ブラウン管テレビの処分方法の決定版!正しい捨て方を徹底解説

ブラウン管テレビの処分方法

「地上デジタル放送が始まり、使わなくなったブラウン管テレビを倉庫に放置している・・・。」「いいかげん、大きく場所を占領するブラウン管テレビを捨てたいけれど、処分方法が分からない!」など、ブラウン管テレビを処分するにあたって、いろいろと確認しておきたいことがあるでしょう。

家庭用の家電として当たり前に使用されるようになったプラズマテレビや液晶テレビと違って、ブラウン管テレビは、あまりにも奥行きが広く伸びているため、室内に放置していると非常に邪魔になります。

もしかしたら、「いつかレトロなテレビとしての価値が上がり、高値がつくかもしれない!」と、いつまでも捨てずに自宅に保管しているという方もいるかもしれません。今回は、ブラウン管テレビを処分したい方に向けて、処分時に発生しがちなトラブルや具体的な処分方法を徹底解説していきます。

ブラウン管テレビの処分でお困りなら弊社にお任せください!
1点から回収可能!あなたのお家まで無料で回収に伺います!
他社より高い場合はさらに値引きをさせていただきます!
NO IMAGE:ctaMain__phone
受付時間9:00-19:00土日休まず営業中
NO IMAGE:ctaMain__mail

ブラウン管テレビは、無料で処分できる?処分に必要な基礎知識

ブラウン管テレビ無料処分
ブラウン管テレビを処分するのであれば、1円でも安く処分したいというのが本音ではないでしょうか?万が一、ブラウン管テレビが無料で処分できるのなら、非常にありがたいことです。

しかしながら、ブラウン管テレビは、家電リサイクル法の対象物であるため、リサイクル料金を支払わなければいけません。そのため、画面のガラスが割れて、本体部分の仕組みが壊れてしまったブラウン管テレビを無料で処分することはできません。

具体的なブラウン管テレビの処分方法を説明する前に、家電リサイクル法などの法的な知識も必要となるため、概要を説明します。

家電リサイクル法とは?

一般家庭や事務所から排出される家電製品のうち、再び使用できる部品や材料をリサイクルするために定めた法律を家電リサイクル法といいます。これにより、従来なら廃棄処分するしか、行先のない廃棄物を減量できるようになり、地球資源をより有効利用できるようになりました。

ちなみに、家電リサイクル法によって、定められている対象物は、下記の家電4品目です。

  • エアコン
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • テレビ

一般的な小型の家電製品であれば、使えなくなってしまったタイミングで、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用して、処分できたかもしれません。ブラウン管テレビは、家電リサイクル法の対象物となっているため、必ず小売業者や製造業者、輸入業者などのメーカーにリサイクル料金を支払って処分しなければいけません。

実際に、ブラウン管テレビを処分してもらう場合は、リサイクル料金以外にも収集運搬時に集荷料金が発生します。そのため、処分方法から自身にとって都合の良い方法を選びましょう。

ブラウン管テレビに、資源価値はあるのか

現在、プラズマテレビや液晶テレビが市場のスタンダードとなってしまったため、ブラウン管テレビは製品としての価値が減少しつつありますが、それでもパーツとしては、十分な資源価値があります。特に、プラスチックやガラス、金属などの素材は、リサイクルできます。

ブラウン管テレビは、適切に処分しなければ、人体に有害なフロンガスが発生してしまいます。そのため、専門工場に持ち込み、有害物質が発生しないようにパーツを分解・解体することで、プラスチックやガラス、金属などが地球資源として再利用されます。

処分時のリサイクル料金の支払いは、必須となる

ブラウン管テレビは、家電リサイクル法の対象物です。そのため、処分する際は、必ずリサイクル料金を支払わなければいけません。家電リサイクル法では、エアコンや洗濯機、冷蔵庫、テレビなどを販売する家庭量販店に対して、不要になった家電を引き取る義務を課しています。

家電量販店が使用しなくなった家電を回収する義務を負っていますが、それに対して私たち消費者は、ブラウン管テレビの処分にかかる費用を自分で負担しなければいけないということです。これにより、有限資源が適切に回収され地球にゴミがあふれないサイクルが完成しています。

ブラウン管テレビの処分時に発生するトラブル

ブラウン管テレビ処分トラブル
あなたの町の周辺では、軽トラックで大きなアナウンスをしながら周回している不用品回収業者は、いないでしょうか?「使わなくなった家電や不用品を無料で回収します!」と、巡回しているため、どこかで見聞きしたことがあるかもしれません。

このような不用品回収業は、違法業者である可能性が極めて高いです。毎年、悪質な不用品回収業者にゴミの処分を依頼した結果、トラブルに巻き込まれてしまう方がたくさん発生しています。それでは、どんなトラブルが発生しているのか、確認していきましょう。

不当な高額請求に関するトラブル

悪質な不用品回収業者は、「どんなものでも無料で回収します!」と言っておきながら、ゴミの処分を依頼してみると、有料であることがあります。

たとえば、「ごみの処分は、無料だけど人件費が5,000円発生する。」「トラックの運搬量が3,000円必要になる。」などと話だし、言葉巧みに高額な集荷料金を請求しようとしてきます。数千円なら、まだかわいいものですが、実際は、数万円単位で請求してくることが多いです。

使えなくなったものを無料で回収するような、そんな暇な人はいません。どこかでお金が発生する仕組みがあるからこそ、回収しているということです。実際に、独立行政法人国民生活センターでは、無料の不用品回収業者を利用してはいけないと警告しています。トラブルに巻き込まれないように注意してください。

不法投棄によるトラブル

悪質な不用品回収業者は、有料で回収したものを、近くの山林や田んぼのあぜ道、自宅近くの道路に放置することがあります。「まさか、有料で回収したものを不法投棄するなんてありえない!」と思われがちですが、そのようなトラブルは、頻繁に起きています。

万が一、不法投棄したものが、あなたが所有していたものだと判明した場合、あなたが不法投棄した人物だと疑われてしまいます。

こちらは、処分費用を支払ったにもかかわらず、そんな疑いをかけらけるなんて、信じられない話ですが、罰金や拘束される事態となってしまうため悪質な不用品回収業者とトラブルを起こさないようにしましょう。

壁や家具への損傷によるトラブル

不用品回収サービスでありがちなのが、大きなブラウン管テレビの持ち出しの際に、部屋の壁や家財道具に傷をつけられてしまうというものです。優良な不用品回収業者であれば、作業も的確であるため、部屋の壁や家財道具に傷をつけられるということは、ほとんどありません。

しかしながら、悪質な不用品回収業者は、社員教育も受けておらず、受け答えもハッキリとせず、ミスが多いです。実際に、壁に穴をあけられてしまったというトラブルが多発しています。

そういった被害が発生したときに、悪質な不用品回収業者は、「修繕する責任がない。」と言い張ります。他にも、「壁紙が破けているのは、もとからだった。自分のせいではない。」と話し始めます。そのため、ブラウン管テレビを処分する際は注意をしなければいけません。

ブラウン管テレビを実質無料・有料で処分する6つの方法

ブラウン管テレビ処分方法
手続きの仕方によっては、ブラウン管テレビを無料で引き渡すことができます。実質無料なのか、有料になるのかの大きな違いは、ブラウン管テレビが製品として壊れてしまっているかどうかということです。

ブラウン管テレビの製品状況によって処分方法は大きく変わるため、ひとつずつ処分方法を確認していきます。

メーカーの引き取り指定場所で処分する

メーカーの引き取り指定場所に、ブラウン管テレビを持ち込めば、使わなくなった家電製品を処分できます。メーカーの引き取り指定場所で処分するための手順は、下記の通りです。

【手順1】リサイクル券を受け取る

まずは、リサイクル券の受け取りから始めなければいけません。リサイクル券は、無料で配布されていないため、郵便局でお金を振り込まなければいけません。振り込み方法は、下記の通りです。

  • 郵便局のATM
  • 郵便局の窓口

あなたが利用する郵便局によっては、リサイクル券を準備していない可能性もあるため、振り込み前に確認することを忘れないようにしましょう。

【手順2】メーカーの引き取り指定場所の詳細を確認する

郵便局のATMまたは、窓口でリサイクル料金の振り込みが完了したら、リサイクル券を受け取りましょう。そのあと、メーカーの引き取り指定場所をインターネットで確認します。都道府県から簡単に選ぶだけで、自宅からもっとも近い引き取り指定場所を選び出すことができます。

ちなみに、いつでも引き取り指定場所にブラウン管テレビを持ち込めば回収してもらえるというわけではありません。必ず持ち込みの際は、“指定引取場所 標準休業日”や“営業時間”を確認してください。持ち込んだものの、休みだったということにならないようにしましょう。

【手順3】ブラウン管テレビに家電リサイクル券を貼る

郵便局からお金を振り込み、家電リサイクル券を受け取ったら、ブラウン管テレビに貼り付けましょう。これで、ブラウン管テレビの引き渡し準備が整います。

【手順4】ブラウン管テレビを持ち込む

引き渡しの準備が整ったら、ブラウン管テレビをメーカーの引き取り指定場所に持って行きましょう。現場には担当者がいますので、その方に話しかければ、ブラウン管テレビを引き取ってくれます。

メーカーの引き取り処分費用について

ブラウン管テレビを自分でメーカーの引き取り指定場所に持ち込めば、一般的な処分方法よりも費用を安く抑えることができます。なぜなら、自分でブラウン管テレビを持ち込むため、運搬費用が発生しないからです。

この場合、私たちが支払うのは、リサイクル料金のみです。リサイクル料金の金額は、おおよそ決まっており、下記のような金額になることが多いです。

  • 15型以下の小型テレビ 1,700円(税別)
  • 16型以上の大型テレビ 2,700円(税別)

処分先のメーカーによって、多少金額が変わることがあるかもしれませんが、15型以下なのか、16型以上のブラウン管テレビなのかによって、料金が大きく変わってきます。

購入元の家電量販店に処分を依頼する

もし、家電量販店や家電メーカーでブラウン管テレビを購入したのであれば、処分可能なのかお問い合わせフォームからメールまたは、電話で質問してみましょう。家電リサイクル法によって、家電量販店や家電メーカーは、自分のお店で販売した商品を回収しなければいけないという義務があります。

その法的制度を利用すれば、使わなくなったブラウン管テレビを処分できます。購入元の家電量販店や家電メーカーに処分を依頼する手順は、下記の通りです。

【手順1】ホームページ上で、処分可能かチェックする

家電リサイクル法によって、使わなくなったブラウン管テレビの回収が義務付けられているなら、どんな家電量販店でも回収サービスを実施していると思ってしまうかもしれません。しかしながら、家電量販店だからといって、必ずブラウン管テレビを回収し処分してくれるわけではありません。

ブラウン管テレビを処分したい場合は、必ずホームページやメール、電話などで詳細を確認してから依頼するようにしてください。

【おすすめ】不用な家電製品を持ち込める店舗

こちらで、いくつか不要となった家電製品を持ち込める店舗を調べてみました。その結果、下記の店舗で、ブラウン管テレビの回収をしていることが分かりました。

  • ヤマダ電機
  • ケーズデンキ
  • エディオン

こういった大手の家電量販店であれば、回収を依頼できるため、自宅近くにあるのであれば、処分可能か問い合わせてみましょう。

購入元の家電量販店での処分費用について

購入元の家電量販店にブラウン管テレビを持ち込んで処分する場合、リサイクル料金以外にも、運搬料も支払わなければいけません。上記で説明したように、リサイクル料金は、大きく変わることはありませんが、運搬料は、家電量販店によってまったく違います。

比較的、手ごろな価格帯であれば、3,000円程度になることが多いです。しかし、もう少し運搬量が発生することもあるため、最低でも5,000円程度の処分費用は確保しておきましょう。

下取りサービスを利用して処分する

新しいプラズマテレビや液晶テレビを購入する予定があるのなら、インターネット通販や家電量販店の下取りサービスを利用してブラウン管テレビを処分しましょう。

下取りサービスを利用すれば、新しいテレビの購入時に、古いブラウン管テレビを引き取ってもらうことができます。下取りサービスで処分するための手順は、下記の通りです。

【手順1】販売店で新しいテレビを購入する

まず、下取りサービスを利用するには、インターネットまたは、家電量販店などで、新しいテレビを購入しなければいけません。下取りサービスの仕組み上、古いテレビを回収することが前提となります。

そのため、もしかしたら売却できる可能性を持つテレビでも、手放さなければいけません。

【手順2】販売業者にブラウン管テレビを引き渡す

指定時間になると新しいテレビを持って、自宅に販売業者が訪問するため、テレビが閲覧できるようにセットしてしまいます。セットが完了したら、古いブラウン管テレビを引き渡して作業完了です。

下取りサービス利用時の処分費用について

インターネットまたは、家電量販店で提供されている下取りサービスだったとしても、ブラウン管テレビの処分時には、リサイクル料金や収集運搬費が発生します。しかし、下取りサービスによっては、ブラウン管テレビの回収を無料でやってくれるかもしれません。

この場合、新しいテレビの購入代金に回収料金が含まれている可能性が高いため、絶対に無料ではないということを理解しておかなければいけません。ちなみに、処分の依頼先によって変動する収集運搬費ですが、安ければ500円で依頼できます。

多少、お金がかかったとしても1,500円程度ですので、購入元の家電量販店に処分を依頼するよりも手ごろな価格でブラウン管テレビを処分できます。これなら、直接店舗まで重たいブラウン管テレビを持って行く必要がなく、引き取ってもらえるため作業が非常に楽です。

個人の家電販売店で処分する

あなたの自宅周辺に、昔からやっている小さな個人経営の家電販売店は、ありませんか?家電量販店よりかは、品ぞろえが少ないものの、長年の経営によって安定している電気屋さんがあると想います。

こういったところは、家電リサイクル法の回収に協力している店舗として、ブラウン管テレビを処分してくれる可能性があります。最近は、小さな個人経営の家電販売店を見かけなくなっています。個人の家電販売店で処分を依頼する手順は、下記の通りです。

【手順1】インターネットで協力店を調査する

個人の家電販売店だからといって、必ずブラウン管テレビの処分を依頼できるというわけではありません。そのため、インターネットを利用して、家電リサイクル法対象家電の処分を依頼できる店舗なのか、確認してください。

協力店なのかの判別方法ですが、居住区域の都道府県の自治体のホームページにアクセスすると、実施しているのかどうか確認できます。

【手順2】ブラウン管の処分が依頼できるのか確認する

自治体のホームページに協力店であることが掲載されていれば、ブラウン管テレビを処分することができます。しかしながら、処分に発生する具体的な詳細は、ほとんど書かれていません。そのため、私たちは、下記のことを協力店に確認しなければいけません。

  • 本当にブラウン管テレビの処分が可能なのか。
  • 料金の内訳は、どうなっているのか。
  • 回収方法は、どうなっているのか。(自宅回収または、持ち込み。)
  • お店の定休日は、いつなのか。
  • 営業時間は、いつなのか。
  • ブラウン管テレビの処分時に、事前に準備するべきことはあるのか。

これらのことを、電話やメールなどを利用して、電話確認をしていれば、ブラウン管テレビの処分はスムーズに進むでしょう。ちなみに、ブラウン管テレビを直接持ち込めば、出張費は発生しません。

個人の家電販売店での処分費用について

個人の家電販売店でブラウン管テレビを処分する場合、大手の家電量販店などに処分を依頼するよりも処分費用が高くなる傾向があります。もし、昔から顔見知りのおじいちゃんやおばあちゃんが運営しているようなお店が自宅近くにあれば、すぐに相談してみても良いでしょう。

家電販売店に直接持ち込めば、ブラウン管テレビの処分で発生しがちな運搬料金を支払わなくて済みます。そのため、リサイクル料金だけで処分することができます。料金の目安というと、非常に難しいですが、これまで説明してきた金額よりも高くなると考えておきましょう。

もし、昔からの付き合いのおかげで、安く処分できそうであれば、ブラウン管テレビの処分を依頼しても良いのかもしれません。その点については、交渉次第でしょう。

リサイクルショップで売却する

自宅近くに、比較的、古いタイプの家電製品を収集しているリサイクルショップはないでしょうか?一般的な新しい家電製品をリサイクルして販売しているお店ではなくて、古いものに焦点をあてて販売しているリサイクルショップです。

昔のスーパーファミコンやプラモデル、家財道具を専門的に取り扱うリサイクルショップであれば、ブラウン管テレビを売却できる可能性があります。リサイクルショップで売却を依頼する手順は、下記の通りです。

【手順1】リサイクルショップで売却査定を受ける

まず、リサイクルショップに持ち込む家電製品は、必ず現在でも使用できるものでなければいけません。ブラウン管テレビのガラス部分やプラスチック部分が割れている場合、その時点で、売却することができません。

あくまでも、処分ではなくリサイクルショップに買い取ってもらうことになるため、今でも使用できることが絶対条件となります。もし、テレビとして使用可能なのであれば、リサイクルショップで売却査定を受けましょう。

【手順2】査定結果を聞いて手続きを交わす

リサイクルショップにブラウン管テレビを持ち込み、査定を依頼したあとは、査定結果を聞きます。このとき、下記の3通りの査定結果を受け取ることになるでしょう。

  • 当店では、買取りすることができない。
  • 買取りできないけれど、無料でよければ引き取ります。
  • 売却価値があるため、この金額でどうでしょうか?

もちろん、値段がつくはずがないと思っていたブラウン管テレビに、売却金額がつくのであれば、それほど良い条件はないでしょう。しかしながら、あくまでもブラウン管テレビは、買い取りできない可能性が高いため、たとえゼロ円でも引き取り可能なら、手放しましょう。

リサイクルショップを利用した処分費用について

他のブラウン管の処分方法は、リサイクル料金や運搬料金が発生していました。なぜ、料金が発生するのかというと、処分を依頼するからです。リサイクルショップの場合、処分ではなく、売却手続きとなるため、一切の処分費用が発生しません。

そのため、ゼロ円での処分が可能となります。しかしながら、買取り不可能だった場合、再び自宅まで持ち帰る必要があるため、時間も労力も大幅に損をしてしまいます。

不商品回収業者を利用して処分する

自宅にあるブラウン管テレビを処分する場合、時間と労力を絶対に無駄にしたくないというのなら、不用品回収業者を利用して処分しましょう。不用品回収業者なら、引っ越し前で不用品を処分したい状況でも、すぐに指定日に取りに来てくれます。

あらゆるブラウン管テレビの処分方法の中でも、処分依頼と買取り依頼の両方が実現できるのは、不用品回収業者だけです。不用品回収業者で処分・売却を依頼する手順は、下記の通りです。

【手順1】メールや電話で問い合わせる

まず、不用品回収業者にブラウン管テレビの処分を依頼するには、ホームページのお問い合わせフォームより、メールまたは電話で、見積りの依頼をしなければいけません。見積り際に、ブラウン管テレビの処分には、どの程度の費用がかかるのか、すべての内訳を明確にしていきます。

【手順2】見積り内容に納得後、相互に契約を交わす

不用品回収業者からの見積りに納得がいくのなら、相互に契約を交わします。これで、ブラウン管テレビの不用品回収の依頼が成立したことになります。ここで、不用品回収業者と回収日時の詳細を決定してください。

【手順3】指定日時にブラウン管テレビを引き渡す

当日、ブラウン管テレビを不用品回収業者に引き渡して処分完了です。わざわざ、ゴミ処理場に自分で持って行く必要がないため、もっとも処分の手間がかかりません。

不用品回収業者を利用した場合の処分費用について

不用品回収業者にブラウン管テレビの処分を依頼する場合、通常の処分費用よりも高くなってしまいます。金額については、依頼先の不用品回収業者によります。

しかしながら、不用品回収業者を利用すれば、ブラウン管テレビ以外にも、あらゆるものをまとめて処分できるため、利用の仕方によっては、非常にメリットが大きいです。

ちなみに、リサイクルショップに直接持ち込むことで、スタッフの方は、出張する必要がなくなるため、出張費をゼロ円にできます。

不用品回収業者ならテレビ台やDVDデッキをまとめて処分できる

不用品回収業者まとめて処分
不用品回収業者を利用したブラウン管テレビの処分方法は、あらゆる手段の中でも圧倒的に優れています。なぜ、不用品回収業者を利用することが、あらゆる処分方法の中でも優れているのかというと、なんでもまとめて処分できるからです。

今回なら、本当に処分するものは、ブラウン管テレビだけでしょうか?テレビ台やリモコン、DVDデッキ、アンテナなど、ブラウン管テレビの処分と同時に、一緒に処分したいものがあるのではないでしょうか?

不用品回収業者なら、そのような使わなくなった品物でも、指定日に引き取り可能です。つまり、お客さまが捨てたいと思うタイミングで、なんでも処分することができます。一般的な処分方法よりも多少コストをかかりますが、重たいものを持つ必要がなく、手軽にゴミが処分できるため、きっと利用して良かったと思うでしょう。

不用品を1円でも安く処分したいとお考えなら、処分方法に関する正しい理解が必要です。どうすれば不用品を安く処分できるのか、適切な処分方法や注意点についてわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

家電リサイクル法の対象物となっているブラウン管テレビの処分方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。不用品回収業者を利用した処分方法は、あらゆる処分方法の中でももっとも自由度の高い処分方法です。

処分を依頼しても、相手の都合でブラウン管テレビが処分できないということがありません。また、レアリティの高いものであれば、その場で査定をさせていただき、適切な買取金額で売却できます。

ちなみに、弊社「エコアール」は、どんな不用品回収業者よりも最安値でサービスを提供しています。他社で、ブラウン管テレビの処分費用が高いと感じたのなら、ぜひご相談ください。最安値宣言にふさわしい見積り金額を提示させていただきます。

NO IMAGE:pagetop