パソコン、携帯電話、デジタルカメラなど、小型の家電製品を対象としたものなので間違えないように注意しましょう。

洗濯機はただの粗大ゴミ、廃棄物として処分できず、特別な処分が必要になるため、一般的な処分費用以外にプラスしてリサイクル費用がかかるようになっています。

洗濯機のリサイクル費用はいくら?

では洗濯機のリサイクル費用はいくらなのでしょうか。実は、洗濯機の製造メーカーによってリサイクル費用に違いがあります。一般的には税込2484円で設定されているようですが、アイリスオーヤマは税込3202円です。自分が処分したいメーカーはいくらなのか、心配であれば必ず事前にチェックしておきましょう。
「一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターHP」に料金一覧が記載されているので調べてみてください。

洗濯機の処分方法は3つ

洗濯機の処分方法は大きく分けて3つです。普通の粗大ゴミとの大きな違いは、基本的には自治体は洗濯機の回収をしないこと。自治体の廃棄物対策課などが、自治体HPにて収集不可としっかりと明記をしています。家電リサイクル法によって特別な処分が必要になっているため、処分するための方法も限られてきます。では、順番に処分方法を確認していきましょう。

販売店で引き取ってもらう

洗濯機の買い替えをするなら、洗濯機の配送時に引き取ってもらうのが便利です。実は、家電小売店などの小売業者には家電リサイクル法によって廃家電の回収が義務付けられています。

この場合、リサイクル料は回収時に現金払いやネットで申し込みをした場合には、商品購入時に同時決済など、事前にリサイクル券を準備するケースはほとんどありません。なぜなら、家電小売店自体が家電リサイクル券取扱店だからです。その中でも取り扱いが適正に行われているお店は、家電リサイクル券取扱優良店として家電製品協会から推奨されています。

処分の手順としては、購入時にリサイクルを依頼し、配送時に引き取りを行なってもらうという流れになります。

費用については、買い替えで引き取りをお願いする場合でも収集運搬費が必要になります。例えば、洗濯機一台の回収につき、ヤマダ電機は1000円、ビックカメラは1500円の収集運搬費がかかるようです。全体の処分費用としては、運搬料金にプラスしてリサイクル費がかかる計算です。

もし、回収のみを依頼したい場合には、さらに出張費が数千円程度かかる場合が多く、処分費用はさらに高くなります。家電量販店のHPに記載されている収集運搬料金には、自宅までの出張費用が含まれていないケースがありますので注意が必要です。そのため、回収だけを依頼する場合であれば、家電量販店に依頼するのはあまり現実的ではないかもしれません。

そもそも、家電量販店は回収・処分のプロではありませんので、問い合わせをしても担当者に確認のために待たされるなど、適切な回答が返ってくるまでに時間がかかるということもあります。あくまでも家電の販売がメインのお仕事ですので、回収に関して誰でも熟知している訳ではないというのは当然ことかもしれません。

指定業者へ持ち込む

古いものを処分したいだけ、という場合には指定引き取り場所・業者へ持ち込むという方法もあります。都道府県ごとに指定の引き取り場所が指定されており、冒頭で紹介した家電リサイクル受付センターのHPに一覧が掲載されています。

手順としては、以下の4つです。

  • 郵便局でリサイクル料金の振込
  • 指定引取場所の確認
  • 家電リサイクル券を洗濯機に貼付
  • 洗濯機を指定場所へ持ち込み引き渡し

リサイクル料金は郵便局で郵便局券をもらい、お使いの洗濯機の処分に必要なリサイクル費用を振り込みます。郵便局券は窓口でしかもらえませんが、振り込みは窓口とATMのどちらでも行うことが可能です。

しかし、持ち込むためには、自宅からの搬出や指定場所への運搬など、かなりの手間がかかることがネックになります。洗濯機はかなり大きく重いので、慣れない人が一人で運ぶのはかなり困難。また、指定場所へ運ぶためには車が必要になるのは当然のこと、自家用車に洗濯機が乗らないという可能性もあります。

郵便局へ行く手間、搬出の手間、指定場所への運搬の手間など、これだけの手間をかけてもいいという方であれば、処分方法の一つとして検討していただけるものです。また、注意点として、引取場所での引取可能時間は必ず問い合わせをしてください。先ほどの一覧表には問い合わせしか記載されておらず、対応可能時間が記載されていません。時間が指定されているケースがありますので、問い合わせをせずに持ち込むと引き取ってもらえない場合があり注意が必要です。

不用品回収業者に引き取ってもらう

自宅まで回収に来て欲しい場合には不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者は粗大ゴミの回収から家電製品の回収など、不要になったものの回収を事業としておこなっている回収・処分のプロです。

一般的な手順は大きく分けて以下の二つ。

  • 不用品回収業者に連絡・見積
  • 指定日時に回収・料金支払

たったこれだけです。
不用品回収業者に電話をして、処分したい洗濯機のメーカーを伝えましょう。このとき、他にも処分するものがある場合は一緒に引き取りをお願いする方がお得になるケースが多いです。トラック1台で金額が何円という定額パック料金を用意している不用品回収業者が多いので、一つだけ処分するよりまとめて処分する方がお得になります。いくつか処分したいものがある場合には、不用品回収業者で処分を依頼するのが時間や手間、費用など、トータルで考えた場合にコストが低くなるケースが多いです。

ただ、一点だけ気をつけていただきたいことがあります。それは、不用品を無料で回収すると言って軽トラックで街中を回っているような不用品回収業者や無料回収と書いたチラシをポストに投函している業者です。

粗大ゴミを回収するには収集運搬許可業者でなければいけません。無料回収をうたうような業者の場合には無許可のケースがあります。回収を依頼したのに不法投棄されたり、突然費用を請求される問題が発生しています。危険な不用品回収業者には注意してください

洗濯機を手間なく処分するなら不用品回収業者へ連絡

洗濯機 処分 不用品回収業者
洗濯機を処分するなら不用品業者へ依頼するのが一番手間がなく簡単でしょう。不用品業者が簡単で安心な理由をもう少し詳しくご紹介します。

事前の見積もりで安心

不用品回収業者は回収の際に、事前に見積もりを出してくれます。そのため、自分で使用しているメーカーのリサイクル費用をわざわざ調べる必要もありません。不用品回収業者は回収のプロなので、必要事項を素早くヒアリングしてくれます。家電量販店のように担当者によって適切な回答ができるかどうかわからないという心配がありません。他に処分するものがある場合にも、最初の見積もりの段階で相談をしてみてください。

もし、こういった事前の見積もりを出さない不用品回収業者の場合、無許可で粗大ゴミ回収などをしている悪質な業者のケースがあります。あとでトラブルに巻き込まれないためにも、必ず信用できる不用品回収業者を利用して安心して処分しましょう。

時間も手間もかからない

不用品回収業者のメリットはなんといっても手間がかからないこと。また、時間の融通がきくことです。自宅まで回収に来てくれ、搬出まで行なってくれるので、自分たちで行う作業は特にありません。重い洗濯機は男性の力が必要なので、女性には特に嬉しい点です。

また、不用品回収業者は回収時間についてもメリットがたくさん。早い場合には、即日の引き取りをしてくれることもあります。回収のためだけにエリア内をトラックが走っているので、他の場所へ回収に行った帰りや一度積み降ろしをしてからすぐにまた出発できます。日中は仕事で不在で夕方以降しか引き取りをお願いできない、土日しか引き取りの依頼をできない。そんな場合にも不用品回収業者なら、時間に融通をきかせて対応してくれます。

忙しい生活を送っていると、なかなか相手の指定時間に合わせることが難しいこともあります。そういった場合にも、不用品回収業者なら安心して処分をお願いすることが可能です。

まとめ

洗濯機は普通の粗大ゴミとは違って家電リサイクル法によってリサイクル費用を払うことが義務付けられています。そのため、処分費用にプラスしてリサイクル費が必要になります。費用を抑えようと思っても、最低でも数千円かかるのは避けられません。

また、費用面ばかりを気にしすぎることで、大切な時間や労力を消費してしまう危険性があります。洗濯機を処分するなら安心できる不用品回収業者に依頼するのが一番です。見積もりだけは無料で取れる場合も多いので、まずは不用品回収業者に問い合わせをしてみることをおすすめします。東京、千葉、埼玉、神奈川の方は、弊社でも不用品回収をおこなっていますので、お気軽にご連絡ください。

NO IMAGE:pagetop