マッサージチェアの処分方法は?一番簡単な処分方法を詳しく解説

マッサージチェア 処分

マッサージチェアってどうやって処分したらいいんだろう。電化製品だけど普通に粗大ゴミとして捨てられるのかな。
マッサージチェアの処分を初めてする方には、わからないことがたくさんありますよね。そこで、プロの視点からマッサージチェアの処分方法をまとめました。

それぞれの方法にメリットやデメリットがあり、マッサージチェアの状態などによって、どの処分方法が使えるかが変わってきます。これからマッサージチェアを処分しようと思っている方はしっかりと読んで参考にしてください。

マッサージチェアの処分でお困りなら弊社にお任せください!
1点からでも回収可能!あなたのお家まで回収に伺います!
他社より高い場合はさらに値引きをさせていただきます!まずはお気軽にご相談を
NO IMAGE:ctaMain__phone
受付時間9:00-19:00土日休まず営業中
NO IMAGE:ctaMain__mail

マッサージチェアは普通に捨てることができる?

マッサージチェア 処分2

マッサージチェアは家電製品です。家電だと家電リサイクル法が関係してくるんだろうか、と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。マッサージチェアは家電リサイクル法、小型家電リサイクル法、どちらも対象外です。
手に持って使用するような小型のハンドマッサージャーなどは、小型家電リサイクル法の対象となりますので注意が必要です。

そのため、マッサージチェアは粗大ゴミとして処分することになります。

一番簡単な方法はどれ?マッサージチェアの処分方法

では、マッサージチェアの処分方法を順にご紹介していきます。マッサージ機がただの粗大ゴミと大きく違うのは、なんと言ってもその重量。大型家電に分類されるほどの大きさと重さを兼ね備えているので、処分方法はしっかりと選ばなければ大変なことになります

自治体で引き取ってもらう

粗大ゴミを処分する1番身近な方法といえば、自治体で粗大ゴミとして処分する方法です。
手順としては、ますは自治体の受付窓口へ連絡をします。すると、サイズや重量などを必要な情報を確認されます。
あとは、指定された金額の粗大ゴミ処理券を購入し、マッサージチェアに貼り付けて指定された日時に指定された場所へ搬出すれば処分は完了です。

自治体で処分する際のメリットは、

    • 費用が安く済む
    • 自治体がやっているという安心感

この程度です。

一方、自治体で処分する際のデメリットは、

  • 指定場所まで自分で搬出しなければならない
  • 日時指定ができない
  • 平日しか受付していない
  • 粗大ゴミ処理券の購入が必要

かなり多いです。
特に、普段は仕事でなかなか平日に対応できないのに、土日に対応をしてもらえないのはかなりの負担になります。そして、マッサージチェアのような重たい粗大ゴミを処分するときの最大のネックが指定場所までの搬出です。

マッサージチェアは簡易的なものでも30kg〜40kg程度。しっかりとしたものであれば80kg前後はあります。簡易的なものでも一人で搬出するのは困難ですが、しっかりしたタイプになれば、自分で搬出することはほぼ不可能です。

無理をして搬出しようとすると、家具や壁にぶつけて傷つけてしまう恐れや、体への過剰な負担によって体を痛めてしまう可能性も十分にあります。
費用負担が少ないというだけで、自治体で回収をしてもらうのはあまり現実的ではありません。

ネットオークションに出品する

もし、ヤフオクなどのネットオークションを使い慣れている方であれば、ネットオークションで出品するのも一つの方法です。
オークションサイトでアカウント登録をし、処分したいマッサージチェアの写真と状態を記入、価格を決めて出品という流れです。

ネットオークションのメリットは、

  • 高額で売れる可能性がある

この一点です。

一方、ネットオークションのデメリットは、

  • 出品作業で写真撮影、販売情報の記入が必要
  • 売れるまでに時間がかかる
  • 綺麗な状態にしなければいけない
  • 販売後のトラブル発生の可能性がある
  • 梱包、送付の手間がかかる

など、かなりのものがあります。
まず、ネットオークションに不慣れな方には絶対におすすめはできません。オークションはオークションのプロやお店も出品をしています。そんな中で、サイト上の評価が貯まっていない人が商品を売るのは大変なことだからです。

また、マッサージチェアのような大型のものは配送費も高くつきます。その点を考慮せずにオークションで販売して、逆に赤字になる人もいるほど。販売できたからといって安心ではなく、届いたものが写真と違っていた、事前情報のない傷や汚れがあったということがあれば、返金などの対応を迫られるケースもあります。

もしネットオークションで処分する場合、

  • これまでにもネットオークションで出品した経験がある
  • 急いで処分する必要がない
  • 高額で綺麗な状態のマッサージチェアである

このような方であればおすすめできるかもしれません。それ以外の方は、お金になるかもしれないという不確実な期待だけでネットオークションを使うのはおすすめできません。

リサイクルショップで買い取りしてもらう

まだ使えるマッサージチェアの処分方法としては、リサイクルショップも一つの選択肢です。ネットオークションに比べれば高額にはなりにくいですが、利用した経験がない人でも使える方法です。

リサイクルショップで処分するメリットは、

  • 買い取ってもらえる可能性がある
  • 出張買取なら搬出もおこなってくれる

お金に変えるという点では、ネットオークションよりは簡単です。

一方、リサイクルショップで処分するデメリットは、

  • 査定までに掃除をして綺麗な状態にしておく必要がある
  • 主張査定、買取をしてくれる店舗を探す必要がある
  • 説明書などの付属品も用意する必要がある

などです。
リサイクルショップで処分する際に大事なのは、出張買取をおこなってくれる店舗を探すことです。マッサージチェアを自分で搬出するのは現実的ではありません。そのため、リサイクルショップであればどこでもいいわけではなく、出張買取をしてくれるところ限定となります。

また、買い取ってもらえるかどうかは、使用期間、メーカーや型番、マッサージチェアの状態などによります。そのため、綺麗な状態にすることと付属品を揃える必要があります。そこまでしても現品を見て買取不可になる可能性はあるので、それまでの労力は無駄になってしまいます。

さらに、買取してもらえるとなってもかなりの低価格である可能性もあるので、お金になるからといって過度の期待は禁物です。

高価で綺麗な状態のマッサージチェアを使用しており、出張買取をしてくれるお店を探す苦労やマッサージチェアを綺麗にする労力、備品を探してきて揃える労力をかけてもいいという方なら、試してみるのもいいかもしれません。

不用品回収業者に回収してもらう

最後は不用品回収業者に回収してもらう方法です。粗大ゴミの回収に1番便利なのが、不用品回収業者での処分です。

不用品回収業者で処分するメリットは、

  • 搬出してもらえる
  • 自分の都合のいい時間に回収してもらえる
  • 場合によっては買取もしてもらえる

手間がほとんどかからず、自分の都合に合わせてもらえるのが大きなメリットです。

一方、不用品回収業者で処分するデメリットは、

  • 回収の場合は費用がかかる

この一点のみです。
自治体で処分するよりは金額が多くかかります。しかし、自分で搬出することが困難なマッサージチェアですので、搬出をしてもらえないと処分するのが難しくなります。もし、古物商の許可を持っている不用品回収業者なら、マッサージチェアの状態によっては買取してもらうことも可能です。

不用品回収業者に依頼すれば、搬出の手間がなくなり、自分の都合に合わせて回収に来てもらえるため、時間も労力も削減できます。さらに、回収までのスピードも速く、場合によっては即日回収してもらうことも可能です。
とにかく簡単に、素早く、安全に処分するなら不用品回収業者がおすすめです。

重たいマッサージチェアは不用品回収業者で処分

マッサージチェア 不用品回収 処分

重たいマッサージチェアは、無理せず不用品回収業者に依頼して処分しましょう。不用品回収業者に処分をしてもらうための手順や注意点について説明していきます。

不用品回収業者での処分の流れ

まずは、電話や問い合わせフォームから連絡をしましょう。その後、費用の見積もりをしてもらいます。現地に来てもらって見積もりも可能ですが、電話で情報をしっかりと伝えれば見積もりは可能。当日にトラブルが起こることも避けられるので大丈夫です。
あとは、回収の日時を決め、実際に回収に来てもらいます。作業が終われば料金を支払って処分は終了です。

お得に不用品を回収してもらうポイント

マッサージチェアの回収をお得にするポイントがあります。それは、他に処分するものがあれば一緒に処分してもらうことです。粗大ゴミを一つだけ回収してもらうより、パック料金でいくつか一緒に回収してもらう方がトータルで見たときの金額が安くなります。

ずっと家の物置に眠っているもの。急いで処分する必要がなかったから、ずっと置きっぱなしになっていた粗大ゴミ。そんなものがあれば一緒に処分してしまいましょう。ご自宅もすっきりとして一石二鳥です。

不用品回収業者を選ぶ際の注意点

不用品回収業者に処分を依頼する際に、絶対に気をつけていただきたいことがあります。それは、無料回収をうたう業者には依頼しないこと。

街中を軽トラックで走りながら、「なんでも無料で回収します」などとスピーカーで流している廃品回収業者がいます。あのような業者は無許可で営業しているケースが多いです。ご家庭から粗大ゴミなどの不用品を回収するには、一般廃棄物収集運搬業の許可が必要です。

ポストに無料回収のチラシを入れている業者なども同じ。無許可で営業している業者はトラブルなども発生しているので絶対に利用しないようにしてください。

まとめ

マッサージチェアはかなり重い大型家電のため、自分の力だけで処分しようとするのは危険です。少しでもお得に処分しようとネットオークションなどを使うのは、不慣れな人にとっては不要なトラブルの原因にもなりますので、誰にでもおすすめできる方法ではありません。

弊社エコアールは、埼玉・東京・千葉・神奈川の関東エリアに特化して、安くスピーディーに不用品の回収をおこなっています。どこの不用品回収業者よりも安く回収できるようにサービスをおこなっております。まずは無料でお見積もりいたしますのでお気軽にご連絡ください。

NO IMAGE:pagetop