春日部市の粗大ゴミ回収(廃品回収)の手順とお得な処分方法をご紹介

春日部市の粗大ゴミ回収(廃品回収)の手順とお得な処分方法をご紹介

埼玉県の東に位置する春日部市(かすかべし)は、東西に約11キロメートル、南北に約12キロメートルの広さを有しており、面積は66平方キロメートルもあります。春日部市のシンボルマークは、春の文字のイメージから作られています。

緑色のシンボルマークは、豊かな自然を表現しており、文字と色で、市の特徴をうまくあらわしています。春日部市が自然豊かなまちとして発展できたのは、粗大ゴミ回収や自治体で働くスタッフの尽力があったからといえるでしょう。

春日部市で粗大ゴミを処分するのであれば、自治体が提示している回収ルールに従う必要があります。公式ホームページには、その厳格なルールについて記されていますが、ご存知ですか?今回は、春日部市に居住されている方に向けて、粗大ゴミ回収(廃品回収)の廃棄の手順や具体的な処分方法についてわかりやすく説明します。

春日部市で粗大ゴミを処分するには、どんな手続きが必要?

一般家庭から排出される粗大ゴミですが、いつものように廃棄専用の袋に入れて、特定の場所に出していれば自動的に回収されるというわけではありません。粗大ゴミは、春日部市が提示している処分方法にもとづいて、処分手続きを進めていく必要があります。

ハッキリ申し上げると、春日部市の粗大ごみ回収サービスは有料です。そのため、民間業者が実施している無料の粗大ゴミ回収サービスが気になってしまうかもしれません。しかし、処分手数料のかからない不用品回収業者は、完全に違法なサービスを提供しています。

お客さまから回収した粗大ゴミをリサイクルすることなく、他人の山林に不法投棄している可能性が極めて高いです。万が一、他人の山林に不法投棄された場合は、自分自身が犯罪に加担した人物として刑罰を与えられます。ここでは、そのようなトラブルに巻き込まれないようにするためにはどうすれば良いのか、正しい粗大ゴミの捨て方について確認していきましょう。

春日部市の粗大ごみの基準について

春日部市では、一般家庭から排出される粗大ゴミを有料で回収するサービスを実施しています。しかし、自宅にある不用品だからといって、なんでも粗大ゴミとして処分手続きを進められるわけではありません。

春日部市の粗大ごみの基準ですが、1辺あたりの長さが50センチメートルを超えており、2メートル未満の大型ごみであることが基本的な条件となります。そのため、粗大ゴミであるか確認する際は、横や縦、高さのうち、どこかが1辺でも50センチメートルを超えていることをチェックしてください。そして、2メートル未満であることを確認してください。

上記の条件に該当する場合、春日部市における粗大ゴミの基準を準拠していると考え、処分手続きを進めることができます。ちなみに、春日部市で粗大ゴミを出す場合、下記のようなものなら粗大ゴミとして処分できるでしょう。

春日部市における粗大ごみの例 春日部市で粗大ゴミとして認められないものの例
キーボード(卓上)・こたつ・スピーカ-・空気清浄機・すべり台・石油ファンヒーター・物干し竿・ガスコンロ・扇風機・イス・パソコンラック・フラワースタンド・パソコン台・自転車・車椅子・タンス・コピー機(家庭用)・石油ストーブ・電子レンジ・ふすま・アイロン台・電子ピアノ・下駄箱・すのこ・オルガン・電気スタンド・ポリバケツなど。 1辺あたりの長さが50センチメートルを超えていないもの。そして、2メートル以上のものについては、粗大ゴミとして廃棄手続きを進めることはできない。
他にも、家電リサイクル法やパソコンリサイクルに該当するエアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などの対象品目。

粗大ごみを有料回収しているといっても、そこには厳格なルールがあり、処理手続き可能と認められたものしか、回収してもらえません。そのため、粗大ゴミとして処分する場合は、自分が捨てようとしているものが粗大ゴミになるのか確認してください。

春日部市の粗大ごみの申込み方法は?

自分が粗大ゴミと思っていても、サイズ規定的に小さく、自治体サービスの指定する方法では、思うように捨てられないということもあるでしょう。その際は、粗大ゴミではなくて、燃えるゴミや燃えないゴミなど、ほかの手段が有効である可能性が高いです。

今回は、春日部市の公式ホームページの情報を参考に、処分方法について調べてみました。現状では、3つの方法から処分方法を選び出せるようです。

  • インターネットから粗大ごみの回収を申し込む方法
  • 電話から粗大ごみの回収を申し込む方法
  • 自宅から自分で粗大ゴミを持ち込む方法

どれが1番良い選択肢であるかは、その人の状況や時間的な都合によるといえるでしょう。具体的な違いをあげるとするのであれば、春日部市の自治体サービスのスタッフの方に自宅まで訪問してもらうか、自分で徒歩や自転車、自動車などで、持ち込むかということに明確な差があるのではないでしょうか。

しかし、粗大ゴミの具体的な処分手段がわかったとしても、具体的な申し込み方や手続きの流れ、処理手数料納付券の買い方、貼り方など、わからないことがたくさんあるでしょう。ここでは、それぞれの粗大ゴミの廃棄方法について、ひとつずつ確認をしていきます。

インターネットから粗大ごみの回収を申し込む方法

最近は、電話番号を所有されない方が増えてきました。そのため、電話番号へ電話をかけるという手段が利用できません。しかし、そういった方でもインターネットから粗大ごみの回収を申し込む方法を利用すれば、問題なく処分手続きを進めることができます。

まずは、春日部市の公式ホームページにある“春日部市電子申請・届出サービス(外部サイト)”を閲覧してください。

春日部市電子申請・届出サービス(外部サイト)

電子申請を進めるには、メールアドレスが必要となりますので、事前に準備をしておいてください。会員登録を済ませて、手続きを進める方法もありますが、無料の会員登録手続きを進めなくても処分申し込みができます。

  • ステップ1:一般家庭粗大ごみ収集の申し込みのページへアクセスする
  • ステップ2:利用者登録せずに申し込む方はこちらをクリックします。利用登録される方は、横にあるURLをクリックします
  • ステップ3:粗大ゴミ処分手続きの内容についてチェックする
  • ステップ4:具体的なルールについて確認後、同意をクリックする
  • ステップ5:連絡先メールアドレスと確認用のメールアドレスを入力する
  • ステップ6:メールアドレスの入力が完了したら、完了するをクリックする
  • ステップ7:確認メールの送信を完了します
  • ステップ8:具体的な申し込み手続きを進めていきます
  • ステップ9:粗大ゴミの申し込みの内容について確認していきます
  • ステップ10:粗大ゴミの申し込み手続きを完了します

パソコンやスマートフォンの操作が苦手な方でも、申し込み手続きが難しいということはありません。なかなか、電話による申し込みをする余裕がないという方は、自分のペースで粗大ごみの処分手続きが可能な電子申請による方法を利用していきましょう。

電話から粗大ごみの回収を申し込む方法

パソコンやスマートフォンから申し込み手続きを進めるよりも、電話でストレートに進める方が楽という方もいるでしょう。電話による方法で処分手続きを進める場合は、下記のステップでポイントを押さえて手続きを進めていきましょう。

  • ステップ1:申し込み者本人の氏名を伝える
  • ステップ2:申し込み者本人の居住場所を伝える
  • ステップ3:申し込み者本人の電話番号を伝える
  • ステップ4:処分予定の粗大ゴミの品目を伝える
  • ステップ5:処分予定の粗大ゴミの数を正しく伝える
  • ステップ6:粗大ゴミの処分手数料についてチェックする
  • ステップ7:粗大ゴミの収集日を確認する
  • ステップ8:処分手数料に応じた処理券を処理券取扱所で購入する
  • ステップ9:処分日までに、粗大ゴミの処分準備を進める
  • ステップ10:指定時間までに、粗大ゴミを出しておく

電子申請による方法であれば、自治体のスタッフの方が仕事場に待機していなくても、いつでも申し込み手続きを進めることができますが、一方で電話による方法であれば、手続きの受付業務を担当しているスタッフの方が在籍していなければ受け付けてもらえません。そのため、電話がつながらなければ、何度か試して粗大ゴミの処分予約を入れましょう。

粗大ごみは、どこに出す?

春日部市の粗大ゴミの処分方法ですが、戸別収集となります。基本的に、居住形態によって粗大ゴミの出し方が異なります。戸別収集の申し込み手続きが完了したら、下記の場所に粗大ゴミを出してください。

  • 1戸建ての方は、自宅の門の前
  • アパートやマンションなどの共同住宅の方は、指定された場所

粗大ゴミの出し方を間違えてしまうとトラブルの原因になります。たとえば、アパートやマンションに居住されている方が集積場ではない場所に粗大ごみを出してしまうと、さまざまな方に迷惑をかけてしまいます。粗大ゴミの出し方には、明確なルールがありますので、近隣住民の方の迷惑にならないように処分手続きを進めてください。

春日部市の粗大ゴミの回収時間

粗大ごみの収集日が決まったら、当日の8時までには、粗大ごみ処理券を貼って処分場所に出しておいてください。自分自身が運ぶのが面倒だからという理由から、自宅から持ち出してくれるということはありません。申し込み者本人が処分場所まで運んでください。

ちなみに、収集日は、どれくらいの目安を検討しておけば良いのでしょうか。申し込み者の件数にもよりますが、1週間以上かかってしまう可能性があります。そのため、備考欄には、収集希望日を3つ記述しておきましょう。これにより、ある程度、予定を合わせることができます。

なお、収集時間を指定することはできませんので、粗大ゴミの回収が決定した時点で自分自身の予定を合わせるようにしてください。おおよそですが、申し込み日の1週間後が収集日と考えて予定をあけておきましょう。

粗大ごみ料金の支払い方法は?

戸別収集という方法を利用する場合、どのような手順で処分手数料を支払えば良いのでしょうか。「粗大ゴミを自宅の玄関前やアパートやマンションなどの集積所に置いておいたら、お金を払うタイミングがない・・・。」と思ってしまうでしょう。

春日部市では、粗大ごみ処理券と呼ばれるものを利用することで、処分手数料を支払うことになります。しかし、粗大ごみ処理券は、どのような場所で販売されているのでしょうか?そして、具体的な粗大ごみ処理券の貼り方についてもわからないでしょう。ここでは、粗大ごみ処理券の買い方や貼り方について確認していきます。

粗大ごみ処理券の買い方

春日部市の粗大ゴミ処理券ですが、粗大ごみ処理券取扱所で購入できます。そのため、自治体のサービスを利用するということは、自宅から外へでて粗大ごみ処理券取扱所へ行き、必要な金額の粗大ゴミ処理券の購入が絶対的な条件となります。春日部市の粗大ゴミ処理券は、下記で紹介されている粗大ごみ処理券取扱所で購入できます。

粗大ごみ処理券取扱所(平成31年4月現在)

春日部市では、粗大ゴミの回収に定額制の制度を導入しています。たとえば、自治体のスタッフが戸別回収によって粗大ゴミを回収した場合、1点あたりですが500円からとなっています。そのため、2点の粗大ゴミを処分する場合は、区分別粗大ごみ処理手数料が1,000円となります。

粗大ごみ処理券は、必要金額分購入することが条件となりますので、2点の粗大ゴミを処分する場合は、500円の粗大ゴミ処理券を2枚用意しておきましょう。

粗大ごみ処理券の貼り方

春日部市の粗大ゴミ処理券ですが、そのまま貼り付けて玄関前や集積所に置いてはいけません。なぜなら、必要事項を記入する必要があるからです。粗大ゴミ処理券には、申し込み者本人の氏名と収集日を記述する項目がありますので、忘れずに書いておきましょう。

申し込み者本人の氏名と収集日の記述が完了したら、収集スタッフが見やすい場所に貼り付けてください。粗大ゴミの正面に貼り付けておけば、トラブルになることはないでしょう。

粗大ゴミ処理券は、粗大ゴミを処分するにあたって、「私は、すでに処分手数料を支払っていますよ。」ということを証明するための印ですので、必要事項を記入することと正しい場所に貼り付けることを徹底していきましょう。

春日部市で粗大ゴミを持ち込みで処分するには?

春日部市で粗大ゴミを持ち込みで処分するには?

上記の説明を読んでいると、指定された日付や時間までに粗大ゴミを出したり、粗大ゴミ処理券を購入したりと、さまざまな手続きが必要であることをおわかりいただけたでしょう。もっと、簡単に粗大ゴミを処分することはできないのでしょうか。

自分の都合に合わせて粗大ゴミを捨てたい方は、春日部市のクリーンセンターへ粗大ゴミを持ち込む手段がおすすめです。この方法なら、午前中にどうしても予定が入っており、粗大ゴミを出すことができなくても、まったく問題ありません。ここでは、春日部市のクリーンセンターへ粗大ゴミを持ち込み処分するには、どうすればよいのか、具体的な手続きの流れや処分手数料の支払い方法について確認していきます。

粗大ゴミを持ち込み処分する際の具体的な手続きの流れ

一般的に粗大ゴミの処分手続きといえば、持ち込み処分といえども事前申し込みが必要であるケースがありますが、春日部市では、そういった事前の手続きは必要ないのでしょうか。春日部市のクリーンセンターへ持ち込む場合、事前の連絡などは、一切必要ありません。

事前申し込み手続きなしで、クリーンセンターで粗大ゴミを処分できます。具体的な手続きの流れですが、下記の通りです。

  • ステップ1:処分予定の粗大ゴミの数を合計する
  • ステップ2:粗大ゴミの数に応じた処分手数料を用意しておく
  • ステップ3:クリーンセンターまで自分自身で運搬する
  • ステップ4:クリーンセンターで働くスタッフの方に粗大ゴミをわたす
  • ステップ5:スタッフの方に処分手数料を支払う
  • ステップ6:粗大ゴミの持ち込み処分が完了する

粗大ゴミは、自分自身で春日部市クリーンセンターへ持ち込むことになります。具体的な施設の名称や所在地については、下記の通りです。

施設名称 春日部市クリーンセンター
所在地 春日部市豊野町3-9-1
電話番号 048-734-2111
処理対象 不燃ごみ・粗大ごみ
処理能力 5時間当たり80トン横型破砕機
竣工しゅんこう日 平成4年7月23日
搬入可能日 月曜日~金曜日(祝日・休日・年末年始を除く)
搬入時間 午前9時~午前11時30分 午後1時~午後4時30分

春日部市クリーンセンターは、いつでも運営されているわけではありません。運営時間が決まっていますので、指定された時間内に持ち込むようにしてください。月曜日~金曜日のうち、午前9時~午前11時30分・午後1時~午後4時30分の2部構成となっています。休みは、祝日・休日・年末年始を除くとなっていますので、注意してください。

直接持ち込む場合、支払いはどうなるの?

戸別回収による方法であれば、粗大ゴミ処理券を購入することで、処分手数料の支払いを済ませました。春日部市クリーンセンターへ、粗大ごみを直接持ち込む場合、粗大ゴミ処理券を購入する必要はありません。

なぜなら、春日部市クリーンセンターで直接現金を支払うことで、処分手数料を支払うからです。持ち込み可能な粗大ごみのサイズですが、1辺が50センチメートルを超え、2メートル未満のものですので、戸別回収のときと条件は一緒です。

1点あたり250円で処分手続きができます。戸別収集と比べれば、半分の値段で粗大ごみを処分できます。自分で運搬するぶん、手間や労力がかかりますが、金銭的なコストが軽減されるため、1円でも安く抑えたい方にとって非常に有力な手段となるでしょう。

春日部市で粗大ゴミとして処分できないものとは?

春日部市で粗大ゴミとして処分できないものとは?

粗大ゴミのサイズ規定を守っているものでも、処分できないものがあります。具体的には、下記のような品目は、どのような都道府県でも粗大ゴミとして自治体で回収してもらえません。

  • 家電リサイクル法の対象品目
  • パソコンリサイクルの対象となる電子機器品目
  • 収集及び処理施設での受け入れをしない品目

地球の資源保護の視点から、上記のような品目は正しい方法で処分手続きを進めることが推奨されています。ここでは、春日部市で粗大ゴミとして処分できないものについて一緒に確認していきましょう。

家電リサイクル法の対象品目

一般的に、家電リサイクル法対象電化製品は、市の施設で処分手続きを進めることができません。ちなみに、家電リサイクル法対象電化製品とは、下記のようなものをあらわします。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫(冷凍庫含む)
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

家電リサイクル法の対象品目については、購入店舗へ相談することで処分手続きを進められます。もし、購入店舗がわからなければ、次の家電製品を購入する予定の店舗で処分できないか相談してみてください。

しかし、新しい家電製品を購入する予定のない方もいるでしょう。そのような状況下では、不用品回収業者を利用することで、新しい家電製品を購入しなくても処分手続きを進められます。家電製品は、非常に重たいものも多いため、片付けのプロフェッショナルである不用品回収業者へ協力を要請すれば、手間や労力を大幅に削減できます。

パソコンリサイクルの対象となる電子機器品目

春日部市は、市民と協力しながら使用済みとなっているパソコンの再資源化に取り組んでいます。これにより、パソコンパーツの廃棄物の量が削減され、資源が保護されます。ちなみに、資源有効利用促進法という法律にもとづいて、家庭系使用済みパソコンの回収が実施されたのは、平成15年10月1日からです。現在、下記のものがパソコンリサイクルの対象となります。

  • ディスプレイ(CRTまたはLCD)一体型パソコン
  • デスクトップパソコン本体
  • ノートブックパソコン
  • ディスプレイ(ブラウン管式(CRT)または液晶式(LCD))

下記のようなパソコン本体に同梱されているものも、対象品目に該当します。

  • キーボード
  • マウス
  • テンキー
  • コード類

ちなみに、次のものは対象外となりますので、処分方法を変更してください。

  • プリンター
  • スキャナーなどの周辺機器
  • ワープロ専用機器
  • PDA

正しく処分手続きを進めなければ、手間や労力が増えるばかりなので丁寧に確認しながら作業を進めてください。

収集及び処理施設での受け入れをしない品目

春日部市の市の施設で収集及び処理施設での受け入れをしない品目については、処分手続きを進めることができません。しかし、たくさんの粗大ゴミの中から、どうすれば正しい捨て方について調べることができるのでしょうか。

具体的なごみの分別方法については、搬入できないもの(一例)の見出しにある、その他のなかの50音別分別のしかた検索表を利用して処分手続きを進めてください。ゴミニケーションカレンダーを利用するという方法も有効です。

搬入できないもの(一例)「50音別分別のしかた検索表」

収集及び処理施設での受け入れをしない品目の具体的な処分方法については、下記へ相談しましょう。

施設名称 市役所第三別館 リサイクル推進課
電話番号 048-736-1111(内線:7736)
受付時間 午前8時30分~午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

具体的な処分方法は、もちろん、信頼できる収集業者を紹介してもらえます。

春日部市で粗大ゴミ回収するならエコアールにお任せください。

春日部市におけるエコアールの粗大ゴミの回収実績・お客様の声

春日部市におけるエコアールの粗大ゴミの回収実績・お客様の声

引っ越し時に不用品を処分しました。

春日部市には、11年お世話になりました。このたび、家庭の事情で他の県へ引っ越すことになり、不用品回収業者を探していたところ、エコアールさんの口コミを見ましたので、ご相談させていただきました。
さすがに、11年も住み続けると、壊れてしまったものや大きな粗大ゴミがいろいろと見つかりました。「あとから個別に捨てるよりかは、まとめて処分した方がお得ですよ。」と言っていただけたので、今後利用することのないものについては、処分することに決めました。
今回は、量的にスタッフさんが1人で頑張っておられました。すごく作業が早くて非常に好印象でしたよ。料金的にも、お手頃価格だったので、興味のある方は、粗大ゴミを処分する際、エコアールさんを利用すると良いと思います。

追加料金なしで、処分手続きができました。

我が家には、たくさんの不用品があふれかえっています。本当は、こうなってしまう前に、処分するべきでした。あっというまに、粗大ゴミの数が増えてしまって、かなり困っていました。
インターネット上で粗大ゴミの処分について調べていると、不用品回収業者を利用して解決すれば良いと知りました。それなら、春日部市に対応しているエコアールさんにお願いしようと決め、見積もり書の作成を依頼しました。
業界最安値宣言をされていたので、どれぐらいの料金コストがかかるのか気になっていましたが、非常に納得できる価格ですぐに粗大ゴミの回収をお願いしました。本当に、たくさんの粗大ゴミがあったので追加料金が発生することも考えましたが、まったくそのようなことはありませんでした。また、ご依頼させていただきます。

倉庫の片付けをお願いしました。

粗大ゴミを処分する機会がなく、物置小屋となっている倉庫へ持ち込んでいました。いつしか通路がなくなってしまうほど、粗大ゴミやその他の不用品がたまってしまったので、これではいけないと思って粗大ゴミ回収業者であるエコアールさんに協力を要請しました。
捨てるべきものがたくさんあったので、どんなふうに伝えれば良いか迷っていましたが、エコアールさんで働くスタッフさんが親切・丁寧に対応してくれました。最終的にサービスとして紹介されたのは、まとめて処分すれば、処分手数料がお得になるというものです。
対応が丁寧で信頼できそうだったので、「そのサービスを利用します。」と、返事をしました。当日、トラックに次々と運搬してくれたので、倉庫が見違えるほどにキレイになりました。本当に、相談して良かったです。

祖父のグループホーム入居のため相談しました。

この度は、ありがとうございました。80歳になる祖父が春日部市にあるグループホームへ入居することになり、すべての不用品を片付けるためエコアールさんへ相談させていただきました。祖父は、ずっと1人暮らしで頑張ってきました。
しかし、年齢を重ねるようになり、「ゴミ出しが大変だとかんじるようになってきた。」と言っているのを聞き、それだったらグループホームへの入居が良いのではとすすめました。室内には、いくつもの粗大ゴミがあり、自分1人では片付けられない状態でした。
自宅内にある不用品をすべて処分してしまいたかったので、片付けに慣れたエコアールさんの協力のもと、効率良く処分手続きを進めていきました。おかげさまで、部屋が見違えるようにキレイになり、無事グループホームへの入居も完了しました。本当に、ありがとうございました。

早く回収していただくために訪問回収を依頼しました。

粗大ゴミの処分を検討している方のなかには、自治体のサービスが非常に魅力的だと考える方もいるでしょう。これだけ安かったら、一瞬自分自身で処分手続きを進めようか迷いますよね。でも、粗大ゴミの処分手続きをしてから回収までには一定の時間がかかります。
私は、仕事の関係で1日でも早く捨てなければならなかったので、不用品回収業者を利用しました。不用品回収業者さんへ相談すれば、自分の時間に合わせて予定通りに粗大ゴミを捨てられるからです。万が一、予定の変更があったとしても安心です。
持ち込み処分ではないので自分で粗大ゴミを運ぶ必要もないですし、ほとんど手間がかかりません。早めに、エコアールさんへ相談する決断をして良かったと思います。

子供部屋の片付けをしていただきました。

息子が春日部市から一人暮らしのために、家を出ることになりました。息子の部屋は、1階にあって、さまざまなものが置きっぱなしになっており、片づけなければいけない状況でした。
自分たちでは、片づけられない量だったので、エコアールさんへ相談し、代わりに作業をしていただきました。自分たちだったら、何度も粗大ゴミの回収施設を往復していたと思います。
でも、エコアールさんが大きなトラックで片付けてくれたので短時間で子供部屋の片付けが終わりました。「息子さんのお父さんやお母さんたちも、何か処分するものはないでしょうか?」と聞いていただけたので、すごく親切だなと思いました。今回は、子供部屋の片付けを依頼しましたが、またなにか処分するべきものがあれば、ご相談させていただきます。

NO IMAGE:pagetop